海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPポルトガルってっどんな国 8泊10日 還暦まじかのおじさん一人旅の旅

ポルトガルってっどんな国 8泊10日 還暦まじかのおじさん一人旅

ユーラシア大陸、西の果てポルトガルのロカ岬へ行ってきました。ポルトガルは物価が安く、治安も良く。料理もボリュームを除けば日本人向きでした。

ポルトガルってっどんな国 8泊10日 還暦まじかのおじさん一人旅
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

ポルトガルってっどんな国 8泊10日 還暦まじかのおじさん一人旅

1日目 2016年09月19日(月)
05:00 - 18:00 自由記入欄

ポルトガル旅行に出発

早朝に羽田空港からシャルルドゴール空港経由でリスボン空港へ
05:00 - 05:30 自宅

自宅

羽田空港までフライトに間に合わせるため贅沢にMKタクシーを利用し旅行開始。スーツケースも楽々移動
07:35 - 17:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エールフランス航空

AF0279便、AF1194便と乗継ぎ、リスボンへシャルルドゴール空港での乗換に十数年ぶりに挑戦 チケットはエールフランスのWEBで購入しました。
夕刻 移動(車)

移動(車)

リスボン空港でホテルまでのタクシーバウチャーとLISBOA CARDを購入し、ホテルへ。 バウチャーを利用したため、タクシー待ちの列には並ぶことなくホテルへ移動しました。€20  タクシー待ちの列には結構並んでいました。 夕方のせいか、空港を出るのには多少時間がかかりました。
夕刻 ぶらつく

ぶらつく

ホテルにチェックイン後、周りの環境を理解するため、周りを散策。やっぱり日の入りは遅かった。現地時間で19:30頃かな(日本との時差は8時間)
食事

食事

夕食はホテルの前に出ている、ホテル経営のレストランでビールとCARNETと呼ばれる日本でいうワンプレーをいただく。鶏肉のソーセージ。
自由記入欄

リスボン 初日の感想

街を少し散策してみましたが、日本人を見かけることは余りありませんでした。EU系の観光客が多く、仏語、独語、ポルトガル語が飛び交っていました。気候は日本よりすごしやすい。 まさに観光地に来た感じ。
2日目 2016年09月20日(火)
自由記入欄

リスボン ベレン地区を中心に観光

トラム15番線を利用し、ベレン地区を観光(発見のモニュメント、ベレンの塔、ジェロニモス修道院)
09:30 - 10:00 人気スポット

フィゲイラ広場

フィゲイラ広場からトラム15番線を利用しベレン地区へ出発。(LISBOA CARDを利用)
ターミナル・駅のりば

リスボン市電

トラム15番線を利用
午前 人気スポット

発見のモニュメント

ネットで確認して知ってはいましたが、本当に工事中でした。しばらく補修工事が続くようです。 「発見の7モニュメント」への入場はできませんでしたが、工事の足場越しに写真撮影はできました。
午前 人気スポット

ベレンの塔

入場には人数制限があるため、観光客が列を作っていました。1時間ほど並び、Liaboa Cardを提示しチケットを入手(無料) 観光の記念にキーフォルダーを購入。
午後 自由記入欄

ジェロニモス修道院

ベレンの塔から徒歩でジェロニモス修道院へ 観光客が入場のため、列を作っていました。 1時間ほどならび入場、観光。 ツアーの方は無料で入場でき、待ち時間の無いサンタ・マリア教会だけを観光していました。 教会にはカモインス、ヴァスコ・ダ・ガマの石棺と美しいステンドグラスがあります。時間がない方には教会だけでもお勧めです。 ジェロニモス修道院散策ののち、有名なパティスド・ベレンでナタを2個買い移動を開始
午後 人気スポット

フィゲイラ広場

トラムが来ないのでバスに乗りフィゲイラ広場へ いったんホテルに帰り、一休みし、ナタ(日本で言うエッグタルト)を昼食代わりにいただく。
19:00 - 20:00 人気スポット

ファド

FADO鑑賞(FADO IN CHIADO) ミニシアターのような感じなところで、静かにFADOを聴きました。ロシオ広場から徒歩で10分ほど。会場は映画館のような感じでした。(€17) FADOには挑戦したいけど、食事とお酒は?という方にお勧めです。FADOをもう少し聴きたい方はFADOレストランで深夜まで・・・・ もちろん、お酒も食事もでません。午後7時開演という早いものでした。
人気スポット

サンタ・ジュスタのエレベーター

サンタ・ジャスタのエレベータでリスボンの夜景鑑賞 FADO鑑賞後、昼間と違い空いているいたので昇ってリスボンの夜景を鑑賞しました。(LISBOA CARDで無料)
人気スポット

ロシオ広場

フィゲイラ広場を散策しつつ、夕食
3日目 2016年09月21日(水)
自由記入欄

シントラ ペナ宮殿、ロカ岬訪問

電車とバスを利用し、ペーナ宮殿、ユーラシア大陸西の果て、ロカ岬に行ってきました。
09:00 - 09:30 移動(電車)

移動(電車)

ポルトガル鉄道を利用し、ロシオ駅からシントラ駅へ。 到着時間が早かったため、駅前でバスを少し待ちました。バス停は割合にわかりずらい。
09:45 - 10:00 移動(バス)

移動(バス)

シントラ駅からペーナ宮殿へ、バスで移動しました。バスはシントラ、ロカ岬、カスカイスを利用できる1日券です。 バスは観光客を乗せて、狭い坂道を登ってペーナ宮殿へ向かいました。 シントラへの到着時間が早いせいで観光客はまばらでした。
10:00 - 13:00 世界遺産

ぺーナ宮殿

ペーナ宮殿前で降り、入場券を購入し入場。 間違って、ガイドツアーにまじってしまい、説明を聞きながらペーナ宮殿を散策。 ツアーバスが到着していない時間帯でしたので、すいていました。お昼頃にペーナ宮殿を出て、シントラ・ビラに移動、王宮を見学し、記念にマルメロのジャムを購入しました。もちろん、ピリキータ・ドイスでケイジャータとトラバセイロを購入、テイクアウトのステムが発券機のシステムが導入されてました。
ぶらつく

ぶらつく

シントラ・ビラを散策 王宮を見学、記念にマルメロのジャムを購入しました。有名なピリキータ・ドイスでケイジャータ、トラヴセイロを購入しいただきました。ここではテイクアウト用に自販機の設備がありました。
移動(バス)

移動(バス)

シントラ・ビラからバスに乗り、ペーナ宮殿を通り、シントラ駅まで移動しました。
午後 建物・史跡

ムーア人の城跡

車窓より見学、バスが一方通行のため、バス停で降りずにシントラ駅に向かいました。
移動(バス)

移動(バス)

シントラ・ビラよりシントラ駅で乗り換えてロカ岬へ シントラ駅でカスカイス行のバスに乗り換え、ロカ岬へ向かいました。ひたすら田舎道をロカ岬に向かいました。全く普通のバスです。
ぶらつく

ぶらつく

ロカ岬 散策 バスでロカ岬に到着、散策し記念の最西端到達証明書をもらいました。
自然

カスカイス

ロカ岬からカスカイスへ移動 403号線のバスでロカ岬からカスカイスへ移動しました。時刻表はありますが、本当にいつバスが来るのかが不安でした。
夕刻 移動(電車)

移動(電車)

カスカイスからリスボン カイス・ド・ソドレ駅へ。
夕刻 食事

食事

リビエラ市場、散策、お土産購入と夕食 リビエラ市場でお土産を購入し、夕食をいただきました。オーダーすると出来上がるまで待ち時間があるので呼び出し用のポケットベルもどきのものを預かりました。チキンのBBQ味のグリルとビール。
移動(電車)

移動(電車)

地下鉄を利用し、カイス・ド・ソドレ駅からロシオ駅まで移動し、ホテルに戻りました。
夕刻 人気スポット

ロシオ広場

自由記入欄

3日目の反省点

ペーナ宮殿、シントラ・ビラ、ロカ岬を訪れるのには、「地球の歩き方」にあるように、個人+半日ツアーの組み合わせがが効率的だと思います。
4日目 2016年09月22日(木)
自由記入欄

アルファ・ペンドーラ AP(特急電車)でポルトへ

ネットで手配したチケットを利用し、ポルトへ移動しました。ネットで事前購入しておくと割安にチケットが購入できます。 一等車の座席には個人専用の席があり、最初の飲み物は無料サービスでした。
08:00 - 11:30 移動(電車)

移動(電車)

リスボン サンタ・アポローニア駅よりAP141号でポルト カンパニャン駅に到着
12:00 - 12:45 食事

食事

有名なカーザ・アレイショでタコ料理をいただく。 お店の開店時間が12時ちょうどなので駅前を散策し、時間調整し入店し昼食をとる。 壁には「手塚さとみ」さんの来店の記念4写真が壁にかかっていました。タコ料理はメイア・ドーゼになっています。
13:00 - 13:15 移動(電車)

移動(電車)

カンパニャン駅からローカル線でサン・ベント駅へ移動しました。
13:00 - 13:00 移動(徒歩)

移動(徒歩)

サン・ベント駅から徒歩でホテルへ到達し、チェックイン。坂道がリスボンより厳しいい。宿泊先のホテルは一般の家を改装し、6室しかない myStay Porto 料理道具が充実していました。 (使いませんでしたが)近くには地元の雑貨店風のお店があり、食料品などが調達できました。
午後 移動(船)

移動(船)

坂道を下って、ドウロ川でてyellow bus主催のドウロ川クルーズ(50分)に参加。クルーズはこのほかの会社のもありました。クルーズの最後に対岸のガイア側で降りることができました。
午後 ぶらつく

ぶらつく

ガイア地区を散策 色々なポートワインのセラーを見学しました。 ポートワインを観光客にいっぱい販売していました。ロープウエイで低所から高所に移動。なかなかの風景でした。
食事

食事

自由記入欄

ポルトの感想

ポルトの感想 坂がリスボンより厳しいです。 道もリスボンより見通しがきかず、わかりずらいと感じました。宿泊先は綺麗でしたが、6室しかない本当に小さなところでした。
5日目 2016年09月23日(金)
09:30 - 18:30 自由記入欄

Braga & GUIMARATES TOURS (現地ツアーに参加 多国籍用)

yellow bus 社の現地ツアーに参加に参加し、ブラガ、ギマラインスを観光しました。(ネット経由で10%割り引から€54)
08:00 - 09:00 食事

食事

食事がないタイプのホテルのため、ツアーの出発地点近くのカフェで朝食。
午前 自由記入欄

ギラマインス

ギラマインスを現地ガイドの案内で散策。ギラマインス城、オリベイラ教会、ブラガンサ侯爵館
食事

食事

フランスパンのハムサンドイッチ
移動(バス)

移動(バス)

午後 自由記入欄

ブラガ

yellow bus 社の現地ツアーに参加しブラガを散策。 ボン・ジェブス(丘の上にあるキリスト教の聖地)、レプブリカ広場、カテドラルなどを現地ガイドとともに散策。
移動(バス)

移動(バス)

キリスト教巡礼の地ボン・ジェズスは見る価値があります。ただ、下から階段を上がってく教会へ行くのはかなり厳しいと思います。我々は観光客なので、教会のそばでバスをおり、階段を下って見学をしました。詳しい解説は「地球の歩き方」にあります。
20:00 - 21:00 食事

食事

ツアーガイドさんのお勧めにしたがって、夕食はリベルターデ広場近くのレストランで「フランセジーニャ」をおいしくいただきました。 カロリーが有りそう。
ぶらつく

ぶらつく

食事後、夜のポルトの町を散策しました。 リスボンと違って静かな感じです。
6日目 2016年09月24日(土)
早朝 自由記入欄

ポルト市内散策とアヴェイロで「モリセイロ」で運河クルーズ

yellow busの「PORT CASTLES」コースで市内見学(風が強く、途中で霧になるという風雨に恵まれました。
09:30 - 11:00 自由記入欄

PORTO VINTAGE(yellow bus) yellow busの「Porto Casteles コース」で海沿いの町並みなどを 観光(1時間30分)

フリースで防寒体制をしていったが、風が強く、途中、霧がでるなど朝方は結構きつかった。解説は日本語で分かりやすかった。ツアーバスは2階建てで、コースは2つ(Porto Casteles, Historical Port€13/Day、€15/2days) ヘッドフォンは無償で提供されます。 私は「ブラガ観光」のおまけで利用でき、無料で2日間無料(yellow bus 社のツアーは日本から予約可能です
11:00 - 12:30 ぶらつく

ぶらつく

ツアーバスを降りたのち、市内を散策し、折角なので地下鉄にも乗ってみました。
午前 移動(電車)

移動(電車)

地下鉄体験 ドン・ルイス一世橋を渡って、ポルト駅地下へ
食事

食事

昼食 ポルト駅のカフェで簡単な食事。 パニーニ風でおいしくいただけました。
午後 移動(電車)

移動(電車)

アヴェイロヘ普通電車で移動 約1時間
13:00 - 15:00 自由記入欄

アヴェイロの「モリセイロ」で運河クルーズ

「モリセイロ」で運河クルーズ(€8) 「モリセイロ」で運河クルーズ記念写真(€5 1時間)とお勧めです。モリセイロ船の出ている、中央運河の所まで歩きましたが、あまり何もない道でした。リスボンへ電車の切符は窓口でしか販売していませんでした。 リスボンまで購入しましたが、当日購入すると普通の価格になります。€35.5 当たり前に到着はAPなのに遅れていました。APへの乗車位置がよくわかりませんでした。
19:00 移動(船)

移動(船)

アヴェイロからリスボンへ移動し、ホテル「LISBOA TEJO」へチェックイン 「LISBOA TEJO」はフィゲイラ広場にあり、隣に雑貨店もあり、朝食のブッフェもよく、スタッフも親切で旅行の基点としてはお勧めでします。 フィゲイラ広場は観光の拠点となっています。
ぶらつく

ぶらつく

ホテルの周り(フィゲイラ広場)を中心に街を散策
食事

食事

アウグスタ通りのお店で夕食
7日目 2016年09月25日(日)
09:00 - 19:00 自由記入欄

yellow bus のファティマ、オビドス、ナザレ、バターリャの1日ツアーに参加

ツアーガイドの案内でファティマ、オビドス、ナザレ、バターリャを観光しました。
午前 移動(バス)

移動(バス)

リスボンからオビドスへ
その他

オビドス

オビドスに到着し、ジンジャー(さくらんぼ酒)とトイレ休憩ののち、サンタマリア教会などを散策。
移動(バス)

移動(バス)

食事

食事

ナザレで魚の煮込み料理で昼食 魚料理は2人前とのことでしたが、お鍋に入っている量がすごくお鍋が持ち上げられないくらいです。昼食は飲み物からデザートまでついた充実したものでした。 メイア・ドーセの言葉が適切だと思いました。
その他

ナザレの街

昼食後ナザレの街を散策。 本当にガイドブックの写真のような風景です。 ただ、ロカ岬と同様に崖の上は風がすごく強い。
午後 移動(バス)

移動(バス)

ナザレからバターリャへ移動
午後 ぶらつく

ぶらつく

バターリャを散策 騎馬像、バターリャ修道院、未完の礼拝堂など
午後 移動(バス)

移動(バス)

バターリャから聖地ファティマへ
午後 建物・史跡

バジリカ

日曜日に訪問したので幸いにもミサを見ることができました。 キリスト教の聖地であるバジリカは荘厳な雰囲気に包まれていました。キリスト教徒ではない自分ですが、この荘厳な雰囲気は味わうことをお勧めします。巡礼者はロウソクをささげるために列をつくり、広場一面にはミサの音楽が流れていました。バジリカの周りにはキリスト教関連商品を扱うお店、巡礼者のためのホテルなどがありました。
夕刻 移動(バス)

移動(バス)

ファティマからリスボンへ移動
食事

食事

リスボンのホテルに戻り、荷物を置き、ロシオ広場に面したレストランで夕食をいただきました。
自由記入欄

ファティマ、ナザレなどバスツアーの感想

現地のバスツアーに参加してよかったと思いました。 この理由は一人旅では移動できないような所を観光できる点です。バジリカノのミサは絶対にお勧めです。本当に心が洗われるような感動を覚えます。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

近くの旅スケジュール

パリからリスボン・バルセロナ1泊2日旅行!

パリからリスボン・バルセロナ1泊2日旅行!

パリ在住中に、地中海都市をちょこっと満喫!

悠久の海 郷愁の邨 リスボン・アレンテージョをゆく

悠久の海 郷愁の邨 リスボン・アレンテージョをゆく

修道院の工事は百数十年かかった。永遠を願う心にとって、むしろ短かすぎる歳月

リスボン一人旅(作成中)

リスボン一人旅(作成中)

街歩きは一人気ままに、夕食は食事仲間募集で集まって楽しく

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ポルトガルってっどんな国 8泊10日 還暦まじかのおじさん一人旅へのコメント

SATOかっちゃんさん  2016/12/30 10:37

私らも還暦記念にバルセロナ・マドリード・リスボン(シントラ・PENA・カシュカイス・ロカ岬)などへ行きました。我々の要望を元にWEB社に企画してもらい、エールフランス機、パリでの乗り換えが特に不安でした。マドリードでは大型バスに二人のみでトレドへ。翌日のプラド美術館もちかちゃんの案内でした。リスボンでは5カ国ほどの観光客で各国語でのガイドでしたが、後方にµ社?まゆみさんが付いてくれました。初めてのポルトガルでしたが、FADOも夜11時まで、哀愁漂う音楽を堪能しました。食事は一人1.5万円ほどかかったかな?


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール