海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP黄金の砂浜 ゴールドコーストへの旅行記

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

真冬の日本を離れて、真夏のゴールドコーストを満喫します

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

ゴールドコースト空港

関空からの直行便でゴールドコーストに到着。
空港はとても小さくて一応国際線も到着するが、只今拡張工事中。
中心部のサーファーズパラダイスへは、ホテルに送迎してくれるのエアポートバスがあるが、今回は節約のために路線バスを利用してみることにした。
しかしこれが大変。
空港の外にある停留所に向かうのに、まったく歩道が整備されていないので車道を歩き、そのうえHighWayを横断しなければならなかった。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

オーストラリーズ ソブリン ホテル

バスで1時間弱で到着。
手前のパラダイスリゾートホテルの停留所で降り損ねて、ひとつ先のマリオットホテルの方まで行ってしまったが、それほど距離は離れていなかったのでよかった。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

パンケーキ・イン・パラダイス

朝食をしっかり食べていなかったので、さっそく街へ出て食事をする。
きちっと食事もできるお店だけど、やっぱりお店の名前でもあるパンケーキをいただく。
アイスクリームと生クリームのダブルでこってり・・・と思ったけど、意外にあっさりと食べれてしまった。$9.95
店内は熱気球の飾りつけや人形がユニークだった。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

サーファーズパラダイス

海岸は天気も良くて、大きな波を楽しむサーファーや海水浴や日光浴をする人でいっぱい。
砂浜もサラサラでとてもきれい。
海岸線にそって歩道も整理されていて、ウォーキングやランニングをする人たちも多い。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

オーストラリーズ ソブリン ホテル

ホテルに戻りプールで一休み。
リゾートらしく作られたプールで、砂浜や芝生もあってゆっくりできる。
大きなホテルの建物に囲まれているので、日が入る場所は時間によって代わってくる。
しかし短時間であっても、日焼け止めやオイルを塗らないとヒリヒリしてくる。
オーストラリアの紫外線はキツイ。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

サーファーズパラダイス・ビーチフロントマーケット

夕方にまたぶらっと町中に出ていく。
毎週水・金曜日に行われているフリーマーケットを散策する。
ハンドメードの工芸品などがたくさん並んで見ているだけでも楽しい。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

ホッグスブレスカフェ

オーストラリアを代表するファミリーレストランだそうで、ここで夕食をとる。
人気のお店のようで常に人がいっぱいだった。
こちらはリブステーキ。ポテトやチーズ、サラダやアボガドがついて$27。
オージービーフは柔らかくてジューシーで美味しい。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

オーストラリーズ ソブリン ホテル

翌日 ホテルのビュッフェで朝食。
生野菜のサラダはないものの、パンやホットミール、ジュース、フルーツ、ヨーグルトなど充実していた。
ボタンを押して1分ほどでパンケーキが出てくるパンケーキメーカーもあった。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

ハーバータウン

朝食後しばらくプールでのんびりしたあと、ショッピングに出かける。
オーストラリアのお店(飲食以外)は通常17時ぐらいには閉まってしまうが、
週1日は21時ぐらいまで営業する日がある。
ゴールドコーストは木曜日で、それに合わせて、バスのOneDayチケットを買って郊外のショッピングモールを回ることにした。
ここは北部のアウトレットモール。70以上のブランドあり、レストランも充実している。
広い館内を回るトロッコバスもあった$2。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

オーストラリアフェア

オーストラリアフェアーは大型のショッピングモール。
大型のスーパー コールス、ウールワース、Kマートが入っている他に、専門店も数多く揃っている。
ここのフードコートで昼食をとる。街中にたくさん見かけたケバブを食べてみることにした。
ビーフ、ラム、チキンなどの肉と一緒レタス、トマト、オニオン、チーズなどをピタパンのようなものに包んで、熱で少しプレスしたもの。
一つ食べれば十分お腹一杯になる。$6程度

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

オーストラリアフェア

ここのウールワースでたくさんお買いもの。
ここのスーパーが一番マンゴの品ぞろえが充実していて、マンゴ好きにはたまらない。
オーストラリアは知る人ぞ知るマンゴの産地。正確にはもっと北部ケアンズのあたりらしいけど、ここでも一つ$3~4程度でこの品揃えでゴロゴロ売っていた。
上段中央にあるのは大きいけどまだ熟していないもので、3日目で食べごろになった。
下段左はハニーマンゴでとっても甘い。中央は程よい甘さ。右はオーガニックマンゴで甘さ控えめでちょっとエグミもあった。
どれも東南アジアのマンゴのような青臭さは少なく、甘みが重視されたもの。
下段中央が一番好みにあっていた。

写真を拡大する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへ

買ってきたマンゴたちを部屋で早速いただいてみる。
どれもジューシーで美味しい。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

黄金の砂浜 ゴールドコーストへへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

ゴールドコースト5日間~オーストラリア大陸最東端~ ゴールドコースト(バーレーヘッズ)でビーチ好きになった サッカー日本代表を追いかけて!アジアカップ観戦+オーストラリア満喫8泊10日
ゴールドコース… ゴールドコース… サッカー日本代…

新着スケジュール