海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。の旅

ちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。

航空券を検索してみたら、安めのチケットを発見! 一度行ってみたかった北米のフランス語圏、ケベック州へ。落ち着いた人々と街並みが印象的でした。日本から、思ったよりもサクッと行けますよ!

ちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

ちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。

1日目 2017年09月22日(金)
宿泊施設

オタワ ジェイル

前日夜に日本から到着。もとは監獄だったというホステル。当時の雰囲気を生かしていて、おもしろい!
移動(自転車)

移動(自転車)

ホステルで自転車を1日借りる。C$20程度。これで市内の足は確保できた。坂の少ない街で自転車は快適。
その他

観光案内所

まずは観光案内所へ立ち寄り、国会議事堂のガイドツアーを予約。朝一番で行く必要があります。
移動(自転車)

移動(自転車)

国会議事堂の前を、西へまっすぐ10分弱。
美術館・博物館

カナダ戦争博物館

首都オタワは、博物館が充実。ここは英仏の植民地時代以来の展示が充実。
美術館・博物館

カナダ歴史博物館

オタワ川の対岸。先住民族のトーテムポールから、カナダ成立、現代のケベック独立問題まで、幅広い展示。
建物・史跡

国会議事堂

ガイドツアーに参加。若い黒人女性ガイドの、控えめでユーモアあふれる説明に、カナダらしさを感じる。
世界遺産

リドー運河

国会議事堂の脇に、リドー運河の出口がある。今も手動で閘門を動かすのを見られた。
ショッピング

バイワード・マーケット

静かなオタワの街で、にぎわう一角。周辺のお店も楽しい。
グルメ

ビーバー・テイルズ

ビーバーの尻尾、という名の名物ペストリー。これはオタワ名物だ!
移動(自転車)

移動(自転車)

リドー・ホールまでは自転車で10分強。
建物・史跡

リドー・ホール(総督公邸)

カナダ総督公邸。広々とした敷地は出入り自由。クリケット場もあった。
建物・史跡

ノートルダム聖堂

青い聖堂内が美しい。
移動(バス)

移動(バス)

宿へ戻って自転車を返し、オタワ駅へ。
夕刻 ターミナル・駅のりば

VIA鉄道 オタワ駅

街外れにあるVIA鉄道の駅。
移動(電車)

移動(電車)

VIA鉄道の東部幹線区間。短い編成でしたが、席は埋まっていました。
ターミナル・駅のりば

VIA鉄道 モントリオール中央駅

夕暮れから夜にかけて走る列車は、モントリオールの高層ビル街にある駅へ。
宿泊施設

HOTEL VIGER DOWNTOWN MONTREAL

オタワをたっぷり見て、モントリオールのバスターミナルと旧市街の両方へ出やすい安宿へ着き、1日が終了。
2日目 2017年09月23日(土)
宿泊施設

HOTEL VIGER DOWNTOWN MONTREAL

簡素な朝食付きで良心的。
その他

ジャック・カルティエ広場

ホテルから歩いて到着。旧市街探訪を開始。
建物・史跡

モントリオール市庁舎

美しく威厳のある建物。
建物・史跡

ノートルダム大聖堂

モントリオールの象徴。青さが美しい。ショップでカードを買った。
美術館・博物館

シャトー・ラムゼイ博物館

こぢんまりとしつつも、モントリオールの歴史を知ることができる、充実した展示。
その他

ボンスクール・マーケット

おしゃれなお店が多い。
建物・史跡

ノートルダム・ド・ボンスクール教会

併設されたミュージアムもよい。
美術館・博物館

ポワンタ・キャリエール考古学歴史博物館

充実した展示。マルチメディアシアターの日本語音声ガイドもよかった。
美術館・博物館

モントリオール歴史センター

それほど大きくないけれど、丁寧さを感じる展示の歴史博物館。
移動(船)

移動(船)

旧港からフェリーでセントローレンス川を渡り、サンテレーヌ島へ。
美術館・博物館

サンテレーヌ島

ここはセントローレンス川の中州。森の中をビオスフィアまで歩いて行ってみた。
移動(電車)

移動(電車)

地下鉄はゴムタイヤ。パリのような、札幌のような雰囲気。
その他

オリンピック公園

ナディア・コマネチがスターとなったモントリオール五輪会場。今はなき大リーグ、モントリオール・エクスポズの本拠地でもあった場所。
移動(電車)

移動(電車)

地下鉄で市内中心へ戻る。
グルメ

カルティエ・ラタン

昼下がりのカルティエ・ラタン。レストランやバーがにぎわい始めていた。ゆっくり歩いてみた。
建物・史跡

プラトー・モン・ロワイヤル

住宅街の中に、いいお店が点在するエリア。モントリオールでこの界隈はお勧め!
グルメ

シュワルツ

モントリオール名物、スモークト・ミート。オールド・ファッションドな雰囲気を残しているのもいい!
夕刻 ショッピング

サント・カトリーヌ通り

高層ビルの中にある目抜き通り。
移動(バス)

移動(バス)

モン・ロワイヤル駅から市バス#11。
その他

モン・ロワイヤル公園

丘の上から、モントリオールの夜景を見る。
建物・史跡

聖ジョゼフ礼拝堂

聖ジョゼフ礼拝堂は広くて、信心深い人がお祈りしていた。
宿泊施設

HOTEL VIGER DOWNTOWN MONTREAL

朝から晩まで歩きづくし、モントリオールでの長い1日が終了。もっと過ごしたい街と感じた。
3日目 2017年09月24日(日)
宿泊施設

HOTEL VIGER DOWNTOWN MONTREAL

移動(バス)

移動(バス)

バスディーポからケベックシティ行きバスに乗車。
ターミナル・駅のりば

VIA鉄道 パレ駅(ケベック駅)

ケベック、鉄道駅併設のバスターミナルへ到着。
世界遺産

ケベック歴史地区(ケベック歴史地区)

鉄道駅から、旧市街の丘が見えた。ここが北米の城塞都市、ケベックシティか!
建物・史跡

ノートルダム大聖堂

さっそく歩き始め、旧市街の真ん中へ。教会で椅子に座ると落ち着く。
美術館・博物館

北米フランス博物館(ケベック神学校跡)

フランス文化の薫るケベックらしい博物館。学校に併設されていて、いい雰囲気。
建物・史跡

ホーリイトリニティ教会

フランス文化のケベックにも、英国国教会がある。
その他

トレゾール通り

小道に画家の絵が並ぶ。
美術館・博物館

要塞博物館

ケベックを舞台に行われた英仏の戦いを展示。ちょっと手作り感を感じるジオラマに温かみがある。
建物・史跡

フニキュレール

これは年代もの。古い街に似合う。
美術館・博物館

文明博物館

なかなか大きな博物館。フランス人がやってくる前の先住民族の文化についての展示も見ごたえがある。
その他

ダルム広場

旧市街を訪ねてきた、多くの観光客でにぎわっていた。
夕刻 世界遺産

テラス・デュフラン

フェアモント・ル・シャトー・フロントナックの前に広がるテラス。高台からセントローレンス川を望める。
建物・史跡

戦場公園

英仏の戦いが行われた、ケベック人には忘れられない場所。今では野原のよう。
グルメ

グランダレ通り

新市街の広々とした通りで夕食。
宿泊施設

Auberge St-Louis

旧市街のカジュアルなオーベルジュで宿泊。
4日目 2017年09月25日(月)
宿泊施設

Auberge St-Louis

早朝 移動(バス)

移動(バス)

モンモランシーへ行くバス#800に乗車。
自然

モンモランシー滝

セントローレンス川へ注ぐ滝。朝早くから訪ねた。
移動(バス)

移動(バス)

バスで市内へ。旧市街へ戻り散策。
建物・史跡

ロワイヤル広場

ロウワー・タウンへ。
建物・史跡

勝利のノートルダム教会

品のいい教会。北米最古の教会とはすごい。
ショッピング

プチ・シャンプラン地区

お店でにぎわう。軽食を食べた。
宿泊施設

フェアモント・ル・シャトー・フロントナック

ホテル内のガイドツアーに参加。案内人がホテルに住む幽霊という設定でおもしろい。
美術館・博物館

シタデル

セントローレンス川を行き交う水運の要衝、ケベックの要塞。軍事関連の博物館もよかった。
夕刻 ターミナル・駅のりば

VIA鉄道 パレ駅(ケベック駅)

駆け足だったけど充実した街歩きは終了。列車でモントリオールへ向かう。仮眠した後、早朝便で米国経由で弾丸帰国。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  18,000円
  • ツアー代 2,000円
  • 宿泊  17,000円
  • 観光  13,000円
  • 食事  8,000円
  • その他 3,000円

合計61,000円(一人当たり 61,000円)

旅行記の写真 Pick Up!

ちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。 ちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。 ちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。

近くの旅スケジュール

オタワ

オタワ

仕事

2014F1 カナダGP観戦 -2014 Rd07 & ナイアガラの滝観光

2014F1 カナダGP観戦 -2014 Rd07 & ナイアガラの滝観光

FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2014 F1カナダGP観戦と、ナイアガラの滝 観光 2014/6/5~6/10

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

ちょっと弾丸。オタワIN、ケベックシティを目指して、せっせと進む旅。へのコメント

hevvoさん  2018/03/23 01:49

kayakさん、こんばんは!
ビーバー・テイルズおいしかったです! お腹いっぱいになりましたよ。
食べていて楽しい気持ちになりました!

こちらにクチコミもアップしましたので、よろしければご覧ください!
http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/120257/

kayakさん  2018/03/22 16:39

ビーバー・テイルズ美味しいですよね!結構大きくって、食べ応え抜群だった想い出が蘇ってきました(笑)


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール