海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅の旅

2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅

お盆休みで酷暑の東京を抜け出し、ニース~アビニョン~カルカッソンヌ~バルセロナと列車で横断し、ハードスケジュールで世界遺産をはじめとする見所を制覇してきました!

2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅

1日目 2019年08月09日(金)
自宅

自宅

10:55 - 12:30 移動(バス)

移動(バス)

ターミナル・駅のりば

羽田空港(東京国際空港)

14:20 - 19:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エールフランス航空

初AF便でパリへ。機内食はさすがのレベル。
ターミナル・駅のりば

シャルル・ド・ゴール国際空港(ロワシー)

乗り継ぎ時間はわずか1時間余り。航空会社が保証しているとはいえ、多少焦ってターミナル2Eから2Fへ移動して入国もこなして国内線へ。
20:50 - 22:20 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エールフランス航空

パリまでは日本人だらけだったけどこの便に乗ったのは3組くらいだけ。
ターミナル・駅のりば

コート・ダジュール空港

トラム開通は知ってたけどトラム駅からホテルまでが自信なくてタクシーを選択。
深夜 移動(車)

移動(車)

ガイドブックによると空港から市内は€32均一と聞いてたのにドライバー曰く基本料金が€32とのこと。荷物代も含め€45。後で聞くとやはりぼられたらしい。まあ大した差ではないけど。
深夜 宿泊施設

メルキュール ニース プロムナード デ アングレ

てことで何とかホテル到着。夜も遅いしあとは寝るだけ。
2日目 2019年08月10日(土)
宿泊施設

メルキュール ニース プロムナード デ アングレ

起床は7時。今日は朝からエズ&モナコ観光。朝食はホテル違えどどこも似たようなメニュー。パン美味しい♪
09:00 移動(車)

移動(車)

VELTRAで手配した日本人ガイドの半日ツアー。何と客は自分たちだけで、プライベートツアーに。ラッキー!!
人気スポット

マルシェ

まずはニース市内のマルシェ見学。果物やオリーブオイルなど色鮮やかで楽しい。
10:30 - 11:15 人気スポット

エズの街

途中ニース市内を一望できるポイントで写真を撮りつつ、鷲の巣村として有名なエズ村へ。
遊園地・テーマパーク

エズ村熱帯植物公園

頂上は別料金で熱帯植物園に入場して地中海を一望。
午前 移動(車)

移動(車)

エズからモナコはわずか10分程度。車の出入りだけでもモナコは税金等面倒なのだそう。イミグレはないけど、れっきとした独立国。
11:30 - 12:30 人気スポット

モナコ観光

カジノとホテルドパリの前と、大聖堂と市庁舎前でフリータイム。衛兵交代に人だかりが。
移動(車)

移動(車)

道路の渋滞はなく帰りもスムーズで、通常ホテル送りだけど自分だけなので、少し離れたマティス美術館まで送ってもらう。
13:00 - 14:00 美術館・博物館

マティス美術館

ニースの2大美術館の1(もう一つはシャガール)を見学。
午後 食事

食事

美術館の中には食べる場所なく、隣接する公園のスタンドカフェでサンドイッチが今回の初ランチ。
移動(バス)

移動(バス)

市内に戻るバスは下調べなしでとにかく行けるところまで行く。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

下りた場所はホテルからも少し距離があるので、明日の鉄道移動に備え駅を下見に行く。
ターミナル・駅のりば

ニース駅

暑い中を15分あまり歩いて駅に到着。列車の表示、改札の仕方、ホームに入るタイミングなどを確認して、次はホテルへの移動方法確認のため歩く。
夕刻 移動(徒歩)

移動(徒歩)

事前調査で徒歩約15分、おおむねその通り。道路は平たんだがすでに歩き疲れてヘロヘロ。明日はトラム利用に決定。
宿泊施設

メルキュール ニース プロムナード デ アングレ

歩き疲れてホテルで一休み。
夕刻 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテルはプロムナードデサングレの目の前。ビーチを眺めながら旧市街へ。
建物・史跡

城跡公園

ガイドブックに必ず載ってるニース海岸の絶景写真の景色を見に旧市街東側の公園へ。絶景即ち登る必要あり、エレベータで登るが、公園内はもう歩きたくないてことですぐ戻る。
建物・史跡

