海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPレンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれての旅

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて

昨年はリスザルのIsala Micosが水没の為コロンビア行きを断念、今年は現地レティシアのホテルに問い合わせると観光可能との事でブラジルのレンソイスと合わせて観光しました。 

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて

1日目 2013年06月27日(木)
ターミナル・駅のりば

伊丹空港

伊丹→成田→ニュ-ヨ-ク→サンパウロ→サンルイス   Tam航空は現在スタ-アライアンスなので4区間の搭乗券4枚を伊丹でチェックインの際に受け取る     ただし預け手荷物においてはTam航空利用の場合は日付が変わると未着の可能性があるのニュ-ヨ-ク止まりとなる
14:20 - 15:40 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ANA

伊丹→成田 楽しみの富士山  今日は山頂部分だけちょこんと見える
ターミナル・駅のりば

成田空港(成田国際空港)

国際線への乗り継ぎ時間1時間はきつきつ    出発ゲ-トでは既に搭乗案内中
16:40 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ANA

成田→ニュ-ヨ-ク   びっしり満席の12時間45分    ふぅ~
16:25 ターミナル・駅のりば

ジョン・F・ケネディ国際空港

JFK着16:25   入国審査を終え預け手荷物を引き取ってエア-トレインでタ-ミナル8に移動                      Tam航空はアメリカン航空のチェックインカウンタ-を使用
20:15 移動(飛行機)

移動(飛行機) / TAM航空

ニュ-ヨ-ク→サンパウロ   電光掲示板は定刻出発で遅れとはなっていないが実際は到着便が1時間遅れ       機内に搭乗してからもデスパッチャ-の関係で機内で待つこと2時間、結局3時間遅れの23:15に飛び立つ    乗り継ぎに余裕があったサンルイス行の便、ぎりぎりの乗り継ぎ時間時間になってしまい焦る   
2日目 2013年06月28日(金)
09:15 ターミナル・駅のりば

グアルーリョス国際空港

サンパウロ着9:15   入国審査はたった3分で完了   預け手荷物が全然出てこない     結局40分かかってしまいTam航空の国内線まで移動して手荷物を預けようとするが搭乗券を持参しているにも関わらず「チェックインの列に並べ」と言われる   何か手際が悪い   結局両替する時間も無し
11:15 - 14:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / TAM航空

サンパウロ→サンルイス    さすが4機目に搭乗は疲れてぐったり   ただただ到着を心待ちにするばかり
ターミナル・駅のりば

クーニャ・マシャド国際空港(ティリリカル空港)

やっとサンルイス空港に到着  空港は両替所がないので取り合えずはタクシ-に乗車
15:10 - 15:35 移動(車)

移動(車)

サンルイス空港→ホテル  タクシ- R$43    途中ドライバ-の知り合いの両替屋さんに立ち寄り両替してもらう      US$1=R$2   
宿泊施設

Grand Sao Luis Hotel

旧市街にあるので何かと便利なホテル    ホテル予約サイトで予約    レセプションはスペイン語のみ
3日目 2013年06月29日(土)
07:45 食事

食事

ホテルの朝食  オムレツを作ってもらう  パンの種類もたくさんあり、ヨ-グルトやジュ-ス、果物等内容は充実
10:30 - 13:00 ぶらつく

ぶらつく

サンルイス旧市街観光へ
世界遺産

サン・ルイス歴史地区(サン・ルイス歴史地区)

今の時期はブンバ・メウ・ボイ祭りで旧市街の建物は旗で飾られている
建物・史跡

セー教会

中に入って長椅子に座って厳かな雰囲気を味わう
人気スポット

チュルハス市場

買いたかった野菜類は見当たらず干しエビ類等とちょっとした飲食ができる
自然

アニル川

旗をたなびかせた何隻もの船が行き来し花火も上がてブンバ・メウ・ボウ祭りは最高潮
13:00 宿泊施設

Grand Sao Luis Hotel

歩き疲れたので一度ホテルに戻って一休み    こんな時は旧市街のホテルは超便利
16:00 - 17:00 ぶらつく

ぶらつく

お土産を買いに再び旧市街へ
建物・史跡

カルモ教会/カルモ広場

残念ながら時間も遅いので閉館している
4日目 2013年06月30日(日)
05:10 移動(バス)

移動(バス)

Grand Sao Luis hotel→pousada d'Areia 混載ミニバスで移動   R$40         ドライバ-は時速115kmで突っ走る
06:40 その他

サンルイス→バヘリ-ニャス ミニバス休憩レストラン

ホテルを出発して1時間30分後に途中のレストランで休憩
ターミナル・駅のりば

バヘリ-ニャス (Barreirinhas)

レンソイス・マラニャンセス国立公園にアクセスする町
09:10 宿泊施設

Posada d'Areia

Cisne Brancoバス停から徒歩7分のホテル         ベランダにはハンモックもあり部屋はとても清潔    石鹸やシャンプ-等の備品は一切無し
14:00 - 18:30 移動(車)

移動(車)

ホテル⇔レンソイス     ラゴ-アアズ-ル、ラゴ-アペイシェツア-に参加  参加者は総勢9名      R$45
14:20 自然

プレグイシャス川

車を下りて渡し船でプレグィシャス川を渡ろうとする時に突然の大雨    30分間降り続く        もう全身ぼとぼと      
自然

レンソイス・マラニャンセス国立公園

雨上がりの砂丘は少し黄色っぱく見える    ああ、太陽が出てほしい!    ラゴ-ア・アズ-ルの水温は最適    思いっきり泳ぐ   何故か小魚はゴ-グルを付けて探しても見つからない      
5日目 2013年07月01日(月)
07:25 - 08:00 食事

食事

ホテルの朝食    ジュ-スやヨ-グルト等内容は豊富    タピオカが朝から食べられるのは嬉しい
08:30 - 09:30 ぶらつく

ぶらつく

バヘリ-ニャス散策を兼ねて明日乗車するCisne Brancoバスチケットを買いに行く                バス乗り場は教会とは反対側の通りに面している           村のメインストリ-トは朝から活気があって賑やか          
人気スポット

プレグイシャス川沿い

川沿いには旅行社やお洒落なブティックが立ち並ぶ
14:00 - 19:15 移動(バス)

移動(バス)

ホテル⇔レンソイス    今日はラゴ-ア・ボニ-タツア-に参加                       どうぞこのまま晴れが続きますようにと祈る気持ち     5才の幼児も含めて総勢11名
15:30 自然

レンソイス・マラニャンセス国立公園

15:30分に到着しサンダルを脱いでロ-プを持ちながら砂坂を上って行く    もう干上がってしまって穴ぼこだけになっている所もチラホラ    やはり雨季の降水量が少なかったのかなあ
自然

ラゴ-ア・ボニ-タ

15:40~17:20までラゴ-ア・ボニ-タで泳いだり他のラゴ-アで泳いだり思いぞんぶんレンソイスを満喫    晴れてくれて良かった                                              帰りがけジ-プに乗ると同時に突然の豪雨    プレグィシャス川の渡し場まで降り続く       まだ雨季?
6日目 2013年07月02日(火)
05:30 - 05:40 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテル→Cisne Brancoバス停     まだ夜が明けていない中をス-ツケ-スを引いてバス停まで歩く   
その他

Cisne Brancoバス

バスは停車しているがドライバ-がいない    出発の15分前にドアが開き最前列に座る
06:00 - 10:35 移動(バス)

移動(バス)

バヘリ-ニャスバス停→サンルイスバスタ-ミナル     R$28     ここからは数人程度しか乗車しない    
10:40 - 10:45 移動(車)

移動(車)

サンルイス・バスタ-ミナル→サンルイス空港    タクシ-は定額料金 R$18
ターミナル・駅のりば

クーニャ・マシャド国際空港(ティリリカル空港)

ゲ-トに入るまで空港のショップで土産品を物色
13:10 - 16:35 移動(飛行機)

移動(飛行機) / TAM航空

サンルイス→リオ・デ・ジャネイロ         タム航空のウエブサイトでチケット購入            Tam航空は定刻に出発    機内の航空路案内モニタ-の到着地がサンパウロになっているのでCAに確認すると『間違っているんですよ。』との答え        ちょっとアバウト過ぎるような気がするのですが…
ターミナル・駅のりば

アントニオ・カルロス・ジョビン国際空港(リオデジャネイロ国際空港)

預け手荷物もスム-ズに出て来る   リオは雨模様
16:50 - 17:20 移動(車)

移動(車)

空港→ホテル    タクシ-R$50    下車する時にホテル→空港までのR$45の案内カ-ドをもらう
宿泊施設

ウィンザー エクセルシオール ホテル

ホテル予約サイトで予約   コパカバ-ナビュ-とレセプションで頼むと希望通りの部屋へ    レセプションの人達は感じがいい
7日目 2013年07月03日(水)
自由記入欄

エクセルシオ-ルからはコルコバ-ドの丘のキリスト像が見え天気も晴れなので早速コルコバ-ドの丘へ向かう

09:30 - 09:55 移動(車)

移動(車)

ホテル→コルコバ-ドの丘鉄道乗り場    ホテルの車R$50(ちょっと高めの料金)
10:30 - 10:55 移動(電車)

移動(電車)

列車乗り場→コルコバ-ドの丘      チケットは往復R$46             込み合っているので直ぐ出発の列車には乗れず15分後の列車に乗車    途中楽器を持った人たちが乗車、列車内は大いに盛り上がる 
自然

コルコバードの丘

晴天なので凄い人       階段を上るに連れキリスト像の後ろ姿がだんだん大きくなってくる   
建物・史跡

リオのキリスト像

真っ青な青空に映えて奇麗に修復されたキリスト像は輝いて見える                                正面の展望台からはボン・ジ・アス-カルやリオの市街が一望の元                 
11:50 - 12:10 移動(電車)

移動(電車)

コルコバ-ドの丘→列車乗り場   戻りの列車もいっぱいの人
12:20 - 12:40 移動(車)

移動(車)

列車乗り場→ボン・ジ・アス-カル     タクシ-R$30    
12:50 - 14:00 ターミナル・駅のりば

ロ-プウエイ

ロ-プウェイ乗り場⇔ボン・ジ・アス-カル   往復R$53  
自然

ポン・ジ・アスーカル

正面に見えるキリスト像は真っ白な雲の中     コパカバ-ナの海岸やサントス・ドゥモン空港が一望
14:00 - 14:10 移動(車)

移動(車)

ロ-プウェイ乗り場→ホテル    タクシ-R$13
16:15 - 17:20 ぶらつく

ぶらつく

ホテル→イパネマ海岸     コパカバ-ナの海岸通りをのんびり歩く   Policiaの車やポリス等たくさん出て警備が厳しい様子   海岸通りはジョッギングの人や散策の人達でいっぱい     出店も多く賑やか           
自然

コパカバ-ナ海岸

ポリスやパトカ-やジョッギングの人が多いせいか治安の悪さは全く感じられない
自然

イパネマ海岸

晴れていれば夕陽が見れたのに残念!
17:50 - 18:00 移動(車)

移動(車)

イパネマ海岸→ホテル    タクシ-R$13
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(2人の旅行)

  • 移動  599,400円
  • ツアー代 19,800円
  • 宿泊  194,440円
  • 観光  63,000円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計876,640円(一人当たり 438,320円)

旅行記の写真 Pick Up!

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれて

近くの旅スケジュール

レティシアで初めてのアマゾン河クル-ズ体験(コロンビアにて)②

レティシアで初めてのアマゾン河クル-ズ体験(コロンビアにて)②

アマゾンならコロンビアのレティシアと決めていました。コロンビア、ペル-、ブラジルと3国の国境が接する魅力的な町、アマゾン河ツア-では動物や地元のコミュニティの人達と触れ合える等の理由からです

2014 FIFA World Cup Brazil への旅

2014 FIFA World Cup Brazil への旅

2014年ブラジル開催のワールドカップを観戦に行きます! 初めてのブラジル、ポルトガル語は全然わかんないけど、治安は激ヤバだけど(笑)世界中の人と一緒にワールドカップ楽しんできます♪

野心 2014W杯ブラジル大会 観戦

野心 2014W杯ブラジル大会 観戦

FIFAワールドカップ2014 ブラジル大会観戦に行きます。

エルドラド伝説の国 コロンビア・ボゴタ市内散策(♀1人旅)   

エルドラド伝説の国 コロンビア・ボゴタ市内散策(♀1人旅)   

コロンビア8日間の旅  最後にたどりついたのは「エルドラド・・・」 某人気番組の「ミステリーハンター」に迫れるか??

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

レンソイスからリオ✈レティシアのアマゾン河クル-ズで念願のリス猿に囲まれてへのコメント

CЯEAさん  2019/01/13 22:58

コメント今気付いてしまいました。コメントありがとうございます!デカメロンは宿泊の空きがなく、安いホテルに宿泊しそこで手配してもらいました。デイツアーでしたがイスラデミコスも行けて楽しめました!ありがとうございます

nontaさん  2018/12/23 12:14

CᴙEAさん、レティシアのアマゾンクル-ズの旅スケに訪問頂き有難うございます。
アマゾン・クル-ズはレティシア到着後に宿泊ホテルDecameron Decalodge Ticuna(デカメロン・デカロッジ・ティクナ)に入っている旅行社に申込みました。
他のホテルの客もそれぞれの宿泊ホテルで申し込んでデカメロン・デカロッジ・ティクナに朝に集合して出発します。
レティシア到着後で十分にも申し込めます。

CЯEAさん  2018/12/22 19:26

レティシアのリスザルのツアーはどこから申し込まれましたか?ホテルかツアーサイトご存知でしたら教えていただきたいです!

nontaさん  2013/07/22 04:29

のり-たさん、コメントありがとうございます。
サンルイスもBarreirinhasもどちらとも5年前とは随分様変わりしていました。
5年経つと変わってしまうんですね。どうしても以前の風景を求めてしまいます。
タバティンガ港にはマナウス行きだろうと思われる客船が停泊していました。
蓮、小さなカエルに変身して乗ってみたいですね。

のりーたさん  2013/07/22 00:01

楽しく拝見させていただきました!! リオデジャネイロ サンルイス レンソイス そして ボゴタ 私も印象深く感じた風景です。 ボゴタ⇒レンソイス ラン航空も運行しているのですね!! リスザル かわいいですね!! ぬいぐるみみたいですね。 そういえば 大きな蓮(オオオニバス)もありましたよね。 ブラジル マナウスでは 「オニバス」という日本語が バスを意味する「オニブス」に似ているので、現地ガイドさんが「オニブス!」と言っていました。 バスのよう乗ってみたいですが、重量オーバーになるかな?


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

今回の旅の目的
可愛いリスザルと触れ合ったり現地のコミュニティの人たちと触れ合う事が出来るコロンビアのレティシアのアマゾン河ツア-に参加する事。

コロンビアの旅と合わせて「2008年に青いラゴ-アと白い砂丘で感動したレンソイスの光景を今一度見てみたい!」という理由でブラジルもプランに組み込みました。

アマゾン河ツア-ではリスザルが肩や頭に乗ってくれ、手にしたバナナを食べてくれてファッとした手足の感触が何とも心地良くリスザルと触れ合いたいという念願が叶いました。
コミュニティの人たちと一緒にダンスをした事もいい思い出になりました。

レンソイスにおいては今年も昨年と同じく雨季の降水量が少なかった為思ったような景色を見ることは出来ませんでしたがとても懐かしく砂丘とラゴ-アを堪能しました。

南米への旅の際はアメリカからは運賃の割安なアメリカン航空を利用するのがほとんどですが今回はANAのウエブサイトでブラジルのサンルイスまでのチケットが予約購入出来たので利用便全てをスタ-アライアンズ系の航空会社でまとめられ利用合計マイル数が20000マイルとなり一回の旅に付きこれだけのマイルが加算されるのは初めてなのでちょっぴり嬉しくなりました。

新着スケジュール