海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワの旅行記

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

【ロシア】マリインスキーでバレエ、ボリショイの最前列でオペラ鑑賞♪

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

ネヴァ川

サンクトペテルブルク(愛称:ピーテル)市内を流れるネヴァ川。
ロシアを訪れたのは2月。滞在中は1日中氷点下の毎日で、
川は凍結していました。
驚いたのは、ペトロパヴロフスク要塞前での光景。
ナント、その凍結した川に穴を掘り泳いでいる人がいるのです。
それも何人も!
一部の人に人気の健康法なのだとか。
感心する私たちネル&オクに地元の方は、 「Not for you!」
モチロン、そう思いマス!
(ロシアンネーム: ネル(ネルネンコ)&オク(オクレンコ))

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

ガスチーニィ・ドゥヴォール(ショッピングセンター)

市街ネフスキー大通りに建つ黄色の建物
『ガスチーニィ・ドゥヴォール』前で、
郊外に位置するエカテリーナ宮殿への現地バスツアーに申込みました。
ここでは数社の中から選択できます。値段交渉をお忘れなく!
ツアーバスは建物前から出発します。

ミネラルウォーターを購入する方は、当時は屋外のキオスクより
建物1Fの売店の方が安かったのでチェックしてみてください。

建物2Fにはマリインスキー劇場チケットセンターやカフェもあります。

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

エカテリーナ宮殿

ブルー、白、金が鮮やかな宮殿。
靴の上から黒いシャワーキャップ状の袋を被せ入場します。
ロシアの観光地の多くは、入場料ばかりか撮影料も必要です。
(希望者のみ)
参加ツアーはガイド付きでしたが、ドイツ語。。
理解できない3人は放し飼い状態でした

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

エカテリーナ宮殿

大広間 『玉座の間』。
「スッゴーイ!」、「大きい~!」、「広~い!」の連発
「豊かな装飾」の意という『バロック調』の洗礼デス。。
3人は撮影料の元を取るべく写真を撮り続けたのでした

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

マルシュルートカ

乗合いミニバス。
「便利だがロシア語を話せない人には困難」と言われますが、
ホテルからの移動手段はこれしかなく、否応なしに利用。。
 
均一料金、乗る時はバス停付近(!?)で手を上げ、
降りる時は声をかけるとどこでもOK、料金は乗客皆が運転手までリレー。
見るからに旅人のネルとオクの2人に、
車内の方々は細々と手助けしてくれました。
こんなシステムがまだ存在するピーテル、素晴らしいと思いませんか?

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

ピーターズ ウォーキング ツアー

楽しみにしていたのが、ピーテルを歩いて周るこの
『ピーターズ・ウォーキング・ツアー』。
参加者の希望に合わせ、サンクトペテルブルクをひたすら歩くツアーです。
予約は必要なく、スケジュールを調べ、当日、集合場所へ行くだけ。
吹雪こうが、どんな悪天候でも決行されるそうです。
当日の参加者は、主催者のピーターさんとイギリス人カップル、
そしてネル&オクの5人でした。

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

お祭り

当日はロシア正教のお祭りの日。
住宅街のフェンスに囲まれた広場では、
たくさんの子供たちが輪になり踊っていました。
『ピーターズ・ウォーキング・ツアー』のピーターさんに引率され中へ。
フェンスはカラフルな風船で飾られ、広場の端では生演奏が。
寒い国に住む人たちは、冬だって外で楽しむんですネ。
思いがけず馬車やコサック・ダンスも目撃!
無料で振る舞われるお料理が調理中で、
試食できなかったのが心残りデス。

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

お祭り

ベンチに子グマ発見!
両手で哺乳瓶を持ち、森のベリージュースをおいしそうに飲んでいました。
なでてみると、想像通りの剛毛。
民族衣装を着た男性は飼い主さんで、とてもなついていました。
クマはロシアの絵本にもよく登場し、きっと身近な動物なのでしょうネ。

この子グマくん、ベンチの背に乗ったところで女の子に背中を押され
ベンチから転げ落ち、大きな悲鳴をあげていました。

その一喜一憂を写真に収めていたネル&オク、
名所よりココでの撮影枚数が1番多かったのでした~♪

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

ペトロパヴロフスク要塞

この日の『ピーターズ・ウォーキング・ツアー』は、
ペトロパヴロフスク要塞前で解散。
要塞の中の身長2mを越すといわれる大男、
ピョートル1世(大帝)の像は大人気でした。
このとおり、大人だって一緒に写真を撮り大はしゃぎ♪
その功績もさることながら、「人差し指を握ると願い事が叶う」からだとか。

ネル&オクも後に続きました。
が、この像、土台の鉄板が雪でツルツル滑り、
降りれなくなったネルは大騒ぎ…皆の失笑をかいました。。

1703年に要塞中央に建てられた木造教会は、
サンクトペテルブルク発祥の地とも言われます。

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

宮殿広場

エルミタージュ美術館と旧参謀本部の間に広がる広場。
写真は旧参謀本部建物で、中央が凱旋アーチです。
広場の中央にはオベリスク・アレクサンドルの円柱が建っています。

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

エルミタージュ美術館

その昔、ここは宮殿だったそうです。
そしてこの宮殿に住む貴族は皆、フランス語を話していたといいます。
フランスをこよなく愛するネルには、ココが呼んでいるように思えました。
「どうしてロシアへ行くの?」
「そこにエルミタージュがあるから…」

※ 休館日: 月曜日 ←コレは要注意です!
何度か前を通り、外観を眺め、入口をチェックし、
イヨイヨ!っと行ったその日が休館日!
...って、そんなこと信じられますか?
ネル&オクの旅にはこんなことがよくありマス…モチロン、このあとも...

写真を拡大する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワ

血の上の教会

公式名は『キリスト復活教会』。ピーテルで最も印象的な建物です。
皇帝アレクサンドル2世が1881年に暗殺された現場に、
当時のその石畳をそのまま教会内に保存し建っています。
ネフスキー大通りから川向こうにこの教会が見えることもよくありました。
内壁、天井と隙間なく鮮やかなモザイク芸術で彩られています。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

豪華寝台列車グランドエクスプレス乗車☆サンクトペテルブルク⇒モスクワへのコメント

keixoさん  2009/08/05 19:49

ホントですよネ!
Webサイトで画像が見られますヨ
http://www.grandexpress.ru/en/

makoa187jpさん  2009/08/04 18:34

寝台列車、豪華ですね。
このクラスで一番下ということであれば、一番上だとどうなるんでしょうか。
高そうですが。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

☆旅の詳細はコチラ↓keixoのサイトでもご紹介しています
 http://www.geocities.jp/soleil_kei/

☆予算の内訳は…
 移動: 寝台列車グランドエクスプレス乗車アップ料金¥27,000(@¥13,500)を含みます
 宿泊: 全額ツアー代金(@¥175,000)、ビザ取得申請代行手数料を含みます
 観光: マリインスキー劇場チケット代¥6,400(@¥3,200)
      ボリショイ劇場チケット代¥3,800(@¥1,900)
      サンクトペテルブルクでのバスツアーとPeter's Walking Tours(≠@¥3,000)代金を含みます

☆文中の 『ネル』 と 『オク』 は、私keixoと同行の友人のロシアンネームです
 作家の椎名誠氏にムリを言い、なかばムリヤリ、
 ワタシはシーナ氏の 『アキレサンドル・シナメンスキー・ネルネンコ』 を襲名、
 友人は 『オクレンコ・○リ』 を与えられ、短くし呼び合っていました

☆文中の 『ピーテル』 とは、サンクトペテルブルクの愛称です

☆ロシアでは、鉄道の駅名は、終着地の名称が出発駅の名称になります
 たとえばモスクワには、レニングラード駅(レニングラード=サンクトペテルブルクの旧名、
 サンクトペテルブルク行き列車の駅)はありますが、モスクワ駅はありません
 ご注意くださいネ

近くの旅行記

ローシーアー 黄金の秋 モスクワ & サンクトペテルブルグ サンクトペテルブルクと寄り道・・・ 団塊世代&ジュニアの親子旅、第二弾(ロシア編) 10643_3 サンクトペテルブルグ(ちょっとマニアック)
ローシーアー 黄金の秋 モス… サンクトペテル… 団塊世代&ジュ… ロシアの遊び方 サンクトペテル…

新着スケジュール