海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺の旅行記

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

緊急事態宣言が開けたので関西に城巡りに出かけました。 去年の11月末に行く予定がノビノビになり5度目の正直!の旅となりました。

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

https://tabisuke.arukikata.co.jp/album/30467/ の続きです。

(写真) 12:29 東南隅櫓[重要文化財]
☆二条城の外堀の四隅は、見張り台としての隅櫓が建てられ、普段は武器庫として使われていました。1788年(天明8年)の大火で多くの櫓が焼失してしまい、今ではこの東南隅櫓と西南隅櫓の2つが残るのみです。
*二条城パンフレット 城内マップ②
・・・・・・

10/31 10:57 近江八幡発の琵琶湖線快速・加古川行きは日曜日のお出かけタイムにも関わらず空いていて、2から3分の1の乗車率だった。が石山ではいつの間にか9割の席が埋まっていた。コロナ禍の為か空席に座らず立ったままの人もいた。

11:37 京都駅着
京都駅バスチケットセンター バス総合案内所
日曜日の正午近くなのでバス車内でのバス1日乗車券は売り切れているかもしれないと思い 烏丸口のチケットセンターで1日券購入。¥700。
法華クラブに荷物を預け、
京都駅前バスのりばB1  #9 堀川通 二条城・西賀茂車庫 行き 12:03 - 12:20
12:24 入城券+二の丸御殿観覧券 \1,030 cc払い

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真)12:32 唐門[重要文化財]
☆二の丸御殿の正門にあたり、切妻造、桧皮葺の四脚門でその屋根の前後に唐破風が付きます。門には長寿を意味する「松竹梅に鶴」や、聖域を守護する「唐獅子」など、豪華絢爛な極彩色の彫刻を飾ります。2013年(平成25年)の修復工事によって、往時の姿によみがえりました。
*二条城パンフレット 城内マップ③

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真)12:34 二の丸御殿[国宝]
☆東南から北西にかけて、遠侍、式台、大広間、蘇鉄の間、黒書院、白書院6棟が雁行形に立ち並ぶ御殿です。部屋数33室、800畳余りもある内部は、代表的な「松鷹図」をはじめ、将軍の威厳を示す虎や豹、桜や四季折々の花を描いた狩野派の障壁画(模写画)で装飾されています。
*二条城パンフレット 城内マップ④

御殿内は撮影禁止の為内部の写真はありません。

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真)13:06 二の丸御殿 車寄せの欄間の装飾
繊細な彫刻は5羽の鳳凰と菊に牡丹でしょうか?

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真)12:34 釣鐘

☆緊急事態を知らせるために使われた釣鐘
鐘は京都所司代屋敷で火事等の緊急事態を周辺に知らせるために使われていた。京都所司代とは主に朝廷や大名を取り締まっていた江戸幕府の出先機関である。京都所司代屋敷は二条城の北に隣接して3ヶ所あり上屋敷・堀川屋敷・下屋敷(千本屋敷)と呼ばれていたが、これらは下屋敷で使われていたものである。慶応3年(1867)に京都所司代が廃止された後、二条城に移されたと考えられる。 
*釣鐘の説明板

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真) 13:14 二の丸庭園[特別名勝]

☆二の丸庭園[特別名勝]
池の中央に蓬莱島、左右に鶴亀の島を配した書院造庭園です。1626年(寛永3年)の後水尾天皇行幸のために行事奉行・小堀遠州のもとで改修されました。二の丸御殿の大広間、黒書院、行幸御殿(★)の3方向から鑑賞できるように工夫されています。
*二条城パンフレット 城内マップ⑤
★行幸御殿は移築さた。*https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/introduction/highlights/history/

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真) 13:14二の丸御殿の鬼瓦は丸に三つ葉葵紋、徳川家家紋。

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真) 13:19 本丸櫓門

☆重要文化財 本丸櫓門
寛永3年(1626)頃の建築で、本丸西櫓門(焼失)とともに本丸を防御する重要な門である。戦時には木橋を落として敵が渡れないようにし、さらに銅板で覆われた扉を閉めて火器に備えた。本丸には井戸や米蔵もあるので、籠城戦の備えもできている。内側の土塀に見える穴は、鉄砲で攻撃するためのもので、まさに要塞の構えである。また、寛永行幸の際には天皇は2回天守に登られたが、その時の木橋は2階橋で、天皇は二の丸御殿内から橋の2階の畳廊下を通って、地上を歩くことなく天守まで行かれた。天守へ登られた天皇は、この時の後水尾天皇が唯一といわれている。その2階橋の一部は、昭和5年(1930)頃まで残っていたが、その後解体され、部材の多くは土蔵で保管されている。
*重要文化財 本丸櫓門 説明板

