海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPレンタカーでドライブお散歩四国1周編の旅行記

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

四国1周 お城 四万十川など。

レンタカーでドライブお散歩四国1周編
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

1

2

3

4

次のページへ→
写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

高松駅前でレンタカーを借りてスタート。
電車で行ける所は電車で行きます。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

高松駅から電車で善通寺へ

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

善通寺駅に到着
ここから徒歩で善通寺に向かいます。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

善通寺
五岳山 善通寺の創建は、『多度郡屏風浦善通寺之記』(江戸時代中期成立)によると、唐より帰朝されたお大師さまが、御父の寄進した四町四方の地に、師である恵果和尚の住した長安・青龍寺を模して建立したお寺で、大同2年(807)臘月(陰暦12月)朔日に斧始めを行い、弘仁4年(813)6月15日に落慶し、父の諱「善通(よしみち)」をとって「善通寺」と号したと記されています。

鎌倉時代に佐伯家の邸宅跡に「誕生院」が建立され、江戸時代までは、善通寺と誕生院のそれぞれに住職をおく別々のお寺でしたが、明治時代に至り善通寺として一つのお寺となりました。現在は真言宗善通寺派の総本山であり、また四国八十八ヶ所霊場の75番札所でもあります。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

五重塔
基壇から相輪までの高さが約43メートルの五重塔は、国内の木造塔として3番目の高さを誇ります。創建以来いくたびかの倒壊、焼失により再建を繰り返し、明治35年(1902)に完成した現在の五重塔は、4代目となります。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

大楠
南大門北と五社明神社のかたわらにある2株の楠は、いずれも樹齢千数百年と伝え、お大師さまの幼少の頃、そして善通寺の創建当時を偲ばせる大木です。「善通寺境内の大グス」として香川県の天然記念物に指定されています。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

丸亀城
標高約66mの亀山に築かれた平山城で、別名亀山城と呼ばれています。本丸・二の丸・三の丸・帯曲輪・山下曲輪があり、東西約540m・南北約460mのうち内堀内の204,756m2が史跡範囲です。「石の城」と形容されるその名のとおり、丸亀城は石垣の名城として全国的に有名です。大手門から見上げる天守は威厳に満ち、夕暮れの天守は優しさをまとって、心を和ませます。400年の時を経た今日でも決して色あせることなく、自然と調和した独自の様式美をはっきり現在に残しています。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

丸亀城
丸亀市の中心市街地の始まりは、慶長2年(1597年)、生駒親正(いこまちかまさ)・一正(かずまさ)による亀山への築城に始まります。このころの城造りは、織田信長の築いた安土城や豊臣秀吉が築いた大坂城を手本に、城郭だけでなく武家屋敷や城下町までも濠や土を盛った土塁(どるい)で囲み防御した「総構(そうがまえ)」となっています。生駒氏は慶長6年(1601年)に宇多津より人を移住させています。今の御供所町、北平山町、西平山町です。慶長20年(1615年)、大坂夏の陣により豊臣氏が滅び、徳川氏の天下となります。徳川幕府は武家諸法度を制定し規制を行います。元和元年(1615年)の一国一城令により生駒氏は、高松城を残し、丸亀城を廃城しました。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

高松城
高松城は、豊臣秀吉の四国制圧の後、1587年(天正15年)讃岐1国の領主となった生駒親正によって、「野原」と呼ばれた港町に築かれた。現在見られる遺構は、江戸初期に徳川光圀の兄で常陸国から12万石で高松に移封された松平頼重によって改修されたものである。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

高松城
月見櫓と水門(重要文化財)

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

大歩危
大自然がつくり出した景観は見事で、ごつごつした巨岩奇岩が約5km続く。平成26(2014)年に国の天然記念物に指定。平成27(2015)年には国指定名勝に指定。

写真を拡大する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編

祖谷のかずら橋

1

2

3

4

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

レンタカーでドライブお散歩四国1周編へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール