海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)の旅行記

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

滞在地:ベニス、スイス国内

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

1

2

次のページへ→
写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

マルコ・ポーロ空港

(旅の始まりに)
 今回私がベネツィアに行こうと思ったのは、大学の卒業旅行(友人との個人旅行)で訪れたベネツィアが忘れられなかったからです。といっても必ずしも良い思い出ばかりだったわけではなく、当時はメジャー観光地(ドゥカーレ宮・アカデミア美術館など)だけで終わってしまい、ベネツィアの路地裏歩きほほんのちょっとだけ、それも、まさに迷路のような道に心細さだけを感じて終わったという始末。マッジョーレ教会鐘楼からの夕焼けはとても印象的でしたが、一方で路地裏歩きができなかったこと等の物足りなさも大きかったです。

 今回スイス旅行を計画するにあたり、何気なく地図を眺めていたときに今更ながらスイスとイタリアは隣国であること、ベネツィアとスイスはそう遠くはないことに気づき、せっかくスイスに行くならベネツィアにも・・・と思ったのがことの始まりでした。
 そして、「歩き方」にはもちろんお世話になるとして、あのベネツィアの路地を歩くときに頼りになる本はないかと探していたところ、図書館で偶然一冊の本に出会いました。それが写真右側の「迷宮都市ヴェネツィアを歩く(陣内秀信氏著)」です。

 陣内先生は建築学の権威でおられるばかりか、青年時代にヴェネツィア建築大学に2年間留学しておられ、その2年間でベネツィアの街を隈なく歩き、そこでえた知見をベースに本書を書かれておられます。
 ベネツィアについて書かれた本は多数ありますが、建築学と歴史の視点を織り交ぜ、生活者の息遣いが聞こえる、時間に縛られない気ままな街歩きの視点(ミクロの視点)からベネツィアを解き明かす本書は、私にとってかけがえのない本となりました。本書のお陰で、念願のベネツィア街歩きがより実り多きものとなりました。
 唯一残念だったことは、とても詳しく街歩きが紹介されているだけに、2泊3日(実質活動時間1.5日)ではすべてのコースを歩き通せなかったことです。これは、またベネツィアに来いよということでしょうか。

 「美術品は輸送できるが、街並みは動けない」-建築写真をテーマにした、とある美術展で目にした言葉です。その言葉を胸に、そして陣内先生の本を手に、ベネツィア街歩きは始まりました。

(2010年1月補記)
帰国後しばらくたってから『海の都の物語(塩野七生)』を読みましたが、海洋国家ヴェネツィアの歴史が非常に生き生きと理解できました。6連冊+スピンオフ3冊という構成ですが、時間に余裕があれば出発前の一読をお薦めします。きっともっとヴェネツィアの街が生き生きと感じられたに違いないと、今頃l後悔しています(苦笑)。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

マルコ・ポーロ空港

■第一日目

○空から見たベネツィア
 貴重な角度からベネツィアを眺めることができ、非常に興奮しました。
  → http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51066/

○空港到着後、スーツケースが出てくるのを待つ間に、まずは水上バスのチケットを購入
 → http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51069/

○空港からベネツィア本島を結ぶアリラグーナ社の水上バス
 「ベネツィアには海から入れ」との格言に従い、水上バスでベネツィアへ。
 → http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51070/

○水上バスで、サン・ザッカリアへ。そこからジューデッカ運河経由でFerrovia駅へ 写真は、サン・ザッカリアを出発してしばらくしてからサン・マルコ広場を撮ったもの。夕暮れ時に海上から眺める街並みもとても綺麗でした。

○サンタ・ルチア鉄道駅近くのホテル-「Hotel Abbazia」
 駅には荷物預かり所もありますので、最終日に夕方のフライトだったこともあり、駅近くホテルの利便性を痛感しました。駅近くですが路地を入ったところにあるので、静かで落ち着いた雰囲気のいいお宿です。
 → http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51071/
    http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51083/
 

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

■第二日目

(写真)
黄色蛍光ペンで街歩きルートを残しながら歩きました。
 AM:リアルト橋から北東方面へ
 PM:サン・マルコ広場からサント・ステーファノ方面、そこからリアルト橋方面へ
少々見ずらいですが、ご参考までに。


■AM:リアルト橋から北東方面へ
○ヴァポレットの行き先を確認せず乗車、サン・マルコへ行く予定がリアルト橋止まり。というわけで、ベネツィアの街歩きはリアルト橋から始まりました。

○サン・リオ教会(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51086/)
 帽子の職人組合が自らのシンボルマークとして作った、女性の帽子のレリーフ が教会内部に残ります。

○サン・リオ地区に残る13世紀の住宅建築(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51087/)
 日本でいえば鎌倉時代に相当する、13世紀ビザンチン様式の二連窓がある住宅です。


○「天国の道」にある商店街 」(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51090/)
 ヴァルヴァカーニと呼ばれる独特の梁を備えた住居兼商店群。ベネツィアの歴史書をとくに豊富に扱うフィリッピという書店もあります。

○「天国の通り」東側入口の聖母マリア(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51091/)
 橋のたもとの建物上部から聖母マリアが行き交う人を見守る、ベネツィアらしいスポットのひとつです。ベネツィアで出会ったたくさんのマリアのなかで、いちばん最初に出会った場所です。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

○ サンタ・マリア・フォルモーザ教会と広場(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51092/)
 運河に面した正面にくわえ、広場に面した正面があとから付け加えられた教会。都市形成思考の変遷をうかがうことができるスポットでもあります。

○クエリーニ・スタンパリーア絵画館南のマリア像 (http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51093/)
 橋のたもとに掲げられたマリア像が行きかう人を見守る光景。フレスコ画調のマリア像といい、セッティングされた位置といい、素敵なセンスだなと感心させられた場所。

○リメディオ運河沿いの13世紀ビザンチン様式のアーチ(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51111/)
 ベネツィアでおそらく唯一の貴重なものだとか。

○コンサフェイズィ橋からの美しい運河の眺め → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51112/)
 ベネツィアで運河が最も綺麗に見える場所のひとつとして知られるスポットです。ですが、縦横に大き過ぎて上手に写真をとれず、私的には秘かに後悔しているスポットでもあります。。。
 この付近に、12世紀の歴史の一端を今に伝える建築物があります。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

○サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会南にある12世紀の半円アーチ(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51122/)
 12世紀の貴重なビザンチン様式の半円アーチが中庭の壁面に刻まれています。
 ほかにも、ここからサンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会に向かう途中の路地には、14世紀のゴシック様式の住宅が左右に並んでいるスポットがあります。

○サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51127/)
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51129/)
サン・マルコ広場鐘楼からもよくわかる、ベネツィア本島内でも有数の質感を誇る巨大な教会。広場の形態の変遷を伝える歴史的意義のある建物でもあります。教会内部のステンドグラスほかの美術品だけでなく、教会外壁のだまし絵的彫刻も見事です。そして、教会前広場には、素敵なカフェが2軒、パラソルを広げて待っていてくれます。

○サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会東にかかる橋 → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51148/)
サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会とは、リアルト橋の東北東に位置する色大理石で包まれた美しい教会ですが、この教会の東側に一本の橋があります。
「迷宮都市ヴェネツィアを歩く」/陣内秀信著」によれば、この橋の上からの風景は、「ベネチアで最もピクチャレスク」。 実際、本当に美しい光景でした。
 サンタ・マイラ・デイ・ミラーコリ教会と合わせて、ツアーで組み込む価値がある場所だと思うのですが。でも、ツアーの方がいらっしゃらないぶん、穏やかにゆっくりと見れたのかもしれません。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

○サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会(色大理石の教会)  → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51151/)
リアルト橋から東北東の方角にある、とてもとても美しい教会です。
ピンク・グレー・銀・白など色とりどりの大理石で教会外部だけでなく内部までもが包まれています。
たしかに「宝石箱のような教会」と形容されるのも納得がいく、「聖母マリアの奇跡」という名をもつ教会です。

○16世紀に建てられた庶民のための集合建築
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51152/)
「キリストの橋」と呼ばれる橋を渡った先にあるサンタ・マリーナ広場。
その真正面に、路地を挟んだ2つの建物がアーチで結ばれた建築物があり、これが16世紀に建てられた庶民のための集合建築。

○マルコ・ポーロ一族の旧住居
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51153/)
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51154/)
「東方見聞録」で有名なマルコ・ポーロ一族が住んでいたといわれる建物があります。「マルコポーロの一族はここに住んでいた」と書かれた碑文がある建物もあり、そこは水路そばなのでゴンドラもそこでわざわざ停まるらしいですが、実はそこではなく、そこより少し西側にある建物に囲まれた中庭的広場がそうなのだそうです。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

カンピエッロ・デル・レメール

○サン・ジョヴァンニ・クリソストーモ教会
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51155/)
 「聖母マリアの聖地と崇められる」といわれる教会

○カンピエッロ・デル・レメール(デル・レメール広場) → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51156/)
「こんな素敵な空間が観光客にはほとんど気付かれず、奥まった場所に潜んでいる」(参考:「迷宮都市ヴェネツィアを歩く」/陣内秀信著)。運河が表玄関になっており、外付け階段が壁を這うように備えられているその中心に花で彩られた可愛らしい井戸がある、素敵な空
間です。

○ドイツ人商館(現中央郵便局)
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51157/)
ベネツィア繁栄の歴史を今に伝える歴史的遺構のひとつ。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

リアルト橋

○リアルト橋(カンピェッロ・デル・レメールから望む)  → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51158/)
リアルト橋そのものの魅力もそうですが、ここは大運河が大きく湾曲する部分でもあり、スケールの大きさがよくわかるこのアングルが気に入っています。

○リアルト橋(橋のたもとのマリア像)
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/52454/)
ベネツィアならではのものが、ベネツィアを象徴する橋のたもとにあるが故に、ひっそりと祀られている光景です。

○Traghetto乗り場(魚市場横)
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51159/)
「地球の歩き方」でも紹介されているように、対岸に渡る目的で設けられた乗合の渡しゴンドラがこのTraghettoです。大運河沿いにいくつか渡し場があり、「歩き方」では対岸と対岸をほぼ垂直線で結ぶ航路で描かれています。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

アカデミア橋

○ヴァポレットから見るアカデミア橋  → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51160/)
大運河の真中から橋を見上げるその角度が、自分が水の都に来たことを実感させてくれます。

○サン・マルコ広場前の有料トイレ(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51161/)
いざとなったときに頼りになるトイレです。場所を押さえておくだけでも違うかもしれません(笑)

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

サン・マルコ広場

○サン・マルコ広場
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51177/)
1000年王国といわれた海洋国家・ベネツィアにふさわしい巨大な空間。
「海の都の物語」を読めば、その強大な都市国家形成の理由が楽しく理解できます。

○サン・マルコ広場の鐘楼(http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51162/)
「古都に来たら高い所に登れ」の格言通り、この鐘楼からベネツィアの街を四方八方眺めることで、さまざまな発見があります。

○サン・マルコ広場鐘楼からの眺め → 写真
 いつまでも観ていたい光景です。。。
 街歩きをすると、この鐘楼から見える街中の鐘楼がどこの教会のものであるのか、なんとなくわかってくるのが楽しみの一つでした。
 [西]http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51170/
 [北]http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51171/
 [北~東]http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51174/
 [東]http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51175/
 [南]http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51176/
 [時計塔]http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51169/

○サン・マルコ広場から眺めるS・J・マッジョーレ教会
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51772/)
サン・マルコ広場への海からの入り口付近に立つ2本の円柱、その間に見えるサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会。絵画のフレームに収まった風景のように、とてもおさまりのいい景色です。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

サン・マルコ広場

○サン・マルコ寺院  → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51771/)
 ベネツィアの街のシンボルであり、ロマネスク・ビザンチン様式の傑作。
陽光に光り輝くファサード、ビザンチンらしい尖塔の鋭い形状、どことなくオリエンタルな雰囲気。
 写真は、サン・マルコ寺院北側から二本の円柱を中心に南に向けて撮ったもの。左右に有名建築物が列をなしています。。。
○溜息の橋
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51178/)
改修中ということなのでしょうが・・・・。ちょっとトンデモナイ状態になっていました。残念。

○溜息の橋のたもとにあるマリア像
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51773/)
人知れず道行く人を見守るマリア像に気づく。そんな人知れない喜び。

写真を拡大する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)

○FABBLI通りのテイクアウト・ピザ屋さん → 写真
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51774/)
サン・マルコ広場からFABBLI通りを北に進むと、テイクアウト可能なピザ屋さんを発見。店頭に並ぶCALZONE(詰め物をしたピザ)の数々、どれにしようか迷いましたが、「SUPER」にしました。 とろ~りチーズと旨みたっぷりのハムがとても美味しかったです。

○列柱のある埋められた運河通りの絵画展
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51777/)
列柱の下の空間を利用した可愛らしい美術展。

○Orseoloゴンドラ乗り場
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/51779/)
「崖の上のポニョ」の舞台として知られる広島県鞆の浦。同じ海運業で栄えた街として、共通する港湾施設を発見しました。

1

2

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

0906-07 (修正中)初めての個人旅行 ベニス・スイス13日間(詳細)へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

近くの旅行記

For 22 days,Europe イタリア8日間 ベネツィア→フィレンツェ→ローマ 7日間 イタリア周遊~ドイツ・ケルンの旅 (イタリア編) イタリア8日間の旅 ルビープリンセスーで行く地中海クルーズ
For 22 … イタリア8日間 ベネツィア→フ… イタリア周遊~… イタリア8日間… ルビープリンセ…

新着スケジュール