海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2018 GW イラン周遊個人旅行の旅

2018 GW イラン周遊個人旅行

シラーズ・ヤズド・イスファハン・テヘランに加え、どうしても行きたかったマシュハドへ。

2018 GW  イラン周遊個人旅行
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

2018 GW イラン周遊個人旅行

1日目 2018年04月27日(金)
自宅

自宅

移動(バス)

移動(バス)

19:00 ターミナル・駅のりば

新千歳空港(千歳空港)

20:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 日本航空

21:30 その他

羽田空港国際線ターミナル

国際線ターミナルに移動。
2日目 2018年04月28日(土)
00:01 移動(飛行機)

移動(飛行機) / カタール航空

A350-900 約11時間のフライト。飛行機移動で悩まされる乾燥がもほとんどなく快適!
06:00 ターミナル・駅のりば

ドーハ国際空港

08:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / カタール航空

11:35 ターミナル・駅のりば

エマーム・ホメイニー国際空港

さほど混んでいなかったけどアライバルビザ取得に約1時間かかりました。 保険料16ドル+ビザ代72ドル(60ユーロと言われたがドルでOK) 難なく発給されて入国審査に向かう途中パスポート確認するとビザが貼られていない!慌てて戻ると「エレクトロニックだ」と・・・。シールのビザ欲しかったぁぁぁ。こんなんなら日本で申請していくんだった。むしろ安いし。
自由記入欄

空港で両替

※同じ飛行機に乗ってきた日本人の方から「最近街中の両替所がすべて閉鎖されている」との情報。まさかと思ったが、ほんとに開いてなくて、足りない分は結局街の銀行(外貨両替はMelli Bankのみ)で両替。イスファハンで宿泊した中規模ホテルでも両替はしてくれたが多分ご厚意。 ※現地SIM買おうとしたがカウンターはあるのにSIMはCityCenterに行かないとない、と言われ買えなかった。
13:30 移動(車)

移動(車)

シラーズに向けて国内線に乗るので、メヘラーバード空港まで移動。 初日なので公共交通機関は避けてタクシーで移動。料金は均一78万リヤル(うろ覚え)。
14:00 ターミナル・駅のりば

メヘラーバード国際空港

あっという間に到着。
食事

食事

18:25発の飛行機まで時間をつぶす。 空港内のレストランで食事。
21:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / イラン・アーセマーン航空

イラン国内線と初日のホテルは日本で手配。 18:25発の予定が2時間近く遅延。イランの国内線は遅延もキャンセルも日常茶飯事ですと言われていたが・・・。 最近墜落事故を起こしたばかりの航空会社で機材は昭和感漂うシートのFOKKER100。落ちないことだけを祈ってましたw
22:30 ターミナル・駅のりば

シーラーズ国際空港

移動(車)

移動(車)

街中のホテルまではタクシーで20万リヤル。 タクシーブースがあり先払い制でした。
23:00 宿泊施設

Lotf Ali Khan Hotel

1泊1万円。 このグレードにしては高かったが代理店に頼んだことを考えると仕方なし。 街歩きには便利です。
3日目 2018年04月29日(日)
宿泊施設

Lotf Ali Khan Hotel

09:00 建物・史跡

マスジェデ・ナスィーロル

ステンドグラスからの光で有名なモスク。 観光客だらけ。
ぶらつく

ぶらつく

バザールでチャードル購入
建物・史跡

アリー・エブネ・ハムゼ聖廟

内部は鏡のモザイク張りでキラキラの聖廟。 チャードル必要だがイランのすべての聖廟には貸し出し用チャードル完備。ガイドのムスリム女性と一緒に見学し、最後にはお茶とクッキーもいただける。無料!
建物・史跡

マスジェデイェ・ハーン

入口でおじさんに10万リヤルと言われて払うが、実は無料。だまされた・・・。やけに周りを気にしてたもんな。
食事

食事

イラン国内はどこでもそうですが、レストランが少ない!街歩きの途中でふらっと・・・というわけにはいきません。ようやく見つけた地元の食堂でケバブとライスのセットを食べる。
建物・史跡

マスジェデ・バキール

入場料はどこもたいてい20万リヤル
宿泊施設

Lotf Ali Khan Hotel

ホテルで休憩
建物・史跡

シャー・チェラーグ廟

外国人は入口で止められ、ガイドとともに入場。ガイド付きだと鏡張りキラキラの廟内には入れません。
食事

食事

シャー・チェラーグ廟の参道にある軽食屋でハンバーガー。
宿泊施設

Lotf Ali Khan Hotel

4日目 2018年04月30日(月)
宿泊施設

Lotf Ali Khan Hotel

ホテルをチェックアウトしてペルセポリスへ。
09:00 移動(車)

移動(車)

流しのタクシーをつかまえて交渉。 シラーズ→ペルセポリス(2時間)→ナグシェ・ロスタム→シラーズバスターミナルで35ドル
10:00 世界遺産

ペルセポリス(ペルセポリス)

ガイドもいないので案外さらっと見終わる。2時間でちょうどよかった。
12:30 建物・史跡

ナグシェ・ロスタム

イラン版王家の谷。レリーフは見ごたえあり。
移動(車)

移動(車)

次の訪問地、ヤズドまではバスで移動予定。しかし、タクシーに乗ってる間中、シラーズに1時間かけて戻ってヤズドまでバスは時間の無駄だからこのままタクシーに乗っていけと営業される。ペルセポリス往復分も含めて最初は100ドルだったが最後は80ドルまで値下げされた。 でもバスに乗ってみたかったのでお断り。
ターミナル・駅のりば

カランディーシュ・バスターミナル

14:30 移動(バス)

移動(バス)

ヤズドまでVIPバスで約7時間。36万リヤル。 座席間隔も広いし、背もたれも深く倒れて快適!
ターミナル・駅のりば

ヤズド・バスターミナル

移動(車)

移動(車)

ホテルまでタクシー移動
宿泊施設

Kohan Hotel

ホテルに直接メールで予約。 邸宅を改装したホテル。リーズナブルで雰囲気も最高。宿泊客は中庭でお茶を自由に飲める。
食事

食事

ホテルの中庭のレストランで夕食。DIZIという伝統料理がおいしかった!
5日目 2018年05月01日(火)
宿泊施設

Kohan Hotel

イランのホテルはすべて朝食込みでした。
ぶらつく

ぶらつく

ヤズドの旧市街は独特の雰囲気。 さまよっているだけでも楽しい。
建物・史跡

マスジェデ・ジャーメ

正面以外の入口から入ると無料で入れる、との情報もあり、確かに入れてしまうが係員に声を掛けられ気まずい思いをする。 20万リヤルの価値はあるので素直に正面から入りましょう。
グルメ

Art House

旧市街のギャラリー兼カフェ。軽食も食べられ、イランらしからぬ美味しさ。
ぶらつく

ぶらつく

モスクでゴロゴロしたり、バザールを物色したり。
建物・史跡

アミール・チャグマーグのタキイェ

外観のみ。
移動(車)

移動(車)

旧市街で流しのタクシーをチャーター。 沈黙の塔→FireTemple→旧市街で20万リヤル
17:00 建物・史跡

沈黙の塔

タクシーの待ち時間40分で2つの塔に登頂。
移動(車)

移動(車)

建物・史跡

ゾロアスター寺院アーテシュキャデ

聖火の他には小さな博物館があるが、30分あれば十分。
移動(車)

移動(車)

宿泊施設

Kohan Hotel

ホテルでお茶休憩
19:30 グルメ

Termeh Toranj

邸宅を改装したレストラン。観光客でにぎわってました。ホテルから徒歩5分ほど。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

建物・史跡

Imamzadeh Jafar

同じホテル宿泊中の方に教えてもらった、鏡モザイク張りのキラキラの聖廟。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

この日はちょうどシーア派のお祭りの日。街を歩いていると、道端でお菓子やスープなどが道行く人にふるまわれていて、観光客の私たちも何度かいただきました。
宿泊施設

Kohan Hotel

6日目 2018年05月02日(水)
09:30 宿泊施設

Kohan Hotel

10:00 ターミナル・駅のりば

ヤズド・バスターミナル

旧市街のホテルからは流しのタクシーで10万リヤル
13:00 移動(バス)

移動(バス)

イスファハンに移動。午前中のバスに乗るつもりがバスターミナルに行ってみると次にチケットが取れるのは13時だと言われ3時間も待つ羽目に・・・。25万リヤル。
18:30 ターミナル・駅のりば

Kaveh Bus Terminal

移動(車)

移動(車)

宿泊施設

Venus Hotel

イランには珍しくBooking.comで予約できたホテル。ツインで100ドル。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

世界遺産

イスファハンのイマーム広場(イマーム広場)

アーケード街にたくさんある敷物屋で更紗の敷物を購入。地元民にならってイマーム広場で敷物引いてゴロゴロ。
グルメ

Bastani

ここでも伝統料理のDIZIを注文。
建物・史跡

スィーオセ橋

川に水は全くなし。でも橋だけでもいい雰囲気。
宿泊施設

Venus Hotel

7日目 2018年05月03日(木)
宿泊施設

Venus Hotel

建物・史跡

チェヘルストゥーン宮殿

世界遺産

イスファハンのイマーム広場(イマーム広場)

マスジェデ・エマーム、マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー、アーリーガープー宮殿を見学。1ヵ所ずつ入場料払うと案外お金が減っていく。
食事

食事

マスジェデ・ジャーメへ行く道すがらバザール内の食堂で、ケバブとライスのセット。
世界遺産

マスデジェデジャーメ

エイヴァーン、柱、ミフラーブなど見ごたえあるマスジェド。
移動(車)

移動(車)

建物・史跡

ヴァーンク教会

ここだけ入場料が高め。30万リヤル。
お茶

お茶

雨が降ってきたので教会近くのカフェでお茶。
移動(車)

移動(車)

宿泊施設

Venus Hotel

ホテルで荷物引き取り。フロントでドルの両替を頼むとどこかに連絡をしてからやってくれた。
移動(車)

移動(車)

ホテルで頼んだタクシーで空港へ。街中からは30分弱。25万リヤル。
18:30 ターミナル・駅のりば

イスファハン空港

19:55 移動(飛行機)

移動(飛行機)

Qeshm Airlinesというイランの航空会社。マシュハド便は他にも多数あったが、旅行代理店で頼んだ時にはここしか空席がなかった。
21:30 ターミナル・駅のりば

マシュハド国際空港

移動(車)

移動(車)

イランで唯一見たメータータクシー。ハラム近くのホテルまで15万リヤル程度。
22:20 宿泊施設

Noor Hotel

旅行代理店に手配してもらったホテル。1泊9800円。
23:00 移動(徒歩)

移動(徒歩)

夜のハラムへ。異教徒は時間が決められていて夜は入れないとのことだが、全身黒づくめにチャドルはおってとりあえず行ってみる。
深夜 建物・史跡

イマーム・レザー聖廟

スマホと小銭のみ持って荷物検査場に入るとあっけなくクリア。イスラムの流儀にしたがった恰好だと特に気にも留められないようです。 場内は深夜だというのに人・人・人。
宿泊施設

Noor Hotel

カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

2018 GW  イラン周遊個人旅行 2018 GW  イラン周遊個人旅行 2018 GW  イラン周遊個人旅行

近くの旅スケジュール

夫婦二人でのんびりとバンコク(4泊5日)

夫婦二人でのんびりとバンコク(4泊5日)

リバーサイドホテルでのんびりしながら、適度に名所を見学

2017.5月 Peach弾丸 羽田空港野宿からの一人台北0泊2日の旅

2017.5月 Peach弾丸 羽田空港野宿からの一人台北0泊2日の旅

LCC Peach弾丸台北日帰りの旅 羽田空港前乗り野宿+Wifi契約なし。東門市場と青田街を巡る

*空は今日もペールグレー* べルリンより旧東独地域を7泊で巡る①

*空は今日もペールグレー* べルリンより旧東独地域を7泊で巡る①

母の49日後に海外旅行に出るつもりが、(初産の)娘に早産の可能性がと脅され9日後の航空券を急遽購入。 カナリ行き当たりバッタリの一人旅。

スペイン&フランスのバスク&聖地ルルドへの旅

スペイン&フランスのバスク&聖地ルルドへの旅

美食と太陽と安らぎを求めて再びバスクへ。ついでに「万病が治る」地ルルドにも行きます

ウィーン,ブダペスト,スイス ~ヨーロッパの歴史と夜行列車と大自然山歩き~

ウィーン,ブダペスト,スイス ~ヨーロッパの歴史と夜行列車と大自然山歩き~

ウィーンをゆったり3日間、ブダペストで夜景を堪能。寝台列車でスイスに移り、山巡り。・おまけでトランジッドのパリ日帰り観光付・ウィーンは8年前に下見済。欲張りだけど、ゆったりな自由旅。

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

2018 GW イラン周遊個人旅行へのコメント

azaz3917さん  2018/06/02 18:47

masakazuさんこんにちは!
私もイランはハードルが高いと思っていたのですが、日本で手配できる部分も多いし、逆に旅行しやすい国でびっくりしました。
機会があればぜひ行ってみてください!

masakazuさん  2018/05/31 18:59

これは美しいですねー。イランはなかなかハードルが自分には高いですが行きたくなりました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール