海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その①の旅

年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その①

今年の年末も恒例の海外一人旅に出掛けます。カンボジアのアンコールワット,インドネシアのボロブドゥールと並ぶ世界三大仏教遺跡の一つであるバガン遺跡を中心にミャンマーを巡ります。

年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その①

年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その①

1日目 2018年12月16日(日)
17:12 自宅

自宅

移動(徒歩)

移動(徒歩)

ターミナル・駅のりば

東大総合運動場

17:17 - 17:22 移動(バス)

移動(バス)

東大総合運動場からJR新検見川駅前までは京成バスで向かいます。
ターミナル・駅のりば

新検見川駅/総武線

17:29 - 17:32 移動(電車)

移動(電車)

JR新検見川駅からJR稲毛駅までは総武線の各駅停車で向かいます。
ターミナル・駅のりば

稲毛駅/総武線

17:45 - 18:38 移動(電車)

移動(電車)

JR稲毛駅から成田空港第二ビル駅までは総武線快速電車で向かいます。
ターミナル・駅のりば

空港第二ビル駅/成田線

ターミナル・駅のりば

成田空港(成田国際空港)

第二ターミナル到着後、1FB到着ロビー脇にある外貨両替機で余った外貨紙幣の両替をし、また出国後、61番ゲート近くにある、自動硬貨両替機で今までの海外旅行で余った外国紙幣をICカードにチャージしました。免税店で妻に頼まれた化粧品などを買った後、マレーシア航空のビジネスクラスが使えるカンタス航空のビジネスラウンジへ行きました。
21:40 - 23:59 移動(飛行機)

移動(飛行機) / マレーシア航空

成田空港から乗継地のクアラルンプール国際空港まではマレーシア航空MH71便のビジネスクラスで向かいます。使用機体はエアバスA350-900で、座席番号は11K番でした。
2日目 2018年12月17日(月)
00:00 - 04:35 移動(飛行機)

移動(飛行機) / マレーシア航空

成田空港から乗継地のクアラルンプール国際空港まではマレーシア航空MH71便のビジネスクラスで向かいます。使用機体はエアバスA350-900で、座席番号は11K番でした。
ターミナル・駅のりば

クアラルンプール国際空港(KLIA、セパン空港)

乗り継ぎ時間が4時間35分ありましたので、ラウンジで暫く寛いだ後、ターミナル中のお店ををウロウロして時間を潰しました。
09:10 - 10:15 移動(飛行機)

移動(飛行機) / マレーシア航空

クアラルンプール国際空港からヤンゴン国際空港までは、マレーシア航空MH740便のビジネスクラスで向かいました。使用機体はボーイングB737-800で座席番号は4F番でした。
ターミナル・駅のりば

ヤンゴン国際空港

日本国内やヤンゴン国際空港では円からチャットには両替が出来ませんので、新札のUSDを1,000$分持って行きました。なお、50USD札~100USD札の両替率が良いので、100USD札をメインに持って行きました。USDからチャットへの両替は空港よりホテルの隣にある「WHITE BAY」の方が両替率が良いのでそちらで行いました。
10:45 - 11:45 移動(バス)

移動(バス)

6月から空港アクセスバスが走り始めましたが、タクシーの倍くらい時間が掛るそうですので、市内のホテルまではタクシーで向かいます。料金は定額の9USDです。
12:30 宿泊施設

クローバーシティーセンタープラスホテル

ヤンゴンでのホテルは「クローバーシティーセンタープラスホテル」で、Agoda.comで予約しデラックスツインルーム1泊で4,123円でした。チェックインは14:00~でしたが、既に部屋の準備が出来ているとの事でしたので、部屋に荷物を置いて直ぐにミャンマー最初の市内観光へ出掛けました。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

その他

WHITE BAY

市内観光へ出掛ける前に「WHITE BAY」で両替をします。300USDを両替して465,000Kでした。5,000K札がメインですので、93枚の札束はかなりの量でした。ちょっと金持ちになった気分です。
13:15 建物・史跡

市庁舎

英緬折衷建築の代表作
建物・史跡

元移民局

ヤンゴンに現存する最も古いコロニアル建築の一つ
グルメ

The Manhattan Fish Market

ミャンマー最初の昼食は、中央郵便局にも近い「The Manhattan Fish Market」で「Fish and Chipsの Pacific Cod」を頼んだのですが生憎と品切れとの事で、「Cherry Snapper」、「House Salad」を頂きました。料金は飲み物を含め11,250Kでした。
建物・史跡

中央郵便局

港に面した赤レンガの威容。
14:30 建物・史跡

港湾局

戦争時に爆撃の標的とされながらも奇跡的に残った
建物・史跡

ヤンゴン地裁

アジアで最も美しいコロニアル建築の一つと称えられる
建物・史跡

英領時代のオフィスビル

当時、最もステイタスが高いとされたオフィスビル
建物・史跡

元最高裁判所

赤い時計塔がひときわ目立つ
建物・史跡

独立記念塔

市民の憩いの場となっている緑溢れる公園の真ん中に聳える真っ白な記念塔。
15:00 人気スポット

スーレー・パヤー

ダウンタウンの中心に立地、街のランドマーク
ショッピング

ジャンクションシティー

ボジョーアウンサン市場に隣接する大型のショピングモール。夕食用にモール内のスーパーで食料を買い込みました。
16:05 ショッピング

ボジョーアウンサン市場

イギリス領治下の1926年に建造され、1800店以上が入居するミャンマー最大級のマーケット。今日は月曜定休日ですので雰囲気だけ感じます。
宿泊施設

クローバーシティーセンタープラスホテル

市内観光を終えホテルへ戻りました。明日の朝の空港までのタクシーは、空港からホテルまで乗ったタクシーに頼みました。
3日目 2018年12月18日(火)
06:00 - 06:40 宿泊施設

クローバーシティーセンタープラスホテル

今日はヤンゴンからバガンへの移動日ですので、朝の渋滞を避けるため早めにタクシーで空港へ向かいました。料金は早朝割増しで10USDでした。
移動(車)

移動(車)

07:00 ターミナル・駅のりば

ヤンゴン国際空港

手荷物を預けた後、空港ターミナル1階でモヒンガーの朝食を頂きました。料金は1,500Kでした。
08:30 - 09:50 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア・カンボーザ

ヤンゴン国際空港からバガン・ニャウンウー国際空港まではエアカンボーザK7-242便で向かいます。使用機体はATR72-600で座席番号は8K番でした。航空券の予約は、料金も航空会社へ直接行った場合とほとんど変わらず、また、リコンファームもして貰えるとの事で、サラツアーにお願いしました。料金は128USDでした。
ターミナル・駅のりば

バガン・ニャウンウー空港

バガン・ニャウンウー空港到着後、入域料25,000Kを支払いました。
移動(車)

移動(車)

空港からホテルまでは定額タクシーで向かいました。料金は7,000Kでしたが、小額紙幣の持ち合わせがないとの事で10,000K支払いました。
10:40 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

バガンでの宿泊はニュー・バガンの「ホテルヤダナボンバガン」にしました。Agoda.comで予約し、スーペリア・ダブル1泊朝食付きで3,357円でした。チェックインは14:00からですが既に部屋の準備が出来ているとの事で案内して頂きました。暫く休憩してからホテルの目の前の店でE-bikeを借りて遺跡観光へ出掛けました。料金は二日半借りて15,000Kでした。
自由記入欄

移動(E-バイク)

12:00 自然

Minnanthu Manmade Sunset Hill

ちょっと小高くなった人工の丘からミンナトゥ村を一望できます。
グルメ

Myint Myint Naing

昼食はミンナトゥ村の入口にある「Myint Myint Naing」で、チャーハンと野菜炒めの昼食を取りました。飲み物を含め料金は2,900Kでした。
建物・史跡

ミンナトゥ村/パヤトンズー

チベット風の壁画に注目の寺院。
建物・史跡

ミンナトゥ村/タヨッピエ寺院

細密なレリーフが外壁を彩る寺院。
建物・史跡

ミンナトゥ村/ナンダマンニャ寺院

壁画「マーラの誘惑」で有名な寺院。
14:00 建物・史跡

ミンナトゥ村/バガンビューイングタワー

大小の仏塔が林立するバガン平原を360度にわたって眺望できる展望塔。入場料金は5USDか8,000Kです。
建物・史跡

ミンナトゥ村/タンブラ寺院

壁画に彩られた優美な寺院。
建物・史跡

ミンナトゥ村/レイミャナー寺院

青空に映える白亜の仏塔がある寺院。
建物・史跡

ミンナトゥ村/ダマヤッズィカ・パゴダ

五角形の基壇に立つ大仏塔がある。
16:00 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

ミンナトゥ村での遺跡観光を終え一度ホテルへ戻り、暫く休憩してから市場へ出掛ける事にしました。
ショッピング

Yadana Mart

ニューバガンマーケットの向かいある「Yadana Mart」でお菓子や飲み物を購入しました。
宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

グルメ

Mar Lar Thein Gi Restaurant

夕食はEバイクレンタルショップの奥さんに教えて貰った、ミャンマー料理の美味しい「Mar Lar Thein Gi Restaurant」でエビカレーとトマトサラダ等を頂きました。料金は7,500Kでした。店はNew Bagan Marketの目の前にあります。
18:30 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

4日目 2018年12月19日(水)
08:30 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

ホテルで朝食を食べた後、暫く休憩してから昨日と同じE-bikeを借りて観光へ出掛けます。
自由記入欄

移動(E-バイク)

ショッピング

ニューバガンマーケット

ホテルから数分の所にある地元民のためのマーケットです。ここで探していた「MYIN MO OO」の「TAMARIND FLAKES」を購入しました。10袋ほど入って1,500Kでした。これを2つ購入しました。
09:30 建物・史跡

ニューバガン/ローカナンダー・パゴダ

川岸に立つ黄金の仏塔。
建物・史跡

ニューバガン/ペッレイ・パゴダ

テラコッタで描かれた本生譚がある仏塔。
建物・史跡

ミインカバー村/ソーミィンヂー僧院

バガンスタイルの僧院跡。
建物・史跡

ミインカバー村/ナガーヨン寺院

子どもを守る仏として知られるナーガを祀る寺院。
建物・史跡

ミインカバー村/アベヤダナ寺院

神々が踊る鮮やかな壁画のある寺院。
建物・史跡

ミインカバー村/ナン・パヤー

ヒンドゥー神の優美なレリーフがある。
建物・史跡

ミインカバー村/マヌーハ寺院

囚われの王の悲哀を感じる寺院。
11:40 グルメ

San Thi Dar

昼食は「San Thi Dar」で頂きました。フライドライスとサラダ,タマリンドジュースで5,000Kでした。
建物・史跡

ミインカバー村/グービャウッヂー

バガン仏教芸術の傑作に会える。
建物・史跡

オールドバガン/シュエサンドー・パゴダ

夕日観賞スポットとして大人気。
建物・史跡

オールドバガン/シンビンターリャウン

穏やかな表情の寝釈迦像。
建物・史跡

オールドバガン/ローカテイパン

壁画の美しさはバガン随一。
建物・史跡

オールドバガン/ダヤマンヂー寺院

バガン最大級とされる未完の寺院。
建物・史跡

オールドバガン/スラマニ寺院

回廊の涅槃仏は迫力満点。
14:30 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

今日は朝から若干肌寒く、午後になってから小雨も降り始めましたので、早めにお寺回りを繰り上げてホテルへ戻りました。
17:30 - 18:30 グルメ

Mar Lar Thein Gi Restaurant

夕食は昨日同様「Mar Lar Thein Gi」を訪ね、今日はチキンカレーに空芯菜炒めと飲み物を頂きました。料金は7,000Kでした。
宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

5日目 2018年12月20日(木)
09:00 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

昨日と同じく、朝食を食べてから暫く休憩し、E-bikeを借りて観光へ出掛けます。
自由記入欄

移動(E-バイク)

建物・史跡

オールドバガン/ゴードーパリン寺院

バガンで2番目に高い寺院。
建物・史跡

オールドバガン/ブーパヤー

バガン最古の仏塔。
建物・史跡

オールドバガン/マハーボーディー・パゴダ

大菩提寺を模した珍しいスタイル。
建物・史跡

オールドバガン/シュエグーヂー寺院

テラスからの眺めが最高。
建物・史跡

オールドバガン/タビニュ寺院

バガンで最も高い寺院。
建物・史跡

オールドバガン/タンドーヂャ・グーパヤー

縞模様の大石仏。
建物・史跡

オールドバガン/ピタカタイ

三蔵経を保管した書庫。
建物・史跡

オールドバガン/タラバー門

王都バガンのメインゲート。
建物・史跡

オールドバガン/アーナンダ寺院

バガン寺院建築の最高傑作。
建物・史跡

オールドバガン/バヤーンガーズー仏塔群

多彩な壁画が残る小仏塔群。
建物・史跡

オールドバガン/ウパリ・テン

淡いグリーンの壁画が美しい。
建物・史跡

オールドバガン/ティーローミンロー寺院

屈指の建築美を誇る大寺院。
建物・史跡

ニャウンウー/グービャウッゲー

オリジナルの壁画が見事。
建物・史跡

ニャウンウー/グービャウッヂー

壁を埋め尽くすジャータカは必見。
建物・史跡

ニャウンウー/チャンスィッター窟院

モンゴル人や菩薩図に注目。
建物・史跡

ニャウンウー/シュエズィーゴン・パゴダ

バガンを代表する黄金のパゴダ。
14:00 グルメ

Myint Myint Naing

ニャウンウーからの帰り道で再度「Myint Myint Naing」で昼食を取りました。前回と同じで、フライドライスに空芯菜炒めと飲み物です。料金は5,000Kでした。
14:30 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

予定していたバガンでのお寺回りを全て終えホテルへ戻りました。
自由記入欄

移動(E-バイク)

17:30 グルメ

Mar Lar Thein Gi Restaurant

夕食は定番の店で再度エビカレーと空芯菜炒めにしました。料金は7,500Kでした。食事が終るとスイカをスライスしたものをサービスしてくれました。
宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

6日目 2018年12月21日(金)
06:45 宿泊施設

ホテルヤダナボンバガン

今日はバガンからマンダレーへの移動日です。
06:45 - 07:00 移動(車)

移動(車)

ホテルから空港へは仲良くなったEバイク屋の主人から紹介されたタクシーで空港へ向かいました。料金は8,000Kでした。
ターミナル・駅のりば

バガン・ニャウンウー空港

08:35 - 09:05 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア・カンボーザ

バガン・ニャウンウー空港からマンダレー国際空港まではエア・カンポーザK7-262便で向かいます。使用機体はATR72-600で座席番号は3B番でした。運賃は78USDでした。
ターミナル・駅のりば

マンダレー国際空港

移動(車)

移動(車)

マンダレー国際空港からホテルまでは定額タクシーで向かいました。マンダレー市内まで15,000Kでした。
10:15 宿泊施設

ザ ホームホテル

マンダレーでの宿泊は「ザ ホームホテル」です。Agoda.comで予約し、スーペリア・ダブル1泊朝食付き5,080円でした。チェックインは14:00~でしたが、暫く待った後部屋へ案内されました。ロビーで待っている間にフロント女性から今日以降の予定を聞かれ、明日明後日のチャーター車での観光をアレンジして貰いました。暫く休憩してから徒歩で市内へ出掛けました。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

13:00 ショッピング

キング・ガロン

3代続く家族経営の金箔工房。工房内を見学させて貰った後、金箔加工された土産品を買いました。
13:30 ショッピング

ダイアモンド プラザ

マンダレーの若者に人気の大型ショッピングモール「ダイヤモンド・プラザ」を見て回りました。
14:30 グルメ

KFCマンダレー店

ちょっと遅めの昼食を「ダイヤモンドプラザ」の斜め前にある「KFCマンダレー店」で頂きました。フライドチキン2ピースのセットで4,000Kでした。
宿泊施設

ザ ホームホテル

18:00 グルメ

Shan Ma Ma

夕食はホテルフロントで紹介して貰った「Shan Ma Ma」で頂きました。ここでオーストラリアから来たという親子に出会い、食事をしながら暫く会話を楽しみました。これも旅の醍醐味です。
宿泊施設

ザ ホームホテル

7日目 2018年12月22日(土)
08:30 宿泊施設

ザ ホームホテル

移動(車)

移動(車)

ホテルからボート発着場まではホテルでアレンジして貰ったチャーター車で向かいました。今回のアレンジ代は今日が30USDで明日が35USDです。
08:45 ターミナル・駅のりば

ボート発着場

09:20 - 10:20 移動(船)

移動(船)

ミングォンまでは外国人を対象にしたパブリックボートを利用しました。料金は往復で一人50,000Kでした。チケットは当日ツーリストセンターでパスポートなどを提示する事で購入できます。出発予定は09:00でしたが約20分遅れての出発となりました。
ターミナル・駅のりば

ボート発着場

建物・史跡

ミングォン パヤー

世界最大を目指した未完のパゴダ跡。
建物・史跡

崩れた獅子像

建物・史跡

ミングォン ベル

重さ90tの巨大な鐘。
建物・史跡

シンピューメェ

王妃を偲ぶ白亜のパゴダ。
ターミナル・駅のりば

ボート発着場

12:30 - 13:10 移動(船)

移動(船)

往路は川を遡るために約1時間掛りましたが、復路は川を下るため約40分の所要時間でした。
ターミナル・駅のりば

ボート発着場

移動(車)

移動(車)

午前中に引き続きチャーター車で市内観光をします。
14:00 建物・史跡

旧王宮

ミャンマー最後の王朝の面影を宿す宮殿。外国人旅行者が見学できる場所は限られており、入場も東門だけに制限され、入口でパスポートを提示してチケットを購入する必要があります。入場料はマンダレー入域料を含め10,000Kでした。
建物・史跡

シュエナンドー僧院

繊細な彫像に彩られた美しきチーク造りの建造物。入場料は10,000Kですが、旧王宮の入域料と共通ですので、チケットを提示すれば無料で入れます。
建物・史跡

クトードー・パゴダ

整然と並ぶ白亜の仏塔群。入場料は1,000Kでした。
建物・史跡

サンダムニ パゴタ

経典を刻んだ1774枚の石版がある。
建物・史跡

チャウットーヂー パゴダ

ミンドン王が寄進した仏像がある。
15:45 人気スポット

マンダレーヒル

旧王宮の北側に位置する標高約230mの丘で、マンダレー随一の観光スポット。入場料は1,000Kです。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

宿泊施設

ザ ホームホテル

移動(徒歩)

移動(徒歩)

グルメ

Shwe Let Yar

夕食はホテルから徒歩約5分の「Shwe Let Yar」で頂きました。
宿泊施設

ザ ホームホテル

カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  160,925円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  35,906円
  • 観光  6,586円
  • 食事  7,792円
  • その他 47,147円

合計258,356円(一人当たり 258,356円)

旅行記の写真 Pick Up!

年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その① 年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その① 年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その①

近くの旅スケジュール

1、ヤンゴン 23th-25th Nov 2016年 香港経由 ミャンマー

1、ヤンゴン 23th-25th Nov 2016年 香港経由 ミャンマー

8月25日バガン大地震発生 バガン?どこ?またイタリア? ミャンマーか~ 調べよ~っと

年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その②

年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その②

今年の年末も恒例の海外一人旅に出掛けます。カンボジアのアンコールワット,インドネシアのボロブドゥールと並ぶ世界三大仏教遺跡の一つであるバガン遺跡を中心にミャンマーを巡ります。旅スケジュールはその①を!

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

年末恒例海外一人旅!この冬は行けそうで行けないミャンマーを巡ります。その①へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール