海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPフランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅の旅

フランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅

中世の街並みが残る小さな町を、主に公共交通機関を使って訪ねました

フランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

フランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅

1日目 2010年08月27日(金)
自宅

自宅

移動(電車)

移動(電車)

07:30 - 09:30 ターミナル・駅のりば

成田空港(成田国際空港)

今回利用したルフトハンザ航空は、成田発が9時半ごろなので空港には早朝着
移動(飛行機)

移動(飛行機)

18:00 ターミナル・駅のりば

シャルル・ド・ゴール国際空港(ロワシー)

フランクフルト乗換えでしたが、悪天候のためパリ着が1時間遅れました。
19:00 - 20:00 移動(バス)

移動(バス)

エールフランス・バスでパリ市内のリヨン駅まで。金曜夜のため渋滞
宿泊施設

ホテル・ジュール・セザール

地球の歩き方に載っていた安いホテル。リヨン駅から徒歩10分以内で便利でした
21:00 - 22:00 食事

食事

駅近くの1人でも気軽に入れそうなブラッスリーで食事。観光客が多かったかも。
宿泊施設

ホテル・ジュール・セザール

部屋のWiFiでネットに今日のことを書いて、就寝
2日目 2010年08月28日(土)
自由記入欄

パリ市内散歩

ホテルのチェックアウト後、電車の時間までパリの市内散歩。
11:30 - 12:30 移動(電車)

移動(電車)

パリ、リヨン駅からTGVにてモンバール駅まで移動
宿泊施設

オテル・ド・ラ・ガール

TGV停車モンバール駅前の可愛いホテル。気のいい家族が経営してます
移動(車)

移動(車)

宿の主人が呼んでくれたタクシーにて移動
13:00 - 14:30 世界遺産

フォントネーのシトー会修道院(フォントネーのシトー会修道院)

とても静かできれいなところでした。近くに町はありません。
14:30 - 15:30 移動(車)

移動(車)

先ほどのタクシーを呼んでもらって、スミュールへ移動
15:00 - 19:00 自由記入欄

Semur-en-Auxois スミュール・アン・オーソワの町

中世の雰囲気を残す小さな町を散策。フレンドリーでステキな町でした。
食事

食事

20:30 - 21:00 移動(車)

移動(車)

同じタクシーに来てもらってモンバールへ戻る。とても親切でいい運転手さんでした
宿泊施設

オテル・ド・ラ・ガール

ここのホテルも部屋にWiFiあり。レストランもありますが使いませんでした
3日目 2010年08月29日(日)
09:40 - 11:00 移動(バス)

移動(バス)

駅から国鉄バスでヴェズレーへ移動。この日が今年のヴェズレー行きバスの最終日
世界遺産

ヴェズレーの教会と丘(ヴェズレーの教会と丘)

世界遺産ヴェズレーの中世の教会と小さな村。教会の裏からの景色もキレイ
食事

食事

丁度別の教会広場でマルシェをやっていたため、パンや焼いた肉を購入してランチ
午後 自由記入欄

Le Musée de l’œuvre Viollet-le-Duc

ヴェズレーの教会の裏にある小さい美術館。もともと教会内にあった中世彫刻などを展示
午後 自由記入欄

ヴェズレーの町の散策

観光地なのでカフェやレストラン、ショップは数多くあります。ワインや蜂蜜の店など
18:00 移動(バス)

移動(バス)

アヴァロンAvallonの駅までバスで移動
夕刻 自由記入欄

Avallon駅

予定していた電車がその日はなく、やむなくホテルキャンセル、この町に宿泊
移動(徒歩)

移動(徒歩)

宿泊施設

レ・キャプサン

駅近くで見つけた2つ星ホテル。落ち着いた雰囲気のいいホテルでした。1泊約€60
4日目 2010年08月30日(月)
午前 自由記入欄

Avallonの市内散策

中世のノートルダム教会、城壁跡など中世の雰囲気を残した小さな町
11:20 - 13:00 移動(電車)

移動(電車)

自由記入欄

オータンAutun駅

オータンは、今まで訪れた町よりは、ちょっと大きな町
13:30 自由記入欄

Arcantis Hotel les Arcades

予約した筈なのになんと、ダブルブッキング!とりあえず部屋確保したものの、後ほど…
午後 建物・史跡

サン・ラザール聖堂

タンパン(入口扉上部)の中世彫刻が有名なので、これを見にこの町へ
15:30 - 17:00 美術館・博物館

ロラン美術館

聖堂近くの美術館。中世彫刻「イヴの誘惑」が有名。古代~近代美術を収蔵
17:00 - 19:30 自由記入欄

オータン市内の古代ローマ遺跡

古代ローマの劇場跡、ローマ時代の門などが残ってるので、それらを見に市内散策
自由記入欄

Arcantis Hotel les Arcades

用意された部屋はホテルの清掃等の人用の部屋。口論の末、別のホテルに移動することに
夕刻 移動(徒歩)

