海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅の旅

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

特別最短フライトで行くチャーター企画

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

1日目 2018年01月22日(月)
14:20 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア タヒチ ヌイ

成田12:20集合 TN077 所要時間11時間 時差-19時間 機内食2回
06:20 ターミナル・駅のりば

パペーテ・タヒチ国際空港

着後、航空機を乗り換えチャーター直行便にてイースター島へ。 タヒチ・ファアア国際空港 フランス領ポリネシアタヒチ島のファアアにある空港である。フランス領ポリネシア唯一の国際空港でもある。
08:30 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア タヒチ ヌイ

TN711 所要時間5時間25分 時差+5時間 機内食1回(軽食)
18:55 ターミナル・駅のりば

マタベリ国際空港

イースター島唯一の国際空港で、イースター島内最大の都市のハンガロア市内に隣接している。1965年に供用開始され、1967年にラン航空がサンティアゴとの定期直行便の運航を開始して以来、イースター島の空の玄関として運営されている。また、同空港は、一番近い他空港までの距離が世界で最も長い空港としても知られている。
移動(バス)

移動(バス)

21:00 宿泊施設

トゥパ ホテル

2日目 2018年01月23日(火)
宿泊施設

トゥパ ホテル

09:15 移動(バス)

移動(バス)

出発
世界遺産

ラパ ヌイ国立公園Rapa Nui National Park

チリの本土から太平洋へ西に約3,700km沖に浮かぶイースター島にあるチリの国立公園。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。 ラパ・ヌイは、先住民の言葉で大きい島という意味である。イースター島に残るモアイ像が有名である。モアイは約900体が残っているがその殆どは、16世紀から17世紀に起きた部族抗争で破壊されてしまった。モアイ以外に、洞窟内の壁画や住居跡などラパ・ヌイ文化を示すものも含む
美術館・博物館

イースター島博物館 Rapa Nui Museum

こじんまりした博物館だが、モアイの目を見ることができます。 モアイの目はほとんど潰されているので、なかなか見られません。 外には、唯一触ることができるオリジナルのモアイ像があります。
移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

アフ・トンガリキ Ahu Tongariki

島の東部に位置するアフ・トンガリキは、ポリネシア随一の遺跡で、幅約100mものアフに15体のモアイが建ち並ぶ光景は、とても勇壮です。 1960年のチリ沖大地震津波によってアフもモアイも押し流されたのですが、1991~95年に日本のクレーンメーカーである「タダノ(TADANO)」の協力により修復されました。 おそらく、ここには島最大規模の集落があったものと推測されています。 朝日を眺めるポイントです
移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

ラノ・ララク山 Rano Raraku

ラノ・ララクには製作途中のモアイ等も含めて約400タイプのモアイ等があると言われています。完成されたものとは違ったものもまた歴史を感じることができると非常に人気があります。特に「Tukuturi」と言われているひげとひざまずいた姿勢のモアイ像は非常に珍しく人気があります。また、中には地中に埋まっているモアイ像もあり、悠久の時を感じることができます。
食事

食事

軽食
ショッピング

Centro Artesanal Rano Raraku

何軒かの工芸品展が集まってます。
移動(バス)

移動(バス)

自然

アナケナビーチ Anakena Beach

イースター島の北東部にあります。謎と神秘の島、イースター島にあるミステリアスなイメージをくつがえす、南国ムード満点のビーチです。まるで南国のリゾート地が切り取られて、まるごとここにもってこられたような美しさです。また、イースター島で唯一、遊泳が可能なビーチでもあり、周囲は整備されていてベンチやトイレも設置されています。
人気スポット

アフ・ナウナウ Ahu Nau Nau

アナケナ・ビーチのすぐそばには、イースター島で最も保存状態の良いと言われるモアイが立つアフ・ナウナウがあります。全部で7体のモアイが並んでおり、そのうち5体はほぼ完全な形で残っています。さらに、4体は頭にプカオも載せているので必見です。
移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

テ・ピト・クラ Ahu Te Pito Kura

テピトクラとは光のヘソという意味。ここのモアイにはPAROという名前がつけられていて、モアイPAROくんの近くには テピト・オテヘヌア(地球のへそ)とされる丸い石が置かれています。 直径75センチの丸い石の周りに丸い石が4つ並べられ、その周囲は円形の石垣になっています。 一説によるとホツマツア王がここにマナと呼ばれるパワーを秘めた丸い石を置き、世界のへそ=中心としたそうです。
移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

アフ・アキビ Ahu Akivi

ここにはイースター島に数多くあるモアイの中で唯一、海を向いている珍しい7体のモアイ像があります。初期に築造されたモアイのなのでプカオ(赤色凝灰岩でできた髷=帽子のようなもの)が載っていません。 しかも、他のモアイはたち海岸線沿いにあるのですが、ここのはビーチから遠い島のほぼ中央=内陸に立っているのです。
移動(バス)

移動(バス)

17:00 宿泊施設

トゥパ ホテル

18:45 移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

アフ・タハイ Ahu Tahai

島の中心ハンガロア村から徒歩圏内のタハイにはアフ(祭壇)が3基あり(アフ・バイウリ、アフ・タハイ、アフ・コテリク)モアイが復元されています。 特にモアイ・コテリクは頭にプカオをのせ、レプリカながら眼が埋め込まれています。 モアイを背景に夕陽が沈む光景は何ともエキゾチックな気分に浸れることでしょう。
食事

食事

伝統を受け継ぐラパヌイの踊りを遺跡横の野外で見ながら、夕食を。 日没21:15頃にあわせて、タハイ遺跡でモアイをバックに陽が落ちるのを楽しみます。
21:45 移動(バス)

移動(バス)

ホテルへ
宿泊施設

トゥパ ホテル

3日目 2018年01月24日(水)
宿泊施設

トゥパ ホテル

06:30 移動(バス)

移動(バス)

集合
人気スポット

アフ・トンガリキ Ahu Tongariki

モアイ像の間に昇る朝日を眺めます。
移動(バス)

移動(バス)

宿泊施設

トゥパ ホテル

10:15 ショッピング

ハンガロア村

人口3,800人程度の村であるが、イースター島の総人口の約87%がここハンガロアに集中しており、島唯一の村でもある。また、病院、警察署や学校、市場、ガソリンスタンドなど島民の生活に必要な主要な施設が全て集まっている。『ハンガロア』とはイースター島の先住民の言葉ラパ・ヌイ語で『大きな湾』という意味である。
12:00 グルメ

トゥパホテル レストラン

移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

オロンゴ儀式村

古来、島の人々は鳥人の姿をしたマケマケという神を崇拝し、春になるとこのオロンゴを舞台に「鳥人儀礼」と称されるまさに鳥人を選ぶ儀式(レース)が行われました。 儀式は、島の各氏族から選ばれた挑戦者の下、それぞれの従者に沖合いの小島=モツ・ニュイに泳いで渡らせ、海鳥であるマヌ・タラ(セグロアジサシ)がその年最初に産み落とす卵を持ち帰らせるというものです。
自然

ラノ・カウ Rano Kau

イースター島を造った3つの火山のうち、2番目に噴火したのが、ラノカウ山。その火山活動でできた直径約1,6㎞のカルデラ湖。湖面までの深さは約200mで水深は100~150mといわれている。頂上からの眺めは壮大。火口湖からの地下水脈を伝わってハンガロア村の水源にもなっている。火口斜面からは鳥人の儀式が行われていた際に刻まれたものと見られる、たくさんの岩絵も発見されている。
移動(バス)

移動(バス)

人気スポット

アフ・ビナプ Ahu Vinapu

マタベリ空港の滑走路の東端に近くのビナプにあるアフ(石組みの祭壇)は、島にあるアフのなかでも最も精巧に石組みが施され、南米インカ時代以前の石組みに酷似しているので考古学者のハイエルダールなどが島民が南米起源であるという自説を提唱したほど。 アフに立っていたモアイは今では倒された状態でプカオ(帽子)も散乱しています。
移動(バス)

移動(バス)

ターミナル・駅のりば

マタベリ国際空港

17:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア タヒチ ヌイ

TN712 所要時間6時間 時差-5時間 機内食1回
18:00 ターミナル・駅のりば

パペーテ・タヒチ国際空港

移動(バス)

移動(バス)

宿泊施設

マナバ スイート リゾート タヒチ

4日目 2018年01月25日(木)
宿泊施設

マナバ スイート リゾート タヒチ

08:30 移動(バス)

移動(バス)

集合
建物・史跡

アラフラフのマラエ Arahurahu Marae

南太平洋、フランス領ポリネシア、タヒチ島にある遺跡。首都パペーテの南約25キロメートルに位置する。先住のポリネシア人による石造の祭祀場であり、現在も毎年7月にヘイバ‐イ‐ボラボラとよばれる祭りが催される。
美術館・博物館

タヒチ博物館 Museum of Tahiti and the Islands

歴史と民族学的なこちらの博物館は、偶然にそこに建ったのではありません。かつて、タヒチ人の先祖、マオイ人の聖域であるラグーンの岸に厳かなマラエがあった場所です。考古学的な展示物、または自然遺産や文化遺産のコレクション、博物館の前には、類人猿のティキ像(彫刻)や古代のカヌーが展示されており、ポリネシアの伝統に触れることができます。
ショッピング

マルシェ Papeete Market

建物・史跡

ノートルダム教会 Notre Dame Cathedral

南太平洋、フランス領ポリネシア、タヒチ島のパペーテにあるローマカトリックの大聖堂。市街中心部に位置する。19世紀後半に約30年かけて建造。1906年の津波や第一次大戦中のドイツ軍による攻撃などの被害を受け、たびたび修復されている。赤い屋根と黄色い壁という特徴的な外観をもち、内部にはパンノキの実をもつ聖母子の木像がある。
移動(バス)

移動(バス)

11:45 ターミナル・駅のりば

パペーテ・タヒチ国際空港

13:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エアタヒチ

VT474 所要時間50分
14:35 ターミナル・駅のりば

ボラボラ空港

フランス領ポリネシア・ボラボラ島にある空港。島の北西部のリーフ(モツ・ムテ)上に位置している。 空港がリーフ上に位置しているため、本島や各ホテルまではボートで渡る事となる。また、本島のヴァイタペへは、エアタヒチが飛行機の発着に合わせてシャトルボートを運行している。
移動(船)

移動(船)

ターミナル・駅のりば

バイタペ港

ボラボラの中心の町となる本島のバイタペ。 レストラン、お土産屋や銀行などが立ち並んでいる。
移動(バス)

移動(バス)

16:15 宿泊施設

ホテル マイタイ ポリネシア Maitai Polynesia Bora Bora

自由記入欄

水上コテージ 

シュノーケリング
18:15 自然

マティラビーチ Matira Beach

マティラ・ビーチはボラボラ島の唯一の公共アクセスビーチで、観光客に非常に人気があります。水は透明で広い砂は柔らかく美しいビーチです。マティラ・ビーチはリゾートショップ、飲食店などでもそろっていて、一日中楽しめる場所です。 ビーチで一日を過ごす時間がない方は、夕陽だけでも見るために訪れてください。
グルメ

Restaurant Tama’a Maitai

ホテルのコテージ近くのレストラン
5日目 2018年01月26日(金)
宿泊施設

ホテル マイタイ ポリネシア Maitai Polynesia Bora Bora

自由記入欄

水上コテージ

シュノーケリング
09:00 食事

食事

ホテルレストランにてブランチ
自由記入欄

水上コテージ

読書 昼寝 シュノーケリング
18:45 移動(バス)

移動(バス)

グルメ

ブラディー・マリーズ Bloody Mary's

ロブスター堪能
移動(バス)

移動(バス)

宿泊施設

ホテル マイタイ ポリネシア Maitai Polynesia Bora Bora

6日目 2018年01月27日(土)
宿泊施設

ホテル マイタイ ポリネシア Maitai Polynesia Bora Bora

09:00 食事

食事

11:30 移動(バス)

移動(バス)

ターミナル・駅のりば

バイタペ港

移動(船)

移動(船)

ターミナル・駅のりば

ボラボラ空港

13:20 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エアタヒチ

VT425 所要時間50分
14:10 ターミナル・駅のりば

パペーテ・タヒチ国際空港

移動(バス)

移動(バス)

宿泊施設

マナバ スイート リゾート タヒチ

グルメ

Vaitohi Restaurant マナバ スイート リゾート タヒチ内

7日目 2018年01月28日(日)
宿泊施設

マナバ スイート リゾート タヒチ

04:00 移動(バス)

移動(バス)

集合
04:15 ターミナル・駅のりば

パペーテ・タヒチ国際空港

07:00 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア タヒチ ヌイ

TN078 所要時間12時間05分 時差+19時間 機内食2回
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅 神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅 神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

神秘のイースター島探訪とタヒチ・ボラボラ島の旅へのコメント

m38さん  2019/03/12 17:46

コメントありがとうございます。
ボラボラ島は新婚さんのメッカのようですね。
リゾートなんて、と少し思っていましたが、年をとってもそれなりに楽しめるものだと認識を新たにしました。

makoa187jpさん  2019/03/11 17:51

イースター島とボラボラ島のセットとは、ゴージャスですね。
10年以上前に新婚旅行で行ったボラボラ島、また行きたくなっちゃいました。


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール