海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズの旅

2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズ

英国長期滞在経験のある旧友を誘い、小学生の次男を連れて、5年ぶりの英国へ!

2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズ

2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズ

1日目 2018年08月03日(金)
自宅

自宅

移動(バス)

移動(バス)

最寄り駅までGO!
移動(電車)

移動(電車)

最寄り駅からJRと私鉄を乗り継ぎ
10:00 ターミナル・駅のりば

羽田空港(東京国際空港)

荷物を預けて、いざ出国!
11:35 - 16:10 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 全日空

NH211にてヒースローへ
16:10 ターミナル・駅のりば

ロンドン・ヒースロー空港

5年ぶりの英国!入国後はレンタカーエリアへ
17:00 ターミナル・駅のりば

ハーツ ロンドンヒースローエアポート

事前に予約し、必要な情報を登録してあるので、手続きは非常にスムーズでした。初めてレンタルしてつながるか不安だったWi-Fiも簡単につながり、ナビのセッティングをして、出発!
18:00 移動(車)

移動(車)

タブレットのグーグル・マップをナビのお陰で道順はわかるのですが、運転に慣れるまで高速道路を低速で一番左側の車線を走っていると、いつの間にかジャンクションで高速を降りては、先のラウンドアバウトで元に戻ったり等を繰り返したため、約200㎞の距離を3時間近くかけて走りました(汗)。
20:50 宿泊施設

ホリデイ・イン エクスプレス オールドベリー

それでも、無事に到着!機内で眠っていたので、眠気はそれほどではありませんが、疲労困憊。すぐにシャワーを浴びて眠りました。
2日目 2018年08月04日(土)
宿泊施設

ホリデイ・イン エクスプレス オールドベリー

時差ぼけで2時間ごとくらいに目が覚めてしまいますが、疲れと日本の熱帯夜から解放されたお陰で比較的よく眠れました。 朝食は7時から。ビュッフェなので、好きなものだけ好きな量で食べられて気が楽です。ホットミールもあるし、味もまあまあです。
08:30 移動(車)

移動(車)

Jones the Boatを目指して出発!ナビは10時に着くと言いますが、120㎞くらいあるのです。予想通り、2時間くらいかかりました。
10:40 建物・史跡

Jones the Boats

11時のボートツアー(メールで予約しておいた)の受付を済ませ、ついでに売店でキーホルダーなどを購入。料金は大人£7.5、子ども£5.5。出発地点の写真を撮る。ポツポツとツアー参加者が集まってきて、11時ちょっと過ぎに出発。歩くくらいの速さで進むので、ボートは片道で、帰りは歩いても良かったかなという感じ。でも、のんびりと景色を眺められるので、とってもリラックスできます。予定通り、45分ほどで帰着。
12:15 移動(車)

移動(車)

地図を見ながら、橋を下から撮影できる地点に車で行き、写真を撮ってから、次男のお楽しみ、遊園地へゴー!途中に、高速の料金所があってびっくり!帰国して調べたらM6だけにあるそうで。何とか通過できました(汗)。
14:30 - 18:00 遊園地・テーマパーク

Drayton Manor Theme Park

昼食のむやみにでかいパンとソーセージだけのホットドッグを食べ、1時間以上並んで水しぶきを上げるコースターに乗る。2回も水をかぶるので、パンツも靴の中もグチョグチョ。でも、空気が乾燥しているので、閉園頃には車に乗れるくらい乾いていました。良かった。
夕刻 移動(車)

移動(車)

濡れたし、疲れたしで食欲なく、ホテルに帰る途中の中華のテイクアウェイで夕飯を買うことに。ところが、急に右折してきた車がいて、急ブレーキ。チキンカレーがひっくり返り、車のマットが汚れてしまった!幸い、ウェットシートできれいになり、臭いも残らず胸をなで下ろしました。
19:30 宿泊施設

ホリデイ・イン エクスプレス オールドベリー

カレーは食べられなくなったけど、チャーハンが残ったので、二人で食べる。量が多くてちょうど良かった。交通事故にならなくて良かったと考えようねと話す。シャワーを浴びて、すっきりして就寝。
3日目 2018年08月05日(日)
宿泊施設

ホリデイ・イン エクスプレス オールドベリー

相当疲れていたようで、なぜか目覚まし時計の時間がずれていたこともあり、起きたら7時17分!次男を起こして、超ダッシュで朝食、荷造りしてチェックアウト。
09:00 移動(車)

移動(車)

気づいたらガソリンが半分以下に。ホテルの隣のスタンドで給油してから、友人と待ち合わせのブリストル駅へゴー!
10:30 ターミナル・駅のりば

Bristol Temple Meads 駅

予定通りの時間に、無事にブリストル駅に到着。地図にあったとおり、送迎車を一時的に駐車できるスペースがあり、駐車して駅へ向かう。パディントンからの列車が到着するのは55分くらい。次男がトイレに行きたいと言うので、駅でトイレを借り、WHSmith前で待っていると、友人が来ました!
11:15 移動(車)

移動(車)

荷物を積んで、トイレを済ませ、セント・マイケルズ・マウントを目指して出発!
13:00 食事

食事

あまりおなかがすかないので、途中のサービスエリアでサンドイッチと飲み物などを買い、ベンチで食べる。
移動(車)

移動(車)

ブリストル駅からマラジオンホテルまでは300㎞。この旅行の中で一番長い移動であり、ナビは3時間半との表示ですが、やはり休憩込みで5時間くらいかかってしまいました。でも、たっぷりに睡眠のお陰で、無事に到着。
16:45 建物・史跡

セント・マイケルズ・マウント

先にホテルにチェック・インをして、支度をしてから出かける。予定では1時間前に到着して、ボートで渡ろうとしたのが、すっかり潮が引いて、大勢の人がゾロゾロと山に向かって参道を歩いているのが見える。こんなに人が多いなら、船の順番を待っていても結局は引き潮の時間になったかなとも思いました。修道院だった建物は17時で閉まってしまったので(ガーデンは元々クローズ)、建物の周囲やお土産屋さんを覗いたりする。
夕刻 ぶらつく

ぶらつく

次男が海で水切りをした後、夕食の19時15分まで時間があったので、マラジオンの町の中も少し歩く。あまりにも暑いので、お店でジュースを買って飲みながら、人名しりとりをしながら、歩く。
宿泊施設

Marazion Hotel

ホテルの立地がいいので、レストランもお客さんでいっぱい。給仕係の人たちもてんてこ舞い。次男はキッズミールのトマトスパゲティー、私たちは「サンデーロースト」のチキンを注文。やはり量は多かったけど、グレービー・ソースが美味でした。
4日目 2018年08月06日(月)
ぶらつく

ぶらつく

朝食前に海岸まで散歩。またまた引き潮で景色が昨日と同じだけど、満ちてきているようなので、出発前にもう一度見に来ることに。次男はまた水切りに挑戦。
08:00 宿泊施設

Marazion Hotel

コーニッシュブレックファーストのハーフポーションを注文したのですが、「これでハーフ?」って感じで、イングリッシュブレックファーストにさらに太いウィンナーの輪切りみたいなのまで加わって、もう、本当に味は悪くないけど残してしまいました。
10:00 移動(車)

移動(車)

チェックアウトして、もう一度セント・マイケルズ・マウントの満ち潮の写真を撮ってから、ランズエンドを目指して出発。
午前 自然

LAND'S END

ブリテン島の果ては、想像では荒涼としたものでしたが、お天気が良く、観光客も多く、お土産屋さんやレストランなどの設備も整っていて、とてものんびりした雰囲気でした。次男もプレイグラウンドで遊べて、ちょっと発散。
午前 移動(車)

移動(車)

マラジオンホテルからランズエンドまでは22㎞。ランズエンドからセントアイブズまでは30㎞。
その他

セントアイブズ

とても人気のある観光地のようで、町の中心から離れた場所にものすごく広い駐車場があり、そこも車でぎっしり。何とか停める場所を探して、歩いてバーナード・リーチの工房へ。見学した後、ランチを食べに町の中心へ歩いて行くと狭い路地にすごい人。鎌倉のようでした。
14:00 食事

食事

ティールームを探して、サンドイッチやスコーンで昼食。暑いのでアイスティーを飲む。湿度が低いので戸外はそうでもないけど、建物や乗り物に冷房がないのが辛い。うっかり、上着を店に忘れてしまい、シャトルバスで駐車場に戻ってから気づく。車で取りに行くことに。
移動(車)

移動(車)

狭い一方通行の路地を何とか店の方に行き、友人が上着を取ってきてくれて、ウェイマスに向かって出発する。ここから270㎞。でも、景色がいいので、高速道路より気分よくドライブできます。
19:15 宿泊施設

Regency House Hotel

やって来ましたドーセット!本当は18時までにチェックインするホテルなのですが、19時にリクエストしておいたので、遅れてくると思ってくれていたのか、宿のおばさんが待っていてくれていました。(通いのようです。)宿に駐車場はなく、近くの駐車して良い道路に停めるという方式。駐車場所を探すのが大変でした。
20:00 食事

食事

暑さと疲れで食欲はないが、夜中や朝方にお腹が空いて目が覚めるのが嫌なので、おばさんに軽食をとれるところを訊く。ケンタッキーとマックを教えてもらい、ケンタッキーで済ませる。
5日目 2018年08月07日(火)
08:30 宿泊施設

Regency House Hotel

朝食はイングリッシュブレックファーストだけど、細かく注文できるので、食べたいものだけを選ぶ。朝食を作るのはおばさんで、注文を取るのは手伝いの若い女の子。ホテルという名前のB&Bです。
10:00 移動(車)

移動(車)

朝食時に宿の女の子にダードルドアに行く方法を聞くとバスで行けるとのことだったので、バス停に行く。いくつかの路線があるが、見当が付かずにバスを待つ人や、来たバスの運転手さんに訊くと、どうやら本数が少ないようなので、結局、車で移動することに。
自然

ジュラシック・コースト

ジュラッシック・コーストは153㎞に渡る海岸線で、主に中生代の地層を見ることが出来、化石掘りツアーもあるようですが、私たちは「ダードル・ドア」(天然橋)のある海水浴場へ。と言っても水が冷たくて海水浴は無理で、きれいな石拾い等しながら景色を楽しみました。
14:00 移動(車)

移動(車)

雲が出てきて、ますます海水浴は無理になってきたので引き上げ、食事が出来るところもないので宿に戻ることにしました。
午後 宿泊施設

Regency House Hotel

各自の部屋で休息、おやつタイム。私は水着を水洗いして干すことが出来ました。
16:00 ぶらつく

ぶらつく

ポートランド島を車で一回り。ウォータースポーツのアクティビティがいろいろあって人出が多く、夕方の道路は渋滞していました。観光地図に載っている見晴らしの良いスポットを1カ所見てから引き返しました。
食事

食事

夕食はイタリアン。次男はピザ、私と友人はボンゴレをシェアし、前菜はそれぞれに注文。私はサーモンとアボカドのサラダ・・・サラダって久しぶりに食べる気がする♪イタリア人シェフのイタリアンを堪能しました。お客さんも多くて、常に満席でした。
6日目 2018年08月08日(水)
08:30 宿泊施設

Regency House Hotel

朝食を食べてから、町の中心部にある銀行とM&Sに行き、お昼に食べるものを買ってから車を取りに行きました。
10:45 移動(車)

移動(車)

宿のおばさんに挨拶をして出発。ヒースロー空港までは200㎞。途中、サウサンプトンの近くを通ります。計画の当初は、吉田選手のいるサウサンプトンのスタジアム・ツアーに参加をしたかったのですが、残念ながら開催がなく、仕方なく、エミレーツ・スタジアム・ツアーに変更したのでした。ヒースロー空港に行く前にガソリンを満タンにしなければならないため、ちょっと遠回りをして到着。
14:00 ターミナル・駅のりば

ハーツ ロンドンヒースローエアポート

車を返却して、シャトルバスで空港に送ってもらい、友人と別れて、それぞれのホテルにチェックインしてから、エミレーツスタジアムに集合することに。
移動(バス)

移動(バス)

本当はバスでホテルに行けるはずが、私の情報収集の不十分さと勘違いがあり、結局あちこちウロウロした挙げ句、タクシーでホテルへ。30分以上の時間のロス。
15:00 宿泊施設

イビス・ロンドン・ヒースロー・エアポート

チェックインして、部屋に荷物を置いてから、部屋で軽食をとり、支度をして出かける。
15:20 移動(バス)

移動(バス)

今度はホテル近くのバス停からバスに乗る。路線バスの無料区間のであって、ホテルのシャトルバスではないことが理解できる。
移動(電車)

移動(電車)

少しでも早く着きたいという焦りで、とりあえずパディントンまではヒースローエクスプレスに乗る。そこからスタジアムの最寄り駅までは、ハマースミスラインが早いと検索結果が出たので、急いで乗り換えるつもりが、乗り換えがわからず、またもや時間をロス。おまけに、やっとわかって行ったらクローズ・・・パニック状態。とりあえず、ベーカールー線&ピカデリー線乗り換えで行く。
17:00 その他

エミレーツ・スタジアム

最寄り駅のホロウェイ・ロードに着いたのは16:55頃。猛ダッシュでスタジアムに向かうと、ツアー入り口に友人の姿が見えた!たぶん、受付に着いたときは17時を1分くらい過ぎていたかもしれないけど、全力疾走で息が切れ、とにかく入れてもらえることに安堵して、時計は見ていませんでした。あきらめなくて良かった~。40分くらいで見学し、18時まで買い物をして、お土産もゲットできました。
18:00 移動(電車)

移動(電車)

後はホテルに戻るだけだし、明日はもう帰国するだけなので、10年前に長男と一緒に乗ったロンドン・アイに乗ることにする。地下鉄でワーテルロー駅へ。
18:30 人気スポット

ロンドン・アイ

トイレに行って、飲み物を買って、チケット売り場に並びましたが、10年前より人出が多いような感じで、チケットを買うだけで1時間以上かかり、すぐに乗車の列に並んだら、そちらは20分くらいで、それは前回も同じだったなと思いました。次男にカメラを持たせ、私はタブレットで撮影。ちょうど日没の時間で、夕焼けと夜景がきれいだったけど、なんと、ビッグベンが改修中で、次男はがっかり。
21:15 移動(電車)

移動(電車)

ロンドンアイを降りたのが21時過ぎ。近くのベーカリーで夕食のパンを買い、地下鉄でヒースロー空港に戻る。夜になっても車内は蒸し暑く、それでも、疲れた次男は眠ってしまう。22時30分頃に空港駅に着き、何とか起こしてバス停へ。
深夜 移動(バス)

移動(バス)

停まっていたバスに飛び乗る。夜遅くなってしまったけど、空港付近は人も多く、バスの乗客も観光客が多く、半分眠っている次男に席を譲ってくれる親切な人も。バス停にも一緒に降りる人が多く、無事にホテルに到着。
23:00 宿泊施設

イビス・ロンドン・ヒースロー・エアポート

次男が寝てしまう前にシャワーを浴びさせ、パンを食べさせる。このパンが美味しく、暑さで食欲のなくなってる私も美味しく食べられました。次男は0時前に就寝するが、私は荷物整理などしていて、1時頃にベッドに入る。
7日目 2018年08月09日(木)
早朝 宿泊施設

イビス・ロンドン・ヒースロー・エアポート

結局、寝坊が怖くて、ほとんど眠れず。それでも、ベッドで手足を伸ばし、目をつむってるだけでもと4時半頃までは横になる。空港付近のホテルは常に物音がしていて、深夜も早朝もロビーにたくさんの人がいる。ゆっくり寝るのは無理そうだけど、自分も早朝にチェックアウトするので気が楽でいいなと思いました。次男を5時20分に起こし、6時前にチェックアウトをする。
早朝 移動(バス)

移動(バス)

早朝も運航している路線バスで空港へ。
06:00 ターミナル・駅のりば

ロンドン・ヒースロー空港

T2のスイス航空に行き、チェックイン。帰路は一番安かった共同就航便でチューリッヒ経由で成田へ。早朝のため、手続きはスムーズで、あっという間に保安検査も通過して出国。朝食はカフェで二人ともパンケーキを選択。贅沢にもイングリッシュブレックファーストに飽きていたので、ものすごく美味しく感じましたが、たぶん普通です。免税店でお土産を買い、ゲートへ。
08:40 - 11:35 移動(飛行機)

移動(飛行機) / スイス インターナショナル エアラインズ

LX317で経由地チューリッヒへ
ターミナル・駅のりば

チューリッヒ空港

乗り継ぎ時間は短いものの、免税店でお土産を買うくらいの時間はあったのですが、どうせチョコレートを買っても日本に着いたら全部溶けてしまうので、あきらめました。でも、この日、チューリッヒは35℃!道理で暑いと思った。
13:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / スイス インターナショナル エアラインズ

NH6752で成田へ。機材が古い・・・8年前に乗ったときと同じだ・・・。シートのクッションもへたっていておしりが痛くなったので、枕を座布団代わりに敷いたら痛みが軽減しました。とはいえ、睡眠不足なので、数時間は眠れました。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図

地図

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズ 2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズ 2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズ

近くの旅スケジュール

2015 NewYearCountdown (その1)

2015 NewYearCountdown (その1)

去年までの旅行に娘が「いいナ~私もどっか行きたい..」。それなら連れて行ってあげましょう。今まで回ったヨーロッパのメインどころをカケ足で周遊します。今年のカウントダウンはベネチアで。

イギリス1周親孝行旅

イギリス1周親孝行旅

私の個人旅行に両親が参加してイギリス1周することになりました。イギリスはロンドン、コッツウォルズ、エジンバラを巡ります。

ロンドン・ダブリン旅行記

ロンドン・ダブリン旅行記

学生時代に訪れたことのあるロンドン、約40年ぶりに行って来ました。

ポール観戦ツアー

ポール観戦ツアー

最後と噂のポールのコンサートをロンドンで見倒す。

ロンドンとロンドン郊外を満喫する旅

ロンドンとロンドン郊外を満喫する旅

早めの夏休みです!湖水地方にまで足をのばします!

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

2018年夏 西イングランドとちょっぴりウェールズへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

あなたにオススメの記事 & 広告

新着スケジュール