カンタス航空ビジネスクラスでシドニー、メルボルンを巡って楽しんだ

南太平洋のクルーズ、及びポストクルーズをメルボルンで楽しむのにカンタス航空ビジネスクラスを選び、機内ではパジャマで過ごした

カンタス航空ビジネスクラスでシドニー、メルボルンを巡って楽しんだ

カンタス航空ビジネスクラスでシドニー、メルボルンを巡って楽しんだ

←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→
SAKURA Lounge

SAKURA Lounge

2019年は何処に行こうかな?とパンフレットを見ていたら、クラブツーリズムに「カンタス航空往復直行便利用フィジー・ニューカレドニアクルーズ17日間」で海側バルコニーの料金が579,000円と言うのが目に留まった。
クルーズ船の RoyalCaribbean.com を検索をして見たら、$5,340 ($1≒\116、619,000円)を見付けた。また、カンタス航空の運賃も検索すると、ビジネスクラス料金が267,810円とお得な料金が見付かった。(オマケにオーストラリア国内線もビジネスクラスが利用出来る)
カンタス航空ビジネスクラスを利用しても旅行代金の合計は、ツアー会社の設定金額とほぼ同額になったので行く事にした。
出発当日は、余裕を持って午後7時には羽田空港に到着した。
カンタス航空ビジネスクラスはプライオリティーの優先搭乗が無かったので、通常の出国手続きを済ませ、Sakura Lounge を利用(ビールと軽食)した。

2018年は北太平洋をクルーズしていた。
旅行記「横浜出発のクルーズ船が太平洋の日付変更線を通過すると同じ日が2回あるなんて!」https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/28924/ の通り。
←前のページ

この写真の旅行記に戻る

次のページへ→

新着スケジュール