移動(徒歩)

駅前ホテルから町外れの湖の傍のホテルまで移動
21:00 宿泊施設

レ・ジャルダン・デュ・ラック

湖の傍のホテル。ホテルの人の態度は駅前ホテルよりはるかに良かった。ただ遠い
21:30 - 22:20 食事

食事

隣のホテルIbisオータンのレストランで食事。…サラダに大きな蠅が!!
宿泊施設

レ・ジャルダン・デュ・ラック

この日は学校が始まる前日とかで、市内のホテルはどこもいっぱいでした
5日目 2010年08月31日(火)
午前 自由記入欄

電車が昼過ぎだったので、それまでチェックアウト時間までホテルでのんびり。

前日市内は一通り見たし、疲れもあって午前中はのんびり。
12:30 - 14:00 移動(バス)

移動(バス)

この時間はオータンからはなんとバスでの移動。日本では考えられない。
14:00 自由記入欄

Chagny駅

ここで電車に乗り換え。正確な乗換え時間は忘れましたが15分ぐらい?
14:00 - 14:30 移動(電車)

移動(電車)

ローカル線にて30分ほどでディジョン駅に
14:30 自由記入欄

ディジョン駅到着。駅前に観光センターがあるのでマップを確保、宿の場所確認

観光センターの場所が移動してました。地球の歩き方のマップではまだ元の場所のまま
15:00 宿泊施設

ホテル モンティニー

チェックイン。中心地から徒歩15分ほどのところにありますが、安くて快適
午後 自由記入欄

市内散策。市内は1日で大体見て歩ける程度の規模。

ディジョンはとても綺麗な町なので、見て歩くだけでも楽しいです。
午後 建物・史跡

サン・ベニーニュ大聖堂

どこの町でもまずは目立つ教会から訪問しました。ディジョンは大聖堂があります。
16:30 - 17:50 美術館・博物館

マニャン美術館

国立美術館。時間がなくて全部見切れず駆け足。
夕刻 自由記入欄

市内散策。まだ開いてる教会に入ったり、お店を覗いたり。

その後一度ホテルに戻ってから夕飯へ再外出
20:30 - 21:30 食事

食事

中央広場のブラッスリーで食事。観光客向けのため、イマイチ。
自由記入欄

ブルゴーニュ大公宮殿の夜のライトアップ

宮殿前の広場から見るととてもキレイ
宿泊施設

ホテル モンティニー

6日目 2010年09月01日(水)
宿泊施設

ホテル モンティニー

ディジョンは2泊、同じホテルに連泊しました
移動(徒歩)

移動(徒歩)

09:30 - 10:30 美術館・博物館

ディジョン美術館

大公宮殿の中にある美術館。時間がなかったので中世美術の部分だけ見ました
10:30 - 10:50 建物・史跡

フィリップ善良公の塔

大公宮殿の塔。上から街が見渡せます。予約制。
11:00 - 11:10 建物・史跡

サン・ベニーニュ大聖堂

中世の地下聖堂(クリプト)を訪れました。上から光が入ってとても綺麗
11:30 - 12:45 移動(電車)

移動(電車)

クリュニー修道院訪問。電車はディジョン~マコン
13:00 - 13:45 移動(バス)

移動(バス)

マコン(Macon)からはバスでクリュニーの町へ
自由記入欄

クリュニー市内

修道院へと続く道にはカフェやお店も多く可愛らしい街並み
14:00 - 15:30 建物・史跡

クリュニー修道院

中世で栄華を誇ったクリュニー修道院、今年は設立1100年記念の年でした
14:00 - 15:30 自由記入欄

クリュニー修道院にて、中世ロマネスク美術の展覧会

特別開催中の展覧会を修道院で見てきました。
15:50 - 16:45 移動(バス)

移動(バス)

来た道を再び慌ただしく戻ります。Cluny~Macon Centre
17:15 - 18:30 移動(電車)

移動(電車)

Macon Centre~Dijon
20:00 - 21:00 食事

食事

L'imprimarie(印刷所)という名のブラッスリーで夕飯。
宿泊施設

ホテル モンティニー

7日目 2010年09月02日(木)
宿泊施設

ホテル モンティニー

10:30 移動(電車)

移動(電車)

ストラスブールへ移動
自由記入欄

ブルゴーニュの旅終了。これ以降はテーマが変わるので別に編集します。

1週間の旅行だったら丁度ここでパリに帰ってフライトで丁度いいと思いました。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

フランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅 フランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅 フランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

フランス、ブルゴーニュ地方の小さな町めぐりの旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

 約1週間をかけて、ブルゴーニュ地方の小さな中世の町を訪ねました。主に中世のロマネスク美術を訪ねる旅でしたが、近くにある有名な修道院跡なども訪ねました。

 色々な町を見ましたが、フォントネー修道院の静けさ。小さな町スミュールの可愛らしさと人々のフレンドリーさは印象に残っています。それと、この2つに行くためにお世話になったモンバールの駅前ホテルの人たちと、タクシーの運転手さん。とても親切にしていただきました。
 ヴェズレーも小さな可愛らしい町ですが、特に観光シーズンでもあり、団体客も多くスミュールに較べると落ち着かない印象がありました。ただ、たまたま行った日にビオ・マルシェをやっていたため、そこにちょくちょく戻っては食事を食べたりおやつを食べたりしていました。お土産ものとかのお店やカフェは多いので、友達同士とかでのんびり過ごしたら楽しいだとうと思いました。
 オータンは見たモノの割には苦労が多かったので、ここには多くは書きませんが、次のディジョンは綺麗でした。ディジョンは昔のブルゴーニュ公国の首都であり、大きな町なのですが、街並みが綺麗で、古い建物も良く残っています。町の規模も1日で歩ける程度(美術館でのんびりしたら1日では終わりませんが)。滞在するには気持ちいい規模の町に思えました。

 交通に関して特に苦労したのはヴェズレーとオータンです。ヴェズレー行きのバスは8月最後の日曜で終了してしまうため、私が訪れた日が最終日。これに行くために前後の予定を調節することになりました。
 2日目のフォントネー修道院跡とスミュールに行ったときだけタクシーを利用しましたが、後は全て公共交通機関(電車とバス)を利用しました。そのため、かなりの時間を制約されました。フランスは日本ほど電車などが発達していないため、町を結ぶ電車が1日3本程度だったり、バスしかなかったりということも珍しくありません。
 ヴェズレーの町は1日中1人で見て回るほどの規模ではないのですが、バス時間の都合上、夕方まで滞在しました。1本早いバスもあったのですが、その先乗換えの電車がないため、結局途中駅で立ち往生することが明らかだったので午後いっぱいヴェズレーに滞在しました。
 オータンは、そこそこの規模のある町なのですが、電車のアクセスが非常に悪いところです。パリからブルゴーニュ地方にはオータンを通る路線と並行してもう1本電車が走っており、そちらがTGVも走るメインの路線であるため、オータン側は電車の本数も少なく、ディジョンに行くにも乗換えが必要です。(たとえバス利用でなくとも)
 時間がなく忙しかったのはクリュニーです。朝一番の7時台の電車でディジョンを出るという手もありましたが、町の規模がわからなかったため、次の電車である昼ごろ行ったところ、かなり忙しくなってしまいました。クリュニーの町も可愛らしいお店が数多く立ち並ぶ観光地なので、時間に余裕があればこの町に泊ってもよかったと思いました。
 また、時間と交通と、ルートの都合上諦めざるを得なかった町もありました。ヴェズレーへ行く乗換え駅アヴァロンを挟んでオータンとは逆側にある町、オーセール。そして予定通りオータンに2泊できていたら、1日は近くの町ソーリューまで行こうと思っていましたが、アヴァロンで足止めを食ったため、行けなくなりました。
 フランスの鉄道はかなり信頼性が低いので、事前に調べていても「あるはずの電車がない」ということにもなりかねません。駅に置いてあるポケット時刻表はあまりあてにならないので、前日ネットで調べていく方が無難です。(それも正確ではない、という噂も聞きましたが)

 ヴェズレー~オータン間は交通機関やホテルの面で不便やトラブルも多く発生した旅行でしたが、それ以外は天候にも出会う人々にも非常に恵まれて快適に過ごすことができました。
 ここから先はブルゴーニュを離れ、ストラスブールを中心としたアルザス地方~スイス~ドイツと3カ国の国境近くの町をめぐる旅へとテーマが変更になるため、ここでスケジュールを閉じ、後半はまた別途作成したいと思います。
 この旅行記にはあまり写真は載せていませんが、写真はまた別に、別のサイトに改めて掲載する予定です。

【更新】
8/28のフォントネー修道院の写真をアップしました
http://4travel.jp/traveler/sleeping-cat/album/10501299

新着スケジュール