旅スケ
地球の歩き方

さいはての離島へ 秋の利尻島・礼文島3日間 ☆もう雨女なんて言わせない!☆

夫の腰痛で北京行き断念。歩行距離の短い、国内ツアーに変更。 台風の合間に往復。青空の利尻富士、宗谷岬から樺太遠望。4泊北京自由旅よりコスト高だが、絶景、温泉、海鮮、紅葉満喫でコスパ130%。

スケジュールに戻る前のスケジュールに戻る

1-3日目

1日目 2018年10月03日(水)
自宅

自宅

06:38 移動(徒歩)

移動(徒歩)

遅延等で 慌てたくないので早めに出発。
07:02 移動(電車)

移動(電車)

ラッシュ時間帯なので、座って行く為電車始発駅まで行く。 山手線も混雑度の低い逆回りで座って行く。
09:25 ターミナル・駅のりば

羽田空港(東京国際空港)

集合時間は10:05  ANAマイレッジ登録はツアーなので出来ないと言われたが、事後登録できた。
移動(飛行機)

移動(飛行機) / 全日空

ANA571
12:30 ターミナル・駅のりば

稚内空港

12:30 着陸  コジンマリした空港で 預け荷物は直ぐ出てくる。
12:58 移動(バス)

移動(バス)

宗谷バス。 ツアー参加者は30名で、全員がシニア。 席は指定されていて2列目 右の2つ。
13:18 美術館・博物館

稚内市樺太記念館

開館 10:00~17:00 (入館16:40まで)入館無料。 4月~10月 無休  11月~3月 月曜休館 (月曜が祝日の場合は翌日) 12月31日~1月5日 休館  樺太の歴史を学べる。 大鵬の化粧まわし(撮影禁止)や樺太に置かれた日露国境標石(レプリカ)、銀黒狐襟巻きも展示されている。 樺太の事を学べるビデオ上映もあります。
13:50 移動(バス)

移動(バス)

13:54 建物・史跡

稚内港北防波堤ドーム

車窓より *古代ローマの建築物を思わせる防波堤は、稚内航路が運航していた時代の名残り。
14:03 ターミナル・駅のりば

稚内フェリーターミナル

14:18 ショッピング

Hear Land Shop (稚内フェリーターミナル内)

ビール(札幌クラシック ¥250)を買う。 我が家のビールタイム(16:00)に飲むつもりだったのだが。
14:40 移動(船)

移動(船)

ツアーの旅程表に乗船所要時間が書いてあったのによく読んでいなかった。 2時間も乗るなら酔い止めを用意するべきだったのに。 経験した事のない程の時化。 1時間して売店で(即効性のある液体)酔い止めを購入。 30分しないと効かないが残りの30分だけでも楽になりたい。 売店まで辿りつくのも大変な程揺れる。 飲んだとたん吐き気が酷くなりトイレに駆け込む。 が吐かずに済んだ。 甲板席で薬が効くまで耐える。
16:48 ターミナル・駅のりば

香深港フェリーターミナル

移動(バス)

移動(バス)

17:00 宿泊施設

礼文 三井観光ホテル

#406はシービューの和室で、礼文水道の向こうに 利尻山が見えた。 先ずはお風呂。 出ようとする人がいただけで 1人で温泉を満喫。 露天風呂有り。 
18:00 グルメ

レストラン北航路 (礼文 三井観光ホテル 2F)

海鮮中心の夕食。 プリプリのイクラと肉厚のホタテ、モズクが美味。
2日目 2018年10月04日(木)
宿泊施設

礼文 三井観光ホテル

1時に目が覚め 夜空を眺めると 三日月と満天の星。 オリオン座が見えた。 星を写すのは難しい。 4:57 水平線が赤く輝きの利尻富士のシルエットが浮かんでくる。 5:13 群青の絨毯のような海面を釣り船が走り水筋をつける。 5:30に一番で温泉に入る。 朝風呂も独占。
06:23 ぶらつく

ぶらつく

06:45 グルメ

レストラン北航路 (礼文 三井観光ホテル 2F)

バフェ朝食。 11時からの海鮮丼の昼食を美味しく戴きたく お代わりを自粛。
宿泊施設

礼文 三井観光ホテル

07:21 ぶらつく

ぶらつく

08:11 建物・史跡

曹洞宗 吉祥寺

08:15 移動(徒歩)

移動(徒歩)

08:30 宿泊施設

礼文 三井観光ホテル

集合は9:00だが既にロビーで待っている人がいた。 ので私達も8:45にフロントに鍵を返す。
08:53 移動(バス)

移動(バス)

一番目は美人で早口のガイドさん。
その他

金環日食観測記念碑

起登臼にあります。 海側に一瞬見えただけで写真が撮れなかった。下記写真参照下さい。 *http://www.town.rebun.hokkaido.jp/hotnews/detail/00000174.html
移動(バス)

移動(バス)

09:23 自然

澄海岬

sky岬ではありません。 「西上泊海中公園」候補地だったそうですが実現せず、澄海(スカイ)岬と改名されたそうです。
09:54 移動(バス)

移動(バス)

10:01 建物・史跡

「銭屋五兵衛貿易の地」の碑

車窓より 1773年、加賀の国で生まれた銭谷五兵衛は、 北前舟を使った交易で「海の豪商」と称される。 鎖国時代にも拘わらず、礼文島を拠点にしてロシアと貿易を行った。 *http://www.town.rebun.hokkaido.jp/hotnews/files/00000100/00000198/h30web-all.pdf.pdf
移動(バス)

移動(バス)

10:10 自然

スコトン岬

*礼文島最北端の岬。 晴れた日にはサハリンの島影が現れます。 夏にはゴマフアザラシも現れる、トド等が一望できます。                                      サハリンの島影もゴマフアザラシも見えませんでした。
10:45 移動(バス)

移動(バス)

11:00 グルメ

お食事処 あとい

船舶漁業協同組合  北緯45度30分16秒 日本最北端の「海の家」
11:31 自然

金田ノ岬

移動(バス)

移動(バス)

12:07 人気スポット

桃台猫台

人気スポット

地蔵岩

桃台猫台展望台から眺める
12:35 移動(バス)

移動(バス)

12:57 ターミナル・駅のりば

香深港フェリーターミナル

13:25 移動(船)

移動(船)

船は殆ど揺れなかった。
14:11 ターミナル・駅のりば

鴛泊港フェリーターミナル

14:15 移動(バス)

移動(バス)

利尻島のガイドさんはゆっくり話してくれるのでホットした。 時々ジョークも交え話し上手。
14:25 自然

姫沼

絶景の逆さ富士は見えず。 漆の葉の紅葉が美しかった。
15:05 移動(バス)

移動(バス)

15:08 建物・史跡

ラナルド・マクドナルド顕彰碑・ 吉村昭文学碑 (野塚展望台)

車窓より 日本native English teacher 第1号のRanald MacDonaldの顕彰碑 と彼の生涯を「海の祭礼」で描いた吉村昭の文学碑
移動(バス)

移動(バス)

15:35 自然

オタトマリ沼

*赤エゾマツ原生林に囲まれる沼。
16:05 移動(バス)

移動(バス)

16:17 自然

仙法志御崎公園

*利尻島最南端にある公園。 利尻山から流れた溶岩から成る奇岩・怪岩が連なる独特の風景。  波しぶきが激しかった。
16:35 移動(バス)

移動(バス)

16:48 建物・史跡

北のいつくしま弁天宮

車窓より  龍神の岩の上に小さな赤い祠がある。 4か所の方向から祈れるよう正面が4つありちゃんとそれぞれに同じ屋根もついている。 *嵐の中、難破しかけていた弁財船が弁天さまのご加護により難をのがれたという伝説がある。
移動(バス)

移動(バス)

17:08 陽が水平線を朱色に染めて沈む。
17:20 宿泊施設

北国グランドホテル

607号室 遠くに海も見えたが良いビューとは言えない。 ツインベッドの部屋。 早速一風呂。 温泉には誰もいなかった。
18:03 移動(徒歩)

移動(徒歩)

18:07 ショッピング

セイコーマート利尻店

普通のコンビニでお土産になるような物は売っていなかった。 札幌クラシック 500ml缶 ¥291
移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテルの周りはとても暗く、帰り道が分からなくなる。 人通りも殆どなかった。 温泉のある別館に続く明るい渡り廊下に気付き、ホテルに無事帰る。
宿泊施設

北国グランドホテル

湯上りのビールを部屋で飲む。 
18:45 グルメ

レストランクリスタル (北国グランドホテル7F)

夕食は18:30から オプショナルメニューを前日一人前にして正解。 私達には多すぎるメニュー。 デザートのケーキ 別腹で戴きました。 優しい甘さでした。
20:15 移動(車)

移動(車)

