海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目の旅行記

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

初めてなのに懐かしい・・道南の文化と自然と人情にメロメロのモニタツアーです

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

函館空港

今回お世話になった「北の星TAXI」さん。実質はミニバスなのですが、フレキシブルにどこにでもリクエストで移動してくれるので、この旅スケでも、私はあえて”車”としました。

函館国際観光コンベンション協会のスタッフさん、地球の歩き方スタッフさん、 北海道TVのクルー、モニター参加のkimimaroさん、Geminin63さん、そして私です。

そうそう、とってもやさしくて牧歌的な運転手さんもいい味を出してましたね。

さー、道南の旅の始まりです。
                       
                   *バスの写真はトラピスト修道院で撮りました・・・

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

二股口古戦場入り口

榎本武揚率いる旧幕府軍は五稜郭に蝦夷居和国政権を樹立したが、奪回を目指す新政府軍約600名は江差方面から反撃を試みる。それを待ち受けて土方歳三率いる共和国軍約300人が食い止めたのがここ。

しかし榎本が矢不来の戦いで敗惨したので、土方もやむなく五稜郭に撤退。その舞台となった古戦場への入り口。古戦場への道は林に囲まれてひっそりとしています。

まさに「国敗れて山河ありです」です。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

いにしえ街道

「江差の5月は江戸にもない」とかって、ニシン漁で繁栄した江差町にやってきました。古民家を保存して「いにしえ街道」として整備しています。

街の左右には古い家並みが連なります。実際に人が暮らしており、商売を営んでいたりします。ここは篭屋さんですね。なんでも「100人の語り部」ということで、観光客にこのような民家の一部を開放して地元の人が説明してくれるそうです。

世界遺産のベトナム「ホイアンの街並み」でも、このように歴史的な商家をみれるのですが、ほとんどが有料のセットチケットを買うようになります。江差は良心的です。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

いにしえ街道

こちらは古い酒屋さんの看板。絵になりますねー。北前船で灘の酒も運ばれてきたのでしょうか。こちらはそれよりも新しい時代のものでしょうがアンティークです。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

いにしえ街道

こちらは自転車屋さん。なんでペリー?やはりこちらでは文明開化をイメージさせるベリーなのでしょうか・・・。ポスターもレトロです。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

そば蔵 やまげん

地元で人気のそば処「やまげん」です。実は歴史は新しいそうです。もともとご主人は靴屋さん。1993年の北海道南西部沖地震でこの土蔵にもヒビが入ったり、靴屋さんの将来性にも疑問を持ったご主人が一年念発起。約6年の修行の後、街並みを保存する役場の事業の後押しを受けて、蔵を修復してオープンしたそうです。

家紋を抜いた藍の暖簾や太い梁が架かった店内もいいですよ。蔵に所蔵していたという古道具が店に飾られています。入り口もなんかあったかいですね。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

いにしえ街道

ニシン蕎麦。ニシンは大正時代からまったく捕れなくなってしまったそうです。今はロシアからの輸入?京都のニシン蕎麦が有名ですが、北前船でこちらからニシンが運ばれたのでしょう。実は北海道の蕎麦は江差から始まったという説があるそうです。二人の姉妹が沖に泊まる北前船に蕎麦を売ったのが始まりだとか。

見た目は醤油が強い露に見えますが、さっぱりと上品な味で食べやすい。ニシンはもちろんですが、こちらは蕎麦屋さんとしての基本的レベルが高いと思います。

帰り際お母さんに「皆さん、ニシン蕎麦を食べられるんですか」との私の問いに申し訳なさそうに・・・。

「観光客の人はニシン蕎麦ですけど、こっちの人はやまげん蕎麦ですね」と。
なんて正直な人なんだ。

やまげん蕎麦”は鰹節・揚げ玉・大根おろし・きざみ海苔が入っているそうです。

ふたりできたらニシン蕎麦と両方頼みましょう。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

江差追分会館

江差追分全国大会優勝の方がステージで三味線や尺八の音と共に実演します。江差追分の他にも「ソーラン節」などを歌ってくれます。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

江差追分会館

「江差追分道場」に参加です。江差追分の歴史や背景、唄い方まで説明してもらえます。この声調はちょっと簡単にはマスターできません。一年に一度の公開だった北前船の時代、大阪からやっと着いた江差をみた気持ちはどうだったのでしょう。

この道場、なんといっても先生のキャラが立っています。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

江差追分会館

北海の”パバロッティー” 青坂 満先生。

実はこの先生の追分、かなり”ヤバイ”です。詳しくは函館国際観光コンベンション協会のブログで。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

ニシン御殿

旧中村家。昔はこの下まで海がきていたそうです。海に突き出すように、反対側には小船が付けられるようにハリダシが造られています。そこからハシケのように小船を使い、沖に停泊する北前船と荷のやりとりをしたそうです。その為に現在では斜面に傾斜して建っています。

写真を拡大する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目

ニシン御殿

旧中村の内部。大きな内蔵には何重にも重ねた堅牢な扉がついています。その隣の部屋には隠し階段があり、それを使い2階にあがります。京都の古い家屋のように漆の黒や朱が、この家のかっての主の美的センスと豪商ぶりを忍ばせます。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー1日目へのコメント

マンジンさん  2009/07/03 21:21

まこちさん、ご訪問ありがとうございます。そのように感じていただけるとなにより嬉しいです。南北海道良かったですよ。今日、第2弾のメンバーが旅だったようです。

あと、函館観光ブログの方も良かったらご覧ください。ブログ記事形式で旅の印象を綴っています。

【函館観光ブログ】

http://www.hakodate-kankou.com/blog/?author=20

まこちさん  2009/07/03 01:10

マンジンさん お久しぶりです。
どの旅日記も 一緒に旅をしているかの様な気になってます(^^)/
楽しく読ませて頂いてます。

まこちさん  2009/07/03 01:10

マンジンさん お久しぶりです。
どの旅日記も 一緒に旅をしているかの様な気になってます(^^)/
楽しく読ませて頂いてます。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー2日目

http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/25644/

【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー3日目

http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/25903/





【注】

■ (写)は旅行記に写真があるものです。(写3)は写真が3枚載っていることを示します。

■ 【○○歩】はかかった歩数です。歩数は実際に私が万歩計で計測しました。

■ 時間はほぼ5分単位に集約してあります。

【旅のデーター】

■「みち子がお届けする若さの浜焼き鯖寿司」
 羽田空港ブルースカイ 15・22番ゲートショップ、バスラウンジショップ、アライバルショップ
 URL:http://bluesky.jalux.com/cgi-bin/soraben/lis.cgi?ap=hnd

■江差追分会館・・・9:00~17:00 実演は11:00/13:00/14:30 入場料大人500円・小中高250円
 追分道場・・・開館時間内は随時(月・火休み)
        TEL01395(2)0920
        URL:http://www.hokkaido-esashi.jp/kankou/oiwakekaikan/top.htm

■旧中村家住宅・・・9:00~17:00 
        4月10日~10月30まで無休。他は毎週月曜日・祝日の翌日、年末年始(12月31日~1月5日)
        大人300円 小中高100円
        0139(52)1617
        URL:http://www.hokkaido-esashi.jp/kankou/nakamurake/top.htm


■上ノ国勝山館・跡・・10:00~16:00 毎年4月4土曜~11月第日曜・月曜日と国民の祝日は閉館
       入場料200円 小中高100円
       問い合わせTEL 02295(5)2230(上ノ国教育委員会)

■松前藩屋敷・・・9:00~17:00(最終入館16:30) 開館期間4月上旬~11月上旬
         入場料350円 小中230円 拓本体験は1000円
         TEL 0139(43)2439
         URL;http://www.asobube.com/database.cgi?dbnum=30&dbkonum=0

■温泉旅館矢野・・・松前藩主料理 3000円(要予約)5~10月
            TEL:0139(42)2525
   URL:http://www.matsumae-yano.com/

函館国際観光コンベンション協会のサイトにも記事をアップしてあります。あわせてご覧ください。


【函館観光ブログ】

http://www.hakodate-kankou.com/blog/?author=20


         
       
        

近くの旅行記

冬の北海道 洞爺湖・大沼・函館モニターツアー (第3日目) 函館 ~北海の美味(1日4食)と100万ドルの夜景と旧幕軍の史跡を求めて~ 【函館・江差・上ノ国・松前】道南の歴史に触れる街歩き・モニターツアー3日目 ★開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅・モニターツアー1日目 ☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 3日目☆ 道南・蝦夷の歴史に触れる旅--1日目【函館モニターツアー】
冬の北海道 洞… 函館 ~北海の… 【函館・江差・… ★開港の街「函… ☆開港の街「函… 道南・蝦夷の歴…

新着スケジュール