海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆ の旅行記

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

初めての北海道上陸!雄大な自然に抱かれる!

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

羽田空港

羽田空港到着!
最近の旅行は羽田空港発が続いていますが(韓国・ドバイ)、やっぱり羽田の方が楽ぅ!
東京から北海道まで1時間余って、知っていましたか???
凄い!

全日空の自動チェックイン機と悪戦苦闘。難しいっ。
以前に座ってたまらなく気に入った2階席をゲット!

空港で「北海道牛乳パン」と、いきなりの誘惑!そして「焼き芋ソフトクリーム」!
「パン」&「ソフトクリーム」は、今回の函館旅行のテーマなのだ!
しかし、ここは我慢、我慢!
もう少しで本物が頂けるのだから。

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

いよいよ初北海道上陸!

預けた荷物がなかなか出てこず、皆様をお待たせしてしまいました><。。。
2泊3日にスーツケースを持ってくるなんて非常識だったかな。
本当はもっと大きいスーツケースを持っていこうとして、主人に止められたのですが(笑)こんなに立派なバスが待っていてくださいました。
ナンバーは7777!どれだけラッキーなんだ!

車内には、男性3人と女性2人(私含む)
どの方が他のモニターさんなのか、ドキドキしながらも、車窓に見える初北海道の自然を満喫です!

ここから大沼公園に向うのです!

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

函館空港

バスに乗り込むと、早速色々な資料を頂きます!

3日目はビンゴか顔はめラリー☆
ビンゴは数が結構多く、函館初心者の私には難しいかな、と思ったり・・・でも、これ一列揃えばいいんですよね?(笑)景品を見せて頂きましたが、ペリーちゃんのストラップかなり可愛いです!!!

夜は、この資料を見ながら函館市内の予習をしました♪

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

大沼湖畔のレストラン「ターブル・ドゥ・リバージュ」でランチタイム!

レストランには、なんと動く「モータークルーズシート」が!(勝手に命名)

船酔いが酷い私でも、大沼湖上をクルーズしながらのお食事なんて、想像しただけで幸せ!!お席代は1,000円也。  
ただ、船体も小さいですし、転覆の恐れもあるので、抜群の天候状況が整わないと、出航は出来ないそう(涙)
これは、絶対に事前予約をするべし!
               
ところで、この「モータークルーズシート」は立派な船なのです!
海上運送法もきちんと掲げてあり、操縦舵もついています。                   
ターブル・ドゥ・リバージュ                                 
住所:亀田郡七飯町字大沼町141
電話番号:0138-67-3003
営業時間:11:00~19:00(L.O)
定休日:火曜
http://www.gengoro.jp/rivage.html       

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

ターブル・ドゥ・リバージュ

モータークルーズシートからの眺め!
駒ケ岳、湖月橋、大沼湖が入った完璧な情景!
日頃腐った自分の心が癒されていきます。月並みですが、まさにモネの世界ですね。 駒ケ岳は活火山で、3年前より再度噴火を始めているため、現在は入ることが出来ないそうです。
湖面に浮かぶお花(睡蓮?)は、季節がくると朝にいっせいに花開くそうで、そのパパッという音が聞こえるそうです!なんか「赤毛のアン」みたいです☆これは、蛍の季節は最高だろうなぁ。季節といえば、この日は平日なので、そこまで混んでいませんが、紅葉の季節などは半端なく混むそうです!ほぼ全ての樹木が紅葉するそうです!この広大な敷地に混雑を感じるなんて、凄い人出なんだろうなぁ。

混雑と言えば(芋づる式に思い出す)、函館に来る外国人観光客ナンバー1は、台湾人だそうです!直行便がないので、旅行会社のチャーター便になるのですが、多い時は、年間600便!多分、台湾と比較して物価は決して安くないでしょうから、凄いことです。韓国人ではゴルフをプレーしに来る人が多いそうです。韓国のゴルフ場って高いそうです。                                            

本題に戻ると、鉄道が度々通るのですが、東京ではうるさく感じる電車の音なのに、凄く心地よく聞こえます。視覚的にも聴覚的にも美しい大沼公園です☆

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

ターブル・ドゥ・リバージュ

地元の野菜をふんだんに使ったランチプレート!

チキンのバゲットサラダと、蓴菜 (じゅんさい)のスープ、大沼産のヨーグルト!

ハウス物は使わない、というポリシーのもと、季節の食材を取り込んだメニューに。 今のおススメは、蓴菜 (じゅんさい)!大沼三湖の一つ蓴菜湖で生産されているもので、頂けるのは茎の先につく新葉。巻き状で独特のぬめりに覆われています。蓴菜の収穫期は6月末から8月始め。獲りすぎると翌年に響くため、数日おきなど、調整をして不定期に収穫するそうです!特に京都の料亭などに高い価格で売られている高級食材ですが、こちらのレストランではたっぷり出してくださいます。京都の料亭に行ったことはないけれど、見たことは確かにありますね!やったぁマン!

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

イクサンダー大沼カヌーハウス

お腹もいっぱいになったところで、カヌーで運動!
ところで、レストランを出た時の「カヌー、ハードですよぉ」というオーナーのお言葉が、気になって仕方ありません。いや!私はアウトドアを楽しみに来たんだ!

「イクサンダー大沼カヌーハウス」にお邪魔しました!いきなりの「ヒゲおじさん」+イケメンスタッフのお出迎え!
この細々としたインテリアがめちゃめちゃ可愛いです!レセプションのオール型がお気に入りです☆

カヌーだけではなく、トレッキングや、”「ヒゲさん」と遊ぼう”、というオーナーを貸しきって大沼公園の大自然を満喫するプランもあるそうです。自然の温泉(岩の間にあったりする?)に行ったり、冬は凍った湖の氷でコーヒーを作って頂くなんて魅力的なことも出来ます!

イクサンダー大沼カヌーハウス
北海道亀田郡大沼町22-4
0138-67-3419
http://www.exander.net/index.html

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

イクサンダー大沼カヌーハウス

転覆しても大事なカメラが濡れないように、カメラケースを用意してくださっています。ここで、初めてこのカヌー体験が本格的な物なのではないか、と気づく私。遅っ。
実は最初はいつでも写真を撮れるように、とカメラを首から提げていましたが、こりゃ本当に転覆する、っと途中で思い、ケースを使わせて頂きました。

ちなみに、転覆経験を「ヒゲさん」に伺ったところ、休憩中にカヌー内で昼寝をした方がいて、突然寝返りを打ったため、あえなくどぼ~ん。
笑えません。

カヌー乗り場までの道。凄くアウトドアっぽい!
戻るなら今だよぉ!「女の道は一本道でございます」からな。

乗り場で、漕ぎ方を丁寧に教えて頂けますが、正直怯えきっている私の頭にはあまり入ってこなかったぁ(涙)同乗に決まったhiro2sさん、本当にごめんなさい><。

そんなに怖いなら、モニター応募するなよ、って感じだと思うのですが、やってみたいじゃないですか!

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

イクサンダー大沼カヌーハウス

白状すると、とっっっっも怖い!!!お天気には恵まれていましたが、波で凄い揺れる(涙)波が来る→転覆の連想というスパイラルに陥っていました。実は船酔いをするのですが(どこまで、モニター旅行の主旨を分かっていないんだ)、あまりの恐怖だと、船酔いもしない、という事実が分かりました。でも、このように感じているのは、私だけだったよう。実際にカヌーを漕いでいたのは、同乗させて頂いたhiro2sさんだけだと思います!感謝感激!帰りはなぜか安全でしたよ☆

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

イクサンダー大沼カヌーハウス

ハンモック島に到着!
「長靴下のピッピ」を思い出す!(なぜ?)
これは相当気持ちいいでしょう!

ここで、泳いだり、ピザをデリバリーして頂いて、ランチを楽しむことも出来るそうです。泳げるなら、転覆の可能性も考え、水着を洋服の下に着ていくといいと思いました。

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

沼の家

みっちり運動して(笑)、小腹が空いて・・・もいなかな?

JR大沼公園駅前の「沼の家」で、大沼名物「大沼団子」を購入しました♪
こちらの「沼の家」創業は明治38年!

たまらないのが、この小さいお団子、大沼公園に浮かぶ126の島を
見立てているそうなんです!
そういうお洒落心良いですよねぇ。

「しょうゆ&ごま」折と「しょうゆ&あん」折の2種があります。
ここで迷ってしまうのが、あんは創業以来の味を守っている、一方
ごまは、「沼の家」本店のみの販売、ということ・・・。
両方は食べ切れないし。
明治のお味を堪能したい、という思いで、「しょうゆ&あん」折に決定!

しょうゆの甘だれ、あんこともに甘さ控えめで、上品なお味でした!
お団子はお米の香りを感じる素朴な味わいで、いくらでも食べれてしまいますねぇ。

夜食に40島程頂きましたよ☆                                                       
元祖 大沼だんご 沼の家  
住所:亀田郡七飯町大沼145
電話番号:0138-67-2104
営業時間:8:00~18:30(売り切れ次第)

写真を拡大する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆

大沼国定公園

大沼公園の周り、たくさん電車が走っていたような気がします。
ここを通る電車の種類ですが、「北斗」しか分からなかったです。本当はもっとあるようです。
小学生の時、学校からの帰りに大きく居眠りをして、終点まで来てしまったら、このような景色でびっくりしたことを思い出しました。その駅は、向かいのホームに行くのに、線路上を歩いて渡らないといけなかったのですが。

公園を歩いていると電車の音が聞こえて気持ちよかったです!

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 1日目☆ へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

函館国際観光コンベンション協会&地球の歩き方 旅スケ共催 
"開港の町「函館」と南北海道アウトドアの旅・モニターツアー"に参加させて頂きました!
私にとっては初めての北海道です!

☆アウトドア・アクティビティを楽しむ
☆自然でたっぷり癒される
☆函館の歴史を知り、史跡を巡る
☆国宝「中空土偶」を見る
☆海鮮&パンをいっぱい食べる

以上が目的です☆

よろしければ、こちらもご覧くださいね♪

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 2日目☆
http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/28004/

☆開港の街「函館」と南北海道アウトドアの旅 3日目☆
http://tabisuke.arukikata.co.jp/schedule/27926/

近くの旅行記

全豪オープン2008 メルボルン! 初北海道ベタな観光地巡りと雪祭り タイ・バンコク近郊のんびり旅 道南・蝦夷の歴史に触れる旅--1日目【函館モニターツアー】 ⑨Red Deer&カナディアンロッキーの旅【息子の留学先を訪ねて】 明石日帰り旅行
全豪オープン2… 初北海道ベタな… タイ・バンコク… 道南・蝦夷の歴… ⑨Red De… 明石日帰り旅行

新着スケジュール