海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP熊野・・・世界遺産の温泉の旅行記

熊野・・・世界遺産の温泉

観光客の少ないこの時期だから行けた。人気温泉、世界遺産。

熊野・・・世界遺産の温泉

熊野・・・世界遺産の温泉

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

八木駅前バス停

うきうきしながら駅前バス停に到着。久しぶりの本格的温泉への旅、しかも路線バスで県を跨ぐことになる。一度十津川温泉には同じバスで出かけたことがあったが、その先がどうなっているのか。とても楽しみなのでした。

昼食は時間がぎりぎりだったので、スーパーで購入した弁当を近くで食してバスに乗り込んだ。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

谷瀬の吊り橋

長距離路線のため、いろいろな情景が車窓を流れる。ちょうど時期ということで、賀名生梅林の中を抜ける。一瞬だけれど満開梅の木を確認。

谷瀬は、最初の本格的休憩地。バス停から橋の袂まで歩くのだが、やはり怖くて渡れない、、、

売店では「めはりずし」を購入して食事の蓄えとする。行った先の食堂&売店状況がわからないからね。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

十津川温泉 バス停

ふたつめの休憩地は十津川温泉。バス停前に足湯が!今回は十津川では浸かれないと諦めていたのでとても有難い。かけ流しのお湯は結構熱く、こんなに小さな湯船だけれど、浸ける場所を選んで入るのだった。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

湯の峰温泉

夕刻近く。ついに湯の峰温泉へ。
湯の谷川沿いに旅館が並ぶ小さな温泉街。バス停前が一番の中心といえるが、卵や野菜を茹でるコーナーからの湯気が際立つ。お寺や有名な「つぼ湯」もすぐ目の前。

つぼ湯のシステムを案内所で確認すると、時間を指定するのではなく、その場の順番待ちのみ。1人30分で、何人めかというだけのものだった。自分の好きな時間にくればいいだけとわかり、安心して宿に足を進めるのであった。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

J-Hoppers 熊野湯峰ゲストハウス

ゲストハウスと名がつくが、元々温泉旅館だった建物をそのまま使用している。ドミトリーと個室があるが、ドミトリー予約がひとりだったらしく、個室に案内される。

一番の目的、温泉のほうは、3つの部屋があり1つは露天。24時間入浴可能で、他の利用者がなければ入ってもよいとのことで、適度な時間に入りに行く。完全な源泉かけ流しのお湯で、硫黄の香りもうれしい。

夕食は予約していて、仕出し弁当とインスタントの味噌汁。ご飯は炊いてくれていてお代りOK。他の方は自炊していたな、、万が一何も準備していなくても、カップラーメン等見かけたので購入できそう。

朝食は、温泉粥がいただける。成分の加減で不思議な味だった。塩・・探したんだけど見つからなくてそのまま食べきった。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

湯峯王子

宿の奥にある道を上ると熊野古道のひとつ「湯峯王子」に行きあたる。ひかえめに見物したのち、続いている道を行くと、派手な赤い旗。表通りに出て来た。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

東光寺

湯の峰中心地にあるお寺。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

つぼ湯

案内所で予約をし、順番を待って入浴。小さな小屋の中は、硫黄臭漂いうす暗い。岩の足元から湧き出る白濁したお湯に気持ちを集中させると、より有難みを感じる。隙間から漏れ入る日光もひとつの演出となり、感激の入浴時間となる。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

湯の峰温泉

軽くお昼をとりたい。すぐ前に茶屋があるのだが、散々悩んで、店内飲食せず、生玉子を購入することにした。せっかくだから湯筒で茹でて食べてみたい。それに、昨日買った「めはり寿司」もまだ残っていたもんで。屋外の食事もお天気ならば気持ちいい^^

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

まかずの稲 & 力石

周辺の地図を確認しながら、どこか行ける場所は・・・
「赤木越」の道をしばらく進んでみる。深い山道なんだよね。背の高い木々が光をさえぎる。本格的すぎて怖くなって途中で引き返す。

そして周辺の史跡「まかずの稲」「力石」へ。
小栗判官伝説 ↓
https://www.hongu.jp/kumanokodo/shinkou/ogurihangan/

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

旅館あづまや

本日の宿はあづまや。湯の峰地区では一番有名な宿。その系列の民宿を予約していると、旅館本元のお湯も借りられるということで、チェックインしてから先に旅館のお湯を頂きに行く。

昔ながらの木造、檜風呂で、大きな浴槽1つと小さな浴槽1つ。大の湯は黒っぽく、小は白っぽい。お湯は薄めて適温にしているらしく、小のほうが「さまし湯」となっていて源泉そのもののよう。大にはない硫黄臭もある。理解してからは、あまりに浴感が違うので、さまし湯だけに入り浸ることとなる。

写真を拡大する

熊野・・・世界遺産の温泉

民宿あづまや荘

民宿とランク分けしているが、お料理たっぷり。特に「鹿肉のローストビーフ」が美味。臭みもないし柔らかいしで、これは名物というのでは??

お風呂は薄めた湯のため、硫黄臭がないけれど、わびさびを感じる檜風呂。

朝寝坊してしまい、旅館のほうの「蒸し湯」を確認できずに終わる。
朝食をたっぷり頂き、さあ出発・・

*写真の桜は「クマノサクラ」

1

2

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

熊野・・・世界遺産の温泉へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

【世界遺産】【温泉】青春18切符で行く熊野古道と十津川温泉旅行 十津川村・志摩・伊勢 3泊4日で奥さん孝行のドライブ旅行でした☆
【世界遺産】【… 十津川村・志摩…

新着スケジュール