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真) 13:29 天守台より東方向 内堀の右奥の入母屋造りの白い建物は桃山門。その向こうは二の丸御殿。更に向こうの横長の白いビルはANA・クラウン・プラザ。

☆天守閣跡
二条城の天守閣は、寛永3年(1626)、伏見城から移築されたと考えられている。屋根は5重あるが、内部は地上5階、地下1階の大きさで、屋根には瓦型の銅板が葺かれていたようである。寛永行幸の時、後水尾天皇は2回天守閣へ登られ、ここが、天皇が登った唯一の天守閣と言われている。寛延3年(1750)、落雷により焼失し、再建されることなく現在に至っている。天守台の大きさは、石垣の高さ約18m、広さ約427㎡である。なお、築城当初の二条城には、別の場所に天守閣があった。今の清流園のあたりである。もとは大和郡山城にあったものと考えられており、寛永年間に城域を拡張するに際し、淀城へ移築された。  
*天守閣跡説明板

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(写真)13:39 切り込み接ぎ布積みの美しい石垣。
本丸西橋そば

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(上写真)13:46 移築された旧二条城の石垣
(下写真)13:45 旧二条城の推定図 ★

☆移築された旧二条城の石垣
永禄12年(1569)、織田信長が室町幕府15代将軍足利義昭を守るために築いた城の石垣である。元亀4年(1573)、織田信長と対立した足利義昭は追放され、城は解体されて一部は安土城の建設に使われるなどした。解体された城は一般的に旧二条城と呼ばれるが学術的な確証はない。京都市営地下鉄烏丸線建築事前発掘調査で、京都御所の西から遺跡が発見され、調査後★下図B(烏丸下立売付近)のものが二条城と京都御苑に移築保存された。築城当時、日本で活動していたキリスト教宣教師ルイス・フロイスの記録『日本史』には“石材が不足していたので代わりに石仏などを粉砕したものが利用された”と記されているが、それは実際にこの石垣で確認されている。
*移築された旧二条城の石垣説明板
★下図Bは旧二条城の推定図写真を確認下さい。

写真を拡大する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺

二条城

(上写真) 13:57 土蔵(/米蔵)   
(下写真) 14:00 北中仕切門

☆重要文化財 土蔵(北)(米蔵)
本丸西橋を挟んで南の土蔵と対になっている。寛永3年(1626)頃の建築である。建物は長さが17間と長く、内部が2つに分けられている。内部に床を張り、天井はない。窓は土戸を外に開く開戸で、板庇を設け、内部の鉄格子には銅網が取り付けられている。このような窓の造りは、二条城では他にない。窓は南(★)・東・西の3方に設けられている。現在、城内には3棟の土蔵があるが、江戸時代には10棟存在した。城に土蔵が残るのはここ二条城だけである。土蔵は穀物類を収納するのが目的だが、武器をしまう蔵もあるのが城の特徴である。寛永期の絵図には、火縄銃で使う塩硝用2棟、火縄用1棟が描かれているが、いずれも現存しない。
*重要文化財 土蔵(北)(米蔵)説明板
南(★)は消されていましたが、3方が2方になっていません(?_?)

☆重要文化財 北中仕切門
内堀の南側にある南中仕切門と対になっている。規模もほぼ同じで、寛永3年(1626)頃の建築である。本丸西櫓門への通路を塞ぐ、防御上重要な門である。門は小振りで西門より少し小さく、背面の屋根だけが延びるという変わった構造となっている。門の上に立つ土塀(★)と石垣に囲まれていることから「埋門」と呼ばれる。埋門の形はこの他に、石垣に囲まれて開口だけのものもあり、姫路城が有名で、高松城にもある。
*重要文化財 北中仕切門 説明板
門の上に立つ土塀(★)どの事をいっているのか分かりません(?_?)

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

!!GO TO お城s in 関西!!② 二条城 ついでに京都御所、清水寺へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

★表紙写真は 二条城唐門 12:33

★出費内訳
☆移動費
京都バス1日券  \700
バス京都~五条坂 ¥230
バス清水道から京都 \230

☆宿泊費
ホテル法華クラブ素泊まり ¥3,900

☆食事代
缶ポタージュ   ¥130
イクラ茶づケ、ビール \1,340
ビール, ジュース、パン \508

☆観光費
二条城拝観料 \1,030
清水寺拝観料  \400

新着スケジュール