旧市街

旧市街に戻って買い物など。アイスを食べ、オリーブオイルをお買い上げ。
グルメ

Le SAFARI

夕食はガイドブックに従い、旧市街にあるシーフードレストランへ。外は暑いので店内にしたが、虫が多くて失敗。料理はうまかったけど。
宿泊施設

メルキュール ニース プロムナード デ アングレ

初日から歩き疲れてヘロヘロ。2万歩越えで明日が思いやられる。お休みなさい!
3日目 2019年08月11日(日)
人気スポット

プロムナード・デ・サングレ

早くもニース最後の朝。朝食後に海辺を少し散歩。
宿泊施設

メルキュール ニース プロムナード デ アングレ

宿泊費は事前に旅行会社に支払い済だったが、チェックアウト時に市民税のみ徴収。大した金額でないが聞いてないよー。
移動(電車)

移動(電車)

結局駅へはトラムを利用。トラム駅まで徒歩5分、トラム2駅3分、下りて徒歩3分。待ち時間入れるとすべて徒歩とさして変わらないが、体力キープは大事。
ターミナル・駅のりば

ニース駅

前日の下見のおかげでスムーズに列車に。
10:00 - 13:28 移動(電車)

移動(電車)

TGVは荷物棚上段にスーツケースを持ち上げるのに一苦労。でも道中は快適。
午後 ターミナル・駅のりば

アヴィニョンTGV駅

遅れなく到着。ホームから改札まですべてスロープになってるなど先進的施設にびっくり。中央駅までどう行くか迷ってたら親切にバスに乗れと言ってくれた人がいたがどのバスかわからず、タクシーもおらず、列車で行くことに。
移動(電車)

移動(電車)

切符の自動販売機の操作に苦労した(朝のトラムも同じだった)が、在来線に乗り換えて1駅。
ターミナル・駅のりば

アヴィニョン・サントル駅

城壁を臨む中央駅に到着。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテルまではこれまた徒歩約15分の情報も、一本道だしと歩くことに。
宿泊施設

Hotel de l'Horloge

予定よりやや遅れてホテルにチェックイン。
食事

食事

早速ホテル前の時計台広場で軽くランチはクロックムッシュ。
夕刻 建物・史跡

法王庁宮殿

ようやく本日の観光開始。早速世界遺産の法王庁へ。すると今晩からVibrationなる光のショーが始まるとのことで、それも込みの入場券購入。日本語のオーディオガイド付きで、各ポイントで読み込むとバーチャルリアリティでその場所の往時の装飾が画面に360度画像で出てくる優れもの。実物は殺風景だが、なかなか楽しめた。
人気スポット

サン・ベネゼ橋(アヴィニョン橋)

続いて「アヴィニョンの橋で踊ろよ踊ろよ」の歌で知られるサン・ヴェネゼ橋へ。まず高台の公園から橋を望んでから入場。時刻は6時頃もまだ日は高く暑いが、川の途中で終わっている橋は観光客で一杯。
人気スポット

時計台広場

帰りは公園を通らずにお土産屋など眺めながら時計台広場へ。
宿泊施設

Hotel de l'Horloge

夜のショーに合わせて夕食を採るまでホテルで一休み。しかし部屋は狭く、座る場所もなくて快適とは言い難い。
食事

食事

夕食はランチを食べた時に隣の店が流行っていたのでそちらへ。
21:30 - 22:30 建物・史跡

アヴィニョン教皇庁

ショー開始は21:30。日没は21時過ぎなのでそれくらいでないと暗くならないので当然の設定。初日のため大人気で入るまで長蛇の列。座席はなく、法王庁の中庭で40分程度立って見るだけ。しかし映像は素晴らしく、足の疲れも感じなかった。
宿泊施設

Hotel de l'Horloge

ショー終了後はさすがに疲れを感じ、ホテルへ直行しておやすみ。ベッド狭くてなかなか寝付けず。
4日目 2019年08月12日(月)
07:30 - 08:00 宿泊施設

Hotel de l'Horloge

このホテルのWEB SITEを見ると朝食はアヴィニョンNo1と謳っているが、それにまあふさわしいと言えるレベル(もちろん他のホテルは知らないが)。
08:55 その他

ツーリスト インフォメーション

今日はプロヴァンスツアー。徒歩7-8分の集合場所は観光案内所。
移動(車)

移動(車)

ツアーは何と自分たちだけのプライベートツアーに。元々日本語か英語かわからないというツアーだったが英語だったのは少し残念。インドか中東系と思われるおじさんガイドと共にスタート。
09:30 - 10:15 世界遺産

ポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)(ポン・デュ・ガール)

まずは世界遺産の水道橋、ポンデュガールへ。このツアーは車で説明したら下車後は自由時間で、2人だけなので時間も自由。橋を上から下から見て再び車へ。
移動(車)

移動(車)

次はアルル。昨日の疲れが出たか車内は爆睡。着いたかと思ったら街を通り抜けてちょっと外れにあるゴッホの跳ね橋へ。
11:00 - 11:15 人気スポット

ヴァン・ゴッホ橋

橋のそばにはゴッホの絵の看板も。本物は戦争で壊され、戦後に再建されたものだそうです。
11:30 - 14:00 ショッピング

アルル旧市街

アルルの街に戻って自由時間開始。
人気スポット

古代劇場

まずは二つの世界遺産に入場。古代劇場は修復途上も実際に何かやってそうな舞台。
人気スポット

円形闘技場

続いて闘牛ならぬ闘人をやっていた競技場。2000年も昔に作られた施設としては確かにすばらしい。
グルメ

カフェ ヴァン ゴッホ

ランチはゴッホの「夜のカフェテリア」のモデルとされるカフェへ。のんびりMenuを頼んだらなかなか料理が出て来ず焦る。でも料理はおいしかった!
人気スポット

エスパス ヴァン ゴッホ

最後に駆け込みで「アルルの療養所の庭」を再現した、今は商業施設になっている場所を見て集合場所へ。
移動(車)

移動(車)

再び車内では爆睡。
14:45 - 15:30 人気スポット

レボードプロバンス街並み

フランスの美しい村のひとつ、レボードプロヴァンスへ。白い岩の上に城がそびえ立つ。別料金の城への入場はせず、村をそぞろ歩き。予想以上に観光客でいっぱい。
移動(車)

移動(車)

16:00 - 16:30 建物・史跡

サン=ポール・ド・モゾル修道院

最後の訪問地はゴッホが入院していた病院がミュージアムになっているサンレミドプロヴァンス。
夕刻 移動(車)

移動(車)

帰りもやっぱり車内は爆睡。よく寝ました。予定より若干早くアヴィニョン戻り。ホテルまで送ってもらいました。
食事

食事

良く寝たけど疲れはピーク。もう歩きたくない!という気分で、夕食はホテル近くの店へ。外しました。。
宿泊施設

Hotel de l'Horloge

お疲れで早めにお休み。
5日目 2019年08月13日(火)
宿泊施設

Hotel de l'Horloge

朝食時に朝食会場の2階にサロン発見。部屋でゆっくりできない分はここでできたのか!チェックアウト直前に気づいて時すでに遅し。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

駅まではタクシーやバスも検討したが結局歩き。
午前 ターミナル・駅のりば

アヴィニョン・サントル駅

今日は在来線途中乗り換えでカルカッソンヌまで。
09:38 - 11:49 移動(電車)

移動(電車)

まずは2時間かけてナルボンヌまで。空いてたので荷物は座席横に。
ターミナル・駅のりば

ナルボンヌ駅

乗換で事件発生。自分たちが乗るはずの列車がキャンセルに。慌てて駅員に聞いたら、同じ方向に行く次の列車に乗ればいい、切符も買い直し不要とのこと。周りの人も動き出したので乗り込む。
13:00 - 13:30 移動(電車)

移動(電車)

当然指定席はないが、とりあえず空いてる席に座る。どうやら指定席のようなので券を持ってる人が来たら譲らなくてはいけないけど、幸い来ず、途中で連れと入れ替わって約30分。
ターミナル・駅のりば

カルカッソンヌ駅

無事30分程度の遅れでカルカッソンヌ着。
午後 移動(車)

移動(車)

ここは徒歩でなくタクシーを選択。ボラれることなく数分でホテルに到着。
宿泊施設

ホテル デ トロワ クーロンヌ

川沿いでシテを望む好立地のホテルにチェックイン。部屋は2階だけどシテはどーんと見える部屋。部屋も広いしツインだし、よかったよかった。
食事

食事

既に時刻は3時過ぎ。シテ観光に向けて腹ごしらえ。とりあえず街の方に歩いていき、適当に見つけた小さなカフェでキッシュを分け合う。
午後 移動(徒歩)

移動(徒歩)

いよいよシテ観光へ出発。目の前の川に架かる橋が写真ポイントの一。ホテルで聞いたルートで歩いて12-3分ほど、シテの門には多くの観光客が。
世界遺産

歴史的城塞都市カルカッソンヌ(歴史的城塞都市カルカッソンヌ)

早速入って有料施設のコムタル城へ。超満員でぞろぞろ並びながら歩く。オーディオガイドを借りなかったので景色を眺めて写真を撮るだけで城壁を巡る。
ぶらつく

ぶらつく

ホテルの部屋にパスポートを置き放しだったことに気づき(部屋に金庫なし)、いったん戻って今度は裏の門から入城。(コムタル城以外は入城無料)大聖堂やお土産屋をひやかし、ちょっと早いが目当てのレストランへ。
19:00 - 20:00 グルメ

オーベルジュ・ド・ダム・カルカス

ガイドブックお勧めのレストランへ。予約なしだが早い時間ならOK。フランス語ができない自分のリクエストがなかなかわかってもらえないでいると、後ろからいきなり子供に日本語で話しかけられる。
ぶらつく

ぶらつく

食事後は急に涼しくなってきて、あわててお土産をいくつか買ってホテルに戻る。
宿泊施設

ホテル デ トロワ クーロンヌ

ホテルに戻る時に屋上に人がいたのでフロントで聞くと誰でも行けるとのこと。日暮れを待って屋上に上がる。ちょうどシテの真上に満月が。写真を撮って大満足。明日はフランスともお別れ。
6日目 2019年08月14日(水)
宿泊施設

ホテル デ トロワ クーロンヌ

朝食は最上階のシテビューが自慢のレストラン。レストランからの眺めのいいけど、やはり屋上には負ける。食後にもう一度屋上に上がって再満足。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

行きはタクシーだけど帰りは歩きで駅へ。 街の繁華街は傘の装飾がかわいい。
世界遺産

ミディ運河

駅前にもう一つの世界遺産、ミディ運河のクルーズ発着地点あり。運河沿いを歩くのも気持ちよさそうだけど荷物もあるのであきらめ。
ターミナル・駅のりば

カルカッソンヌ駅

09:39 - 10:12 移動(電車)

移動(電車)

まずは昨日と同じナルボンヌまで。
ターミナル・駅のりば

ナルボンヌ駅

昨日と同じトイレに行って、いよいよスペインへの国際列車に乗り込む。
10:33 - 12:38 移動(電車)

移動(電車)

列車はスペイン国鉄RenfeのAVE。こちらもフランスのTGVと同じく快適。 途中国境近くでパスポートチェックあり。スタンプは押してもらえないけど。
ターミナル・駅のりば

バルセロナ サンツ駅

無事スペインはバルセロナに到着。
午後 移動(電車)

移動(電車)

地下鉄10回券を買って5号線に乗って最寄駅のサグラダファミリアまで乗り換えなし。
宿泊施設

アイレ ホテル ロゼロン

地下鉄下りて徒歩約5分(あとでもっと近いことが判明)で無事ホテル着。新しいデザインホテルといった感じでなかなかおしゃれ、部屋も広いし金庫もある。
グルメ

エルス・ポルショス

バルセロナ最初のランチは手近なところでサグラダ目の前のレストランでイカ墨パエリア(アロスネグロ)を。
その他

STワールドバルセロナ支店

今日はサグラダファミリア観光1本なので移動は控えめにして、ちょうど近くにある旅行会社の支店を訪問してお土産ゲット&ディナーのレストランを紹介してもらう。
17:30 - 19:30 世界遺産

サグラダ・ファミリア聖堂

ホテルに戻って一休みした後、日本でオフィシャルサイトから予約した時間にサグラダファミリアへ。まだ工事中で大して何も見れなかった8年前とは見違える工事進行に充実したオーディオガイドでガウディ建築の勉強ができました。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

STワールドで紹介されたレストランへ、ホテルから徒歩8分ほど。
20:00 - 21:00 グルメ

TOSSA

タパスレストランでタコのガリシア風など。住宅街の静かなところなのに客は結構入っていてお勧め正解。
宿泊施設

アイレ ホテル ロゼロン

明日はハードスケジュールなので早めにおやすみなさい。
7日目 2019年08月15日(木)
宿泊施設

アイレ ホテル ロゼロン

朝食のメニューはいずこもほぼ同じ。ここではデザートがやや充実。
移動(電車)

移動(電車)

Sagrada Familia (5)→Verdogur(4)→Urquinaona
10:00 - 11:00 世界遺産

カタルーニャ音楽堂

朝一はモンタネール建築の世界遺産へ。ここは原則ガイドツアーでしか入れず、10時が朝一番の英語ツアー。でも客はほぼアジア人、早めに来て待っているのは日本人、そこへ中国人団体がどっと来て主従逆転。中は言うまでもなく素晴らしかったです。
移動(電車)

移動(電車)

Urquinaona(4)→Passage de Gracia
11:30 - 13:00 人気スポット

カサ・バトリョ

続いてガウディ建築世界遺産その1へ。激混みの中時間指定なしの便利なチケットですんなり入場。今回どこでもそうだがオーディオガイドはVRの優れもの。建築の細部もばっちり学習。
移動(徒歩)

移動(徒歩)

次の目的地へ一目散に歩く
13:10 - 14:00 グルメ

Cafe de la Pedrera

カサミラ内にあるカフェでランチ。大人気で特に日本人多し。
14:00 - 15:00 世界遺産

カサ・ミラ

ガウディ建築の世界遺産その2。こちらは建築というより家具などを置いて住宅としての使われ方を展示する趣向。
お茶

お茶

ここまで予定の時間に終われたお祝いに?前回も行ったケーキ屋Mauriでケーキを買ってホテルの部屋で食す。
移動(電車)

移動(電車)

Diagonal→(5)Sagrada Familia
午後 宿泊施設

アイレ ホテル ロゼロン

ケーキと日本から持ち込みのドリップコーヒーで夜の部に向けて一休み。
移動(電車)

移動(電車)

Sagrada Familia→(5)Collblanc
17:00 - 19:00 人気スポット

カンプ・ノウ

ガウディに負けない人気との情報もありFCバルセロナの本拠地カンプノウスタジアムツアー見学。記者会見場、ロッカールーム、そしてピッチサイドとベンチなど見学して大興奮。そしてスタンドも下から上まで。お土産もゲット。
移動(電車)

移動(電車)

Palau Reial→(3)Liceu
20:00 - 20:30 グルメ

El Drac de Sant Jordi

最後のディナーはチープに(明日のランチを豪華目にすることで)ランブラス近くのピンチョスバル、ピンチョス4種、ドリンク1杯、デザートで€10ポッキリの店。
移動(電車)

移動(電車)

Liceu→(3)Diagonal→(5)Sagrada Familia
世界遺産

サグラダ・ファミリア聖堂

最後にサグラダファミリアの夜景を。9時過ぎに着いてもうあたりは暗いのにライトアップされてなくてあれと思ったら9時半に点灯。しかしスマホで夜景の自撮りは難しい。
宿泊施設

アイレ ホテル ロゼロン

このホテルはサグラダファミリアが見えることがウリだが、ライトアップは二方からのみで、ホテルから見えるのは側面で、見栄えはいまいち。近いんだから近くまで行く方がいいね。てことで最後の晩。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(2人の旅行)

  • 移動  20,000円
  • ツアー代 1,000,000円
  • 宿泊  2,000円
  • 観光  90,000円
  • 食事  60,000円
  • その他 20,000円

合計1,192,000円(一人当たり 596,000円)

旅行記の写真 Pick Up!

2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅 2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅 2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅

近くの旅スケジュール

2013,05~06;イスタンブル~南仏~チェスキー~ウィーン(前編)

2013,05~06;イスタンブル~南仏~チェスキー~ウィーン(前編)

3度目のイスタンブル、2度目の南仏 (前編)

列車の旅 コートダジュール~プロヴァンス~パリ

列車の旅 コートダジュール~プロヴァンス~パリ

列車の旅 コートダジュール~プロヴァンス~パリ

トラブル続きの南フランス~3~マルセイユ、エクサンプロヴァンス+パリ

トラブル続きの南フランス~3~マルセイユ、エクサンプロヴァンス+パリ

ラベンダーの季節に合わせて南フランスを周遊。初っ端からトラブル続きでもう大変!

トラブル続きの南フランス~1~アエロフロート・ビジネスクラス

トラブル続きの南フランス~1~アエロフロート・ビジネスクラス

ラベンダーの季節に合わせて南フランスを周遊。初っ端からトラブル続きでもう大変!最大のトラブルがロスバゲ。

トラブル続きの南フランス~2~ニース

トラブル続きの南フランス~2~ニース

ラベンダーの季節に合わせて南フランスを周遊。初っ端からトラブル続きでもう大変!

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

2019夏休み 南仏&バルセロナ7泊9日 列車で横断の旅へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

ツアー代が航空券、ホテル、列車代。移動はタクシーや地下鉄など。宿泊は各ホテルで取られたCity Tax、その他はお土産など。
各施設の入場料が高い(特にバルセロナ)。食事は高級店には全くいかず、かなり抑えた方かも。ツアー代はお盆のピーク時なのでクソ高い。まあホテルは結構ましなところばかりにしたけど。

新着スケジュール