旅スケミステリー劇場 オーパーツどうでしょう

エジプトの壁画やペルーの空中都市マチュ・ピチュ、イギリスのストーンヘンジ、テレビ番組やガイドブックで度々目にするそれらは、今日、観光名所としても人気が高い。しかし、そこには、知られざる”不思議”がある。 「out of place artifacts」(場違いな工芸品)の頭文字から、OOPARTS(オーパーツ)。それは、先史文明や超古代からのメッセージなのか、かつて、たくさんの大人たちを夢中にさせた”不思議”をご紹介。協力:立命館大学オカルト研究会のみなさん

カンブリア紀の金属ボルト

【オカルト度】★★★★★
【世界での知名度】★☆☆☆☆
【信憑性度】★★☆☆☆
【謎めき度】★★★★★
【ロマン度】★★★★★

【国】

ロシア

【現在見られる場所】

ロシア(?) どこに保管されているのか詳細は謎である

【オーパーツの紹介、基本情報】

1997年、ロシアのブリャンクスで発見された金属製のボルト。このボルトが埋まっていた石はなんと15億年以上前に作られたものであるという。このボルトは数トンの力をかけても変形せず、X線で中を見ると、内部にもいくつかの小さなねじの様なものが見られたそうだ。
15億年前といえば、まだこの地球上が海に覆われ、海洋生物しか生息していなかったといわれているカンブリア紀。当然人類など存在していなかったこの時代に、なぜこのようなものが見つかったのか。モスクワ航空大学のチェルノブロフ教授は、このボルトは15億年前に地球に訪れた宇宙船の部品であるという見解を述べているそうだ。

【考察】

このカンブリア紀の金属ボルト、発見されたのがかなり最近ということもあり、記事を書くに至りオーパーツに関する文献を図書館で15冊以上読み漁ったがこのボルトに関する記述は残念ながら発見できなかった。また、ネット上でも情報が少なく、現在どこでどのように保管されているのかや、このボルトにまつわる実験の詳細等、詳しいことはあまりわからなかった。あくまで筆者が調べた範囲ではあるが、他のオーパーツと比較してみると情報量の少なさは明らかである。
また、このボルトについて宇宙船の部品であると述べたチェルノブロフ教授だが、ロシアの大統領によってUFO特別顧問に任命されていたり、タイムマシンを研究し実際に教え子を時間移動させたとの逸話を持っていたりするまさにその道のエキスパートである。
もともとUFOの墜落が昔から多く、現代でも超能力や超常現象の研究に国家が力を入れているロシア。そんな国で発見された、他の有名なオーパーツと比べても断トツで古い15億年も前の金属ボルト。エキスパートからのお墨付きもある謎に包まれたこのボルト、これから研究が進み、いつかタイムマシンで15億年前に行ってUFOの部品だったと証明される日が来るのだろうか。

【参考文献】

吉田浩貴 Lounge Pure「時代にそぐわない出土品や知識・オーパーツ」
タキオン 未知の追及 「カンブリア紀の金属ボルト」
UFOLOGYST etc 「Vadim A. Chernobrov」

【記】

立命館大学オカルト研究会 井上

カンブリア紀の金属ボルト

Featured image: The nano spirals found in the Ural Mountains. Image source.

発見場所MAP ロシア ブリャンクス

発見場所:ロシア ブリャンクス

このエリアの旅スケはこちら!

旅スケ事務局 岡林のコメント

情報量が少ないのは何だか怪しいですね。「このボルトは宇宙船の部品である」と見解を述べている。 あまりにサラッとしているチェルノブロフさん。一般の目を宇宙船に向けようとしていませんか? はっ!あんた何か隠してませんか?チェルノブロフさんはタイムマシンの研究をしている。 さてはタイムマシンで15億年前に行って、ボルトを落としてきたな!まったくなんて人だ。

旅スケ事務局スタッフ 岡林&Mの対談コメントどうでしょう

恒星間移動をするほどの宇宙船がボルト(ナット)を使うのでしょうかね、岡林さん的に同時に何が発見されればUFOと結論づけますか? そりゃもう宇宙船の部品ですから・・!ボルトの他にも、L字フックとか両面テープとか それただのDIYでは・・しかし、15億年前といえば、多細胞生物すら出現されていなかったとされる時代です、幾何学的な何かが発見されるだけでも大ニュースなのに、ボルトとは! そう!だからこれはタイム・トラベルなんですって!超古代文明というには、前すぎるんですよ!って、年代測定は正確なんですかねそもそも 地質年代測定法を用いたと思うのですが、区分的に、カンブリア紀の7~8生代後がようやく、ジュラ紀、白亜紀になり、その頃にようやく恐竜が出てきますので、怖ろしいほどに昔です、正確性はなんとも言えませんが、5,000万年ぐらいの誤差はあるんじゃないでしょうか 5,000万年って人類がまだiPhone6を持つ遥か以前じゃないですか それごく最近のような気もします 人類がまだiPhone6を持つ遥か以前

  • すべて
  • NEW
  • ヨーロッパ
  • アジア
  • 北米
  • 中南米
  • オセアニア
  • 中東
  • アフリカ
アンコールワット

アンコールワットNEW

カンボジアカンボジア

アンコールワットはカンボジア北西部に位置する、言わずと知れた世界遺産である。… 続きを読む >>

セティ一世葬祭殿内の壁画

セティ一世葬祭殿内の壁画NEW

エジプトエジプト

1996年、ブルース・ローレンスという研究家がナイル川中流域の古都アドビスの神殿である… 続きを読む >>

タッシリ・ナジェールの宇宙人壁画

タッシリ・ナジェールの宇宙人壁画NEW

アルジェリアアルジェリア

「タッシリ・ナジェール」といえば、世界遺産で有名で、度々観光ツアーが組まれる北アフリカの… 続きを読む >>

パレンケの宇宙飛行士レリーフ

パレンケの宇宙飛行士レリーフNEW

メキシコメキシコ

チアバス州・パレンケ遺跡にて調査チームが石棺を発見した。そしてその石棺に奇妙なレリーフが… 続きを読む >>

ファロス・ストーン

ファロス・ストーンNEW

インドネシアインドネシア

15世紀に建立されたとされるスク寺院の、ピラミッド状の建造物の屋上に置かれた「リンガ」… 続きを読む >>

ミッキーマウスの壁画

ミッキーマウスの壁画NEW

オーストリアオーストリア

「ミッキーマウスの壁画」は、オーストリア、マルタ村の教会の美術史家たちによって発掘された。… 続きを読む >>

踏まれた三葉虫の化石

踏まれた三葉虫の化石NEW

アメリカアメリカ

1968年にアマチュア化石収集家のウィリアム・J・マイスターが発見した化石。サンダル… 続きを読む >>

アフィントンの白馬

アフィントンの白馬

イギリスイギリス

ヒルフィギュアと言って、急斜面の草と土壌を削って溝を掘り、基盤の石灰岩を露出させて画いた… 続きを読む >>

アンティキティラ島の歯車

アンティキティラ島の歯車

ギリシアギリシア

1910年、地中海の小さな島「アンティキティラ」沖海底の沈没船から、古い彫刻や工芸品が発見された… 続きを読む >>

カンブリア紀の金属ボルト

カンブリア紀の金属ボルト

ロシアロシア

1997年、ロシアのブリャンクスで発見された金属製のボルト。このボルトが埋まっていた石はなんと… 続きを読む >>

クロムメッキの剣

クロムメッキの剣

中国中国

1947年、農民が井戸を掘っていた際に発見された兵馬や従者の陶製人形である兵馬俑が発見された… 続きを読む >>

コスタリカの石球

コスタリカの石球

コスタリカコスタリカ

中米の国コスタリカにおいて1930年頃より数多くの石球が次々と発見された。その数は実に100個を… 続きを読む >>

ネブラ・ディスク

ネブラ・ディスク

ドイツドイツ

ネブラ・ディスクは紀元前1600年頃に製作されたと考えられている天文盤であり、2002年に… 続きを読む >>

アカンバロの恐竜土偶

アカンバロの恐竜土偶

メキシコメキシコ

アカンバロの恐竜土偶とは、メキシコ・アカンバロで発掘された恐竜の形を模した土偶である。大きさは… 続きを読む >>

さびない鉄柱

さびない鉄柱

インドインド

世界遺産に指定されているクワットゥル・イスラーム寺院にあるさびない鉄柱。高さ9メートル… 続きを読む >>

バールベックの巨石

バールベックの巨石

レバノンレバノン

中東の国レバノンのバールベックに存在する非常に巨大な石である。具体的にどれほどの大きさであるか… 続きを読む >>

ハトホル神殿の電球レリーフ

ハトホル神殿の電球レリーフ

エジプトエジプト

エジプト・デンデラ神殿複合体の主神殿であるハトホル神殿。その地下にあるレリーフが電球レリーフとして… 続きを読む >>

恐竜壁画

恐竜壁画

アメリカアメリカ

アメリカアリゾナ州のパヴァスパイ・キャニヨンには、一部の人々が「恐竜ではないか?」と主張している… 続きを読む >>

水晶髑髏

水晶髑髏

ベリーズベリーズ

水晶髑髏というのは、1924年に古代マヤ文明の遺跡で当時16歳の少女アンナにより発見されたとする… 続きを読む >>

天空神ウォンジナ

天空神ウォンジナ

オーストラリアオーストラリア

最古の原住民アボリジニが描いてきた岩絵が、オーストラリアのキンバリー地区周辺に多く存在する… 続きを読む >>

ヴォイニッチ手稿

ヴォイニッチ手稿

アメリカアメリカ

ヴォイニッチ手稿とは奇怪な文字と、これまた奇怪な挿絵によって構成された謎の古文書である。… 続きを読む >>

ノアの方舟

ノアの方舟

トルコ共和国トルコ共和国

聖書の中でも有名な、『旧約聖書』の「創世記」に登場した方舟。伝説の概要としては、神が、増え… 続きを読む >>

バグダッド電池

バグダッド電池

イラクイラク

ドイツの考古学者がイラクのバグダッドである壺を発掘した。その壺は古代パルティア人が愛用していた… 続きを読む >>

ピリ・レイスの地図

ピリ・レイスの地図

トルコ共和国トルコ共和国

1513年、オスマン帝国の海軍軍人ピリ・レイスによって作成されたこの地図には、当時発見されて… 続きを読む >>

人面彫刻石

人面彫刻石

アメリカアメリカ

高さ約10センチ、幅約5センチの、卵の形をした石。この石は1872年にニューハンプシャー州の… 続きを読む >>

マチュピチュ

マチュピチュ

ペルーペルー

天空都市マチュピチュ。この遺跡がそう呼ばれている理由は、標高2280mという、空からでなければ… 続きを読む >>

聖徳太子の地球儀

聖徳太子の地球儀

日本日本

聖徳太子の地球儀とは兵庫県の斑鳩寺に伝わる聖徳太子が作ったとされるソフトボール大の地球儀… 続きを読む >>