海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPえへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!の旅行記

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

ラマダン真っ最中のモロッコに突撃してきました~!ラクダでサハラ~!

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

1

2

3

次のページへ→
写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

カサブランカ空港で、ガイド兼運転手兼通訳兼ボディガード(?)のアブドラに会い、車でマラケシュへ移動。初日ですがもうすでにシリが痛いです。。。初めてのアフリカの地、青い空、茶色の大地、マラケシュはピンクの町と呼ばれ近づいてくるとピンクの壁の町並みがとてもきれいです。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

寝不足全開のまま、庭園見学。昨年亡くなったイブサンローランが買い取り、彼の墓石もここにあるという砂漠の中の素敵なガーデン。何時間でもいたい気分です。ここはかなりお薦めスポット。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

お墓群。ガイドさんによれば、モロッコのお墓は生前の格や経済力にかかわらず、その人の身長に合わせて作るのだそうです。寝不足の耳でかなり訛った早口英語で聞いてたから、合ってるかな(笑)ここの建物でとっても印象的だったのはとにかく暑かったのと、木陰で野良猫がいっぱい昼寝してたことですね。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

市場の中でお買い物中に見かけた染物屋さん。シルクやウールの糸を天然のハーブや鉱物で染めたものを、天井(というか庭?)にめぐらせた枠に無造作にかけて乾かしているところ。赤が大変きれいでした。緑はベルベルの色、青は砂漠の民の色、という風に、色にはそれぞれ意味があるそうです。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

山の中腹に作られた石造りの村。誰も住んでないように見えますが、実はしっかり住んでいるのです。今はラマダンの真っ昼間で、みんなお昼寝中。でも遠くから風に乗ってイスラムの音楽が流れて来て、とても風情があるんです。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

マラケシュからアトラスを超えて砂漠へと向かう途中の、標高2260メートルのティシュカ峠の土産屋さん。近寄るといろいろ売りつけられちゃうので、トイレだけ借りてさっさと逃亡。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

お昼。確かガイドさんからもらったメニューには牛のカバブと書いてあったんですが、お店の人の説明では「ラマダンで牛が捕れなかったから今日は羊のカバブで我慢してね」って。。。いちいち料理毎に捕獲してるのかよ。。。こっちの人は何もかもラマダンのせいにするから、もうしょうがないので羊を食べました。硬いけど、美味☆

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

アイット-ベン-ハドゥの集落

集落の中を見るため、駐車場から川を渡る。つい先週までものすごい激流で渡れなかったらしいのですが、今日はちょろちょろなので歩いて渡る。乗って渡る用のラクダさんが休憩中。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

ひたすら砂漠へ向かって運転中、途中でラクダさんを発見。まるでバイクのように、路肩に駐車してある。一頭だいたい10万くらい。ロバさんは5000円くらい。馬は20万以上。でも乗れて運べて最後は食べれる(!)ロバさんが一番人気がある。

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

お気に入りの一枚。顔がかなりかわいい。壁にかけてあるジュータンとのコントラストがとても素敵。こんな写真ばかり撮っていて、日本人はラクダ見た事無いのかと思われてました。小さい頃、遊園地かサファリパークで乗せてもらった記憶はありますが確かにこんなに見たのは初めて☆乗りたい♪

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

お決まりのイスラムトイレ。親切に途中でトイレ休憩とってくれるのは女性としてとっても助かるけど、なんせ、コレだからなー。まいった。でもここはとてもきれいな方。それに、マレーシアと違って(私が知ってる唯一のイスラム国)、モロッコは恐ろしいくらい乾燥してるので、すぐに乾いちゃうからニオイとかもしないし、清潔に見えます(笑)

写真を拡大する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!

オアシスにできた街を見下ろす高台からの長め。モロッコはこうして砂漠の中にできたオアシスの街から街へと道をつないでできた国なんですね。その街によって、気候も違えばとれる野菜も違うので、トマトばっかり食べる街もあれば、ナツメヤシが豊富に取れる街、バラの取れる街、と、それぞれ特徴があります。

1

2

3

次のページへ→
拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

えへへ、カラフル・モロッコ!動物天国!貸切カーでラクチン一周!へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

☆6日間で1800km、よく移動しましたー!お尻がずーっとしびれてましたもん☆運転してくれたアブドラさん、サンキュー、シュクラン!
パリ経由でカサブランカに入り、そこから車でマラケシュー砂漠ーフェスーカサブランカと戻ってくるコース。最初はタンジールとエッサウィラも入れたかったのですが、日程がどうしてもこれ以上はとれず断念。でも砂漠はやっぱりはずせないと思います。ユーラシア旅行社の加藤さんという方に担当していただいたのですが砂漠を入れて正解でした。
ラマダン中だったので、夕方になると一斉におなかを減らした(文字通り)現地の人々が街に出てくるため、夜の一人歩きなどはちょっと控えるように言われましたが、それ以外は制約もなく、楽しく過ごせました。暑さは想像以上、乾燥してる上に強い日差しで、車の中にいてもこんがりと焼けてしまいました。モロッコは人々はのんびり、動物に囲まれて、カラフルでみんなマイペースで生きてる国のようです。ずっと昔にモロッコを旅した人に聞いても、全く今と変わらない様子だったそうで、これからもこんなに時代が進んだ世界の中で、マイペースで続いて行く国なんだなーと実感しました。お買い物も、革のジャケットや銀のポット、ランプシェードなど、かなり値切りに値切って正当な価格に近い値段で買ったつもりですが、なぜか得した気持ちになれないのはやっぱり正札がないせいでしょうね(笑)この文化に慣れるには相当時間がかかりそう☆食事もとってもおいしくて、ナツメヤシなど生で木から採って食べてしまいましたが、なんと帰る間際になってなぜかおなかを壊し、その後のフランスでもずーっと壊して、帰国後も2日くらい治りませんでしたが、これは何かにあたったというよりは疲労などのせいですかねー(笑)。
モロッコは鉄道やバスもあるようですが、私は女一人だったので専用車にしました。運転手兼ガイドは文中にも出てきますが日本の芸能人なども案内するとても紳士な人で車の中もいつもピカピカに磨いていて本人も清潔感たっぷり。日本語ができるのは当然としても英語もできる人はなかなか見つからないのでとてもよかったです。ユーラシアで手配してくれたガイドは、現地の中でもかなりレベルが上の人たちだったので短期間にいろんな事を教えてもらえました。安心して任せられる旅行社だと思いましたし、なにしろ、余りに高い値段でふっかけられてるジュータンとかは、さりげなく「高すぎだよ」と教えてくれるなど、心遣いがよかったです。
田舎を旅した後のパリはやっぱり素敵で、自分はつくづくシティパーソンなんだなーと実感(笑)。
またいつか行きたいモロッコです。

近くの旅行記

砂漠でラクダ!迷路のようなスーク!リヤドでまったり!モロッコ堪能9日間 【レンタカー】スペイン&モロッコ16日間【AF利用】2/2※旅行記のみ おひとりさまモロッコ(バックパッカーではありません)
砂漠でラクダ!… 【レンタカー】… おひとりさまモ…

新着スケジュール