海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP国内旅行関東神奈川県横浜市美術館・博物館そごう美術館そごう美術館のクチコミ -あなたが好きなのはどのアリス?/アリス・ファンならば必見の展覧会

美術館・博物館国旗そごう美術館のクチコミ

あなたが好きなのはどのアリス?/アリス・ファンならば必見の展覧会

あなたが好きなのはどのアリス?/アリス・ファンならば必見の展覧会
写真を拡大する スポット情報を見る

総合評価[4]星

利便性利便性[3]

雰囲気雰囲気[5]

展示数展示数[5]

混雑度混雑度[3]

おすすめ度おすすめ度[3]

おすすめ同行者一人

所要時間2時間

ルイス・キャロルが綴る不思議な物語【不思議な国のアリス】【鏡の国のアリス】のファンの方なら必見の展覧会が今年の夏より日本各地で開催され、関東地方での開催は横浜のそごう美術館のみ。
横浜会場の会期は11/17までで、215点の作品が展示されています。

出品元は日本の聖徳大学、英国のオクスフォード図書館・大学、そして個人所有の品々。
このような展覧会でなければ見ることのできない多くの品が集まっていました。
展示品の中には横浜会場でしか貸し出しが許可されなかった挿絵画家テニエルが下絵の参考にした著者ルイス・キャロルのアリスのデッサンもあり、見応えは十分で当日券1500円(高いですが)の価値は十分にあると思います。

出展の展示物の写真撮影は、基本は不可ですが、近年のイラストレーターが描くアリスの挿絵部分だけは撮影可能でした。
また、現在のカメラ技術を応用したお遊びの展示や草間彌生の水玉デザインのアリスのイメージ画など、古典的なアリスのイメージしか持っていなかった私には斬新な展示も多くありました。

アリス・ファンの方ならば必見の展覧会ですが、行くならば【不思議の国のアリス】だけではなく、【鏡の国のアリス】をもう一度読み直してからがお勧めです。
昔に【不思議の国のアリス】を読んだことあるから・・・程度の浅い知識のまま展示を見てもなかなか理解しにくい展示方法ですので、しっかりと読み直してから行く方が展示内容をより深く理解できると思います。

また、ディズニーからアリスの世界観に入った・・・というファンの方には、この展覧会は全くお勧めしません。
今回のアリス展はディズニー版が好きな方には馴染まない可能性が高いです。
ディズニー版の甘い女の子らしいアリスではなくシニカルなアリスが展示品を主を占めていて、あくまでも古典的なアリスの世界感に浸りたい方にお勧めです。

※クチコミ情報はあくまで会員の主観的な意見・感想・評価であり、事実とは異なる場合がございます。

クチコミを投稿する 通報する 拍手する

そごう美術館の他のクチコミ一覧を見る

神奈川県の新着クチコミ

近くの旅行記

新着スケジュールもっとみる