ホテルのスターウオッチング無料ツアーに参加。 要予約。 この日の参加者は10名弱。
自由記入欄

星空観察

長袖シャツ、半袖セーターとダウンコートを着ていても寒かった。 北斗七星、北極星が良く見えた。 天の川も見えたと参加者が言っていた。
移動(車)

移動(車)

20:50 宿泊施設

北国グランドホテル

屋上から星座を見に ツアーの仲間と登ってみる。 
3日目 2018年10月05日(金)
宿泊施設

北国グランドホテル

5:00から温泉を独り占めした後、 屋上で写真を撮る。 
06:00 ぶらつく

ぶらつく

06:33 建物・史跡

利尻山神社

利尻富士町指定有形文化財
06:35 移動(徒歩)

移動(徒歩)

06:37 建物・史跡

大法寺

曹洞宗  寂れた民家のような本殿 キャラボク?の木に小さな赤い実がギッシリなっていた。 沢山の紫陽花が枯れたような色合いで風流。
06:39 移動(徒歩)

移動(徒歩)

06:51 宿泊施設

北国グランドホテル

06:56 グルメ

レストラン クリスタル (北国グランドホテル7F)

朝食は7:00からだが 早めに開いていた。 席は夕飯の時と同じと言われた。 が記憶力の悪い私は間違った席で会食。
08:10 移動(バス)

移動(バス)

集合は8:15だが早めに出発。
ターミナル・駅のりば

鴛泊港フェリーターミナル

忘れずに 酔い止め薬を飲む。 無料WIFIが使えたのに上手く行かない。 電波弱いのかな?
08:50 移動(船)

移動(船)

WIFIここでも上手く行かないと思ったら、タブレットの設定が機内モードになっていた。 LINE, FACEBOOK アップ出来たが、 写真は送れなかった。  タブレットをいじるユトリがあるほど船は殆ど揺れない。 お天気が良く、甲板席でくつろぐ人が多かった。 2等席乗船率は7割。
10:40 ターミナル・駅のりば

稚内フェリーターミナル

10:48 移動(バス)

移動(バス)

ここからは3人目のガイドさん。
11:19 自然

宗谷丘陵

*今から約1万年前に雨水や川水で削られてできた、なだらかな波のようにうねる地形
移動(バス)

移動(バス)

11:31 自然

宗谷岬

遠くに樺太見えましたwww 薄っすら見えるだけなのでガイドさんに教えて貰わなければ 分からなかった筈。
建物・史跡

間宮林蔵像

世界地図に名前のあるただ一人の日本人、間宮林蔵はこの場所から稚内方面へ3kmほど進んだところから樺太へ出発したと言われる。
建物・史跡

日本最北端の地の碑

11:34 移動(徒歩)

移動(徒歩)

小高い丘に登るので集合時間に間に合うか 若干不安だったが、添乗員から許可を貰えたので左程時間はかからないようだ。 慌てて登ったので息切れ。 夫には下で待っていて貰う。 ツアーなので心配が半減。
自然

宗谷岬平和公園

記念碑が沢山。
11:38 建物・史跡

宗谷岬灯台

~日本最北端の灯台~ (説明板)  宗谷岬灯台は、明治18年(1885年)9月25日に点灯され、以来今日まで宗谷海峡を運航する船舶の安全を守っています。 北海道では根室市の「納沙布岬灯台」、小樽市の「日和山灯台」に次いで三番目に古い灯台で、日本最北端の灯台としても親しまれています。
11:39 建物・史跡

あけぼの像

宗谷丘陵を見つめ力強く立つブロンズ像。 彫刻家・峯孝氏の作。
建物・史跡

ラペルーズ顕彰記念碑

1787年欧州人で初めて宗谷海峡(ラペルーズ海峡)を通過したフランス軍人ラペルーズの(*wikipedia)の顕彰記念碑
11:40 建物・史跡

平和記念碑

(碑文)・・・ 戦後四十年余りの歳月は我らに望外の平和と繁栄をもたらしたが それは無辜の同胞らの償いのない犠牲の上に築かれたものであることを肝銘し不戦平和の祈りと 願いをこめて この碑を建立する   昭和六十一年 十月吉日  宗谷要塞重砲兵連帯宗谷会一同
建物・史跡

祈りの塔

折鶴の形をした祈りの塔。 昭和58年の大韓航空機撃墜事件の遭難者の慰霊と、世界の恒久平和を願い建てられたモニュメント。
11:41 建物・史跡

宗谷海峡海軍戦没者慰霊碑

(説明板)英、露、中(2種)、韓 表記有り この碑は、宗谷周辺の海域を守り殉職した旧日本海軍々陣の鎮魂のために建てられたものです。 特に、終戦直前の1945(昭和20)年7月、アメリカ海軍潜水艦の魚雷攻撃を受けた稚泊航路連絡船「宗谷丸」を守るため、身代わりとたって爆沈した宗谷防備隊所属の「第112号海防艦」の乗組員152名の霊を慰めるため、旧防備隊々員から寄せられた寄付により建立されました。
11:42 建物・史跡

平和の碑

1943年10月 日本と合衆国軍が宗谷岬の沖合で戦った。 その時の犠牲者の慰霊碑。
11:42 建物・史跡

大岬旧海軍望楼

(説明板)英、露、中(2種)、韓 表記有り 1875(明治8)年、日本とロシアの間で「樺太千島交換条約」が締結され、それまで両国民混住の地とされていた樺太(現・サハリン島)がロシア領となったことから、国境となった宗谷周辺は、にわかに緊張感を増しました。この望楼は1902(明治35)年に旧日本海軍が建設したもので、当時最強と言われたロシアのバルチック艦隊の動きを監視するという重要任務が課せられました
建物・史跡

大岬旧海軍望楼

日露戦争の終結とともにその使命を終えたものの、その後は無線通信基地として、また太平洋戦争では対潜水艦監視基地として機能しました。稚内しでは数少ない現存する明治時代の建築物で、1868(昭和43)年に市の有形文化財に指定されています。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

11:48 その他

宗谷岬「音楽碑」

もしかして 例の「おーいら岬の 灯台もーりーは・・・」のロケ地??と思ったら違ってました。 NHKの「みんなの歌」で歌われヒットしたようです。 知らなかった!
11:53 その他

流氷館

マイナス10℃(?)の部屋なので2,3分入っただけです。 体感したいなら無料ですので入ってみるのも。 ワザワザ行くほどではありません。 日本最北端到達証明書(¥100)を売っている柏屋(真っ青なとんがり屋根の土産物店)の中にあります。
11:57 移動(バス)

移動(バス)

バス内で添乗員さんに注文した お弁当(各自¥1,100)を食べる。
ターミナル・駅のりば

稚内空港

帰りは添乗員さんから搭乗券を貰えた。 カウンターで聞くと帰路はANAマイレッジ登録できましたwww 直ぐに必要ない物をバックパックに詰めを宅配サービスで自宅に送る。
12:54 ショッピング

ANA FESTA 稚内ロビー店

白い恋人 9枚入り ¥576 (消費税込み)を求める。
13:19 移動(飛行機)

移動(飛行機) / 全日空

ANA 572 窓側から並び席に座れた。 帰路も満席。 上空は真っ白な雲。
15:15 ターミナル・駅のりば

羽田空港(東京国際空港)

稚内では晴れていたのに、雨が降ってます。 旅行中は晴れていたのですから 雨女ではないですよね。
移動(電車)

移動(電車)

移動(車)

移動(車)

雨が降っているのでタクシーの順番待ち。 軽いバックパックを1つ背負っているだけなので歩いて帰る方が早かったのですが。
18:00 自宅

自宅

お疲れ様。 シニアにぴったりなラクチンツアーでした。 体力過信気味の私には少し物足りなかった。 

1-3日目

スケジュールに戻る前のスケジュールに戻る

メモ

(表紙写真) 利尻山(=利尻富士) 礼文島三井観光ホテル406号室より
*宗谷バス株式会社 発行 リーフレット 「礼文島」「利尻島」
稚内市発行 リーフレット The Wonders of WAKKANAI

羽田までの交通費、国内旅行保険、お土産代含まず。

☆食事代
おにぎり等   ¥650
サッポロクラシック ビール缶350ml ¥250 (フェリー乗り場売店)
サッポロクラシックビール瓶500ml ¥780  (レストラン北航路)
ミネラルウオーター(1) 500ml ¥150
ソフトクリーム(1) ¥400
サッポロクラシック 500ml ¥291 (セイコーマート)
冷酒 男山 1合 ¥1100  (レストランクリスタル)
海鮮土瓶蒸し 1人前 (オプショナルメニュー) ¥1500
弁当(2) ¥2200

☆その他
乗り物酔い 内服薬 ポード ¥650
空港宅配サービス   ¥1000