海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPキューバ 世界遺産を巡る旅の旅

キューバ 世界遺産を巡る旅

キューバの世界遺産(ハバナ、シエンフェゴス、トリニダ、カマグェイ、サンチャゴデクーバ)をツアーを使って巡ります。

キューバ 世界遺産を巡る旅
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

キューバ 世界遺産を巡る旅

1日目 2019年11月27日(水)
自宅

自宅

キューバを個人旅行しようと「地球の歩き方」を開くも、交通インフラが整っておらず、一人旅で地方に行くのは無理と分かり、(個人でハバナのみの旅行ならば何とかなるかも知れない。) 地方まで行程が組まれているパッケージツアーを探した。すると、クラブツーリズム社が催行している「連泊でめぐる キューバ大周遊10日間」ツアーを捜し当てた。それに参加して、キューバの世界遺産巡りをする。
12:40 移動(徒歩)

移動(徒歩)

荷物はJALABCで羽田空港に送ってあり、身軽で出発。(宅配、往復で¥4770 旅行社の割引少しあり)
13:08 移動(電車)

移動(電車)

最寄駅からJR在来線で名古屋まで、新幹線で品川まで、京急で羽田空港国際線ターミナルまで乗る。
15:46 ターミナル・駅のりば

東京(羽田)国際空港

JALABCのカウンタで荷物を受取り荷造りし直し、団体カウンタに行くと今回の添乗員と会う。今回のツアーメンバーは15名。 エアカナダのカウンタでチェックインする。マイレージはUAのマイレージプラス(スターアライアンス)に付ける。  (地図位置情報なし)
18:45 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア・カナダ

AC002便 777-300ER 機内はほぼ満席だったが、隣は空席でラッキー。  時計をカナダ・トロント時間(-14時間)とする。 機中では、「地球の歩き方」を読んでキューバの事を勉強した。
16:12 ターミナル・駅のりば

トロント・ピアソン国際空港

トランジットする。カナダは、eTAが必要で、事前に自ら取ってあった。パスポートを自動機にかざし、セキュリティーチェックを受け、次のゲートに進む。
20:41 移動(飛行機)

移動(飛行機) / エア・カナダ

AC1876便 Airbus319 エア・カナダルージュとの共同運航便で完全にLCC。 機内はほぼ満席。 キューバはトロント時間と時差なし。
23:47 ターミナル・駅のりば

ホセ・マルティ国際空港

キューバ ハバナ国際空港   両替所で2万円を両替。177CUCになる。1CUC=¥112.94 だいたいUS$と同じ額。CUCは外国人専用の紙幣で、キューバ国民はCUPというのを使っている。
2日目 2019年11月28日(木)
01:20 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス) 日を跨いで空港を出発。
01:53 宿泊施設

HOTEL SEVILLIA

ハバナ旧市街近くにある大型5★ホテル。しかし、設備は古く3★並み。建物はコロニアル様式で味がある。
09:36 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
09:39 建物・史跡

旧国会議事堂(カピトリオ)

白亜のドーム天井が聳える建物。アメリカ合衆国の国会議事堂(ホワイトハウス)をモデルとしておりその姿はそれにそっくり。中にはキューバの国旗をまとった女性像があり、共和国の象徴となっている。高さ15mで世界で3番目に大きな像
10:55 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
11:04 ショッピング

民芸品市場

キューバの民芸品を売っている。  (地図位置情報なし)
11:36 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
11:51 グルメ

ラボテギータデルメディア

ヘミングウェイが通ったレストランとして有名。壁には多くの訪問者のサインが書かれている。 キューバの郷土料理をいただく。
12:39 世界遺産

オールド・ハバナとその要塞群(オールド・ハバナ)

世界遺産(文化遺産)  首都ハバナのスペイン・コロニアルの情緒を残す旧市街と要塞群が世界遺産に登録されている。  カテドラル → フエルサ要塞 → アルマス広場 → サンフランシスコ広場 → ビエハ広場 → ホテル・アンボス・ムンドス → オビスポ通り と見学(全て外観のみ)
14:08 人気スポット

フロリディータ

ヘミングウェイが通ったバー。店を入って左側のカウンターにヘミングウェイの像がある。 カクテルのダイリキをいただく。
14:41 移動(徒歩)

移動(徒歩)

セントラル公園を経て。
14:45 美術館・博物館

革命博物館

メモリアル・グランマがある。カストロとチェ・ゲバラら革命家がバティスタ政権を倒す為メキシコからキューバに密航した際に使用されたヨット。 (外観のみ)
15:30 移動(車)

移動(車)

ココタクシー  インドのオート・リクシャーのようなもの。黄色くて可愛い。
15:46 グルメ

Coppeliaのアイスクリーム

新市街にあるアイスクリーム屋。映画「苺とチョコレート」に登場する。 アイスクリームをいただく。
16:06 移動(車)

移動(車)

クラシックカー・タクシー  キューバ革命(1959年)以前に走っていたアメ車が今も現役で街を走る。
16:16 人気スポット

革命広場

メーデーなどで国家評議会議長の演説の場として知られる。 広場には白亜のホセ・マルティ記念博物館がある。内務省の壁にはゲバラの顔のモニュメントが付いていて、隣り合う情報通信省の壁にはカミーロ・シエンフエゴスの顔のモニュメントが付いている。
16:32 移動(車)

移動(車)

クラシックカー・タクシー
16:58 宿泊施設

HOTEL SEVILLIA

夕食はホテルでビュッフェ。
21:02 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
21:28 イベント

CABARET TROPICANA

キューバの夜を代表するエンターテーメント。90人ものダンサーが次々と現れ乱舞する様子は圧巻。
23:54 移動(バス)

移動(バス)

宿泊施設

HOTEL SEVILLIA

24:22  日を跨いで帰着。
3日目 2019年11月29日(金)
06:45 宿泊施設

HOTEL SEVILLIA

09:03 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
09:19 ショッピング

アグロ市場

生鮮食料品が並ぶ。  (地図位置情報なし)
09:45 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス) コヒマルに向かって出発。
10:22 美術館・博物館

ヘミングウェイ博物館

ヘミングウェイが住んだ家。「誰がために鐘が鳴る」の売り上げでこの邸宅を購入し、「老人と海」を執筆した。
11:20 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
11:42 建物・史跡

コヒマル

ハバナ郊外の小さな漁村。ヘミングウェイの「老人と海」の舞台となった有名な所。公園には村民が建てたヘミングウェイの胸像がある。
11:55 食事

食事

コヒマルの小さなレストランで昼食。魚介のパエリアをいただく。
13:04 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
16:32 世界遺産

シエンフェゴスの都市歴史地区(シエンフェゴスの都市歴史地区)

世界遺産(文化遺産)  砂糖をはじめ、コーヒーやタバコ貿易の拠点として1819年に、フランス人の移民により造られた町。  見学時間が短くて残念。
17:08 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
19:00 宿泊施設

CLUB AMIGO COSTASUR

トリニダ―近郊のカリブ海に突き出た砂州状の地にアンコンはある。そのアンコン・ビーチに立つ、オールインクルーシブのリゾート型3★ホテル。  夕食はホテルでビュッフェ。
4日目 2019年11月30日(土)
07:37 宿泊施設

CLUB AMIGO COSTASUR

朝食・昼食もホテルでビュッフェ。 午前中はホテルのビーチでカリブ海を見ながら過ごした。
14:03 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
14:27 世界遺産

トリニダ―旧市街

世界遺産(文化遺産)「トリニダードとロス・インヘニオス渓谷」  町は1514年頃黄金を捜しに遣って来たディエゴ・デ・ベラスケスによって築かれた。黄金は見付からなかったが、サトウキビのプランテーションでその作物と奴隷売買の中心地として栄えた。  市立歴史博物館は、奴隷を使ってサトウキビ農園を営み繁栄した邸宅跡。
16:37 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
16:45 世界遺産

ロス・インヘニオス渓谷展望台

世界遺産(文化遺産)「トリニダードとロス・インヘニオス渓谷」  18から19世紀にかけて植民地時代に大規模なサトウキビ農園であった所で多くの奴隷が働かされていた。  (地図位置情報なし)
17:08 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
17:38 宿泊施設

CLUB AMIGO COSTASUR

ホテルに戻ると丁度サンセットの時間であった。 夕食はホテルでビュッフェ。
5日目 2019年12月01日(日)
06:15 宿泊施設

CLUB AMIGO COSTASUR

08:31 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス) サンタ・クララに向けて出発。
10:51 その他

チェ・ゲバラの霊廟

ゲバラの名言「常に勝利に向かって」の書が書かれた台座の上に、6mを超える巨大なゲバラの銅像が立っている。
11:41 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
11:50 食事

食事

サンタ・クララのホテルのレストランで昼食(ビュッフェ)
12:57 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
13:10 建物・史跡

トレン・ブリンダード記念碑

革命勝利の1年前に、チェ・ゲバラが指揮する革命軍はここでバティスタ政権の装甲車を襲撃し多くの武器を収奪した。これにより、バティスタは亡命の決意をし、革命勝利のきっかけとなった。
13:33 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
13:35 その他

チェ・ゲバラの銅像

子供を抱く、チェ・ゲバラの銅像が立つ。
13:39 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス) カマグェイに向けて出発。
18:12 宿泊施設

GRAN HOTEL CAMAGUEY BY MELIA

旧市街にある4★ホテル。部屋が狭い。  夕食はホテルでビュッフェ。
6日目 2019年12月02日(月)
04:26 宿泊施設

GRAN HOTEL CAMAGUEY BY MELIA

08:00 移動(徒歩)

移動(徒歩)

ホテルから荷物を持って、バスに預け、メルセー教会まで歩く。
08:09 世界遺産

カマグェイの歴史地区(カマグェイの歴史地区)

世界遺産(文化遺産)「カマグェイの歴史地区」  キューバで最も古い町。広場と路地が迷路の様になった独特な造りが特徴で、コロニアルな町並みを構成する54の教会や建物が2008年に世界遺産に登録された。  ビジタクシー(インドのサイクルリクシャーの様なもの)で旧市街を巡る。  残念ながらここも見学時間が少ない。
08:48 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)  サン・ファン・デ・ディオス広場からバスに乗り、サンティアゴ・デ・キューバに向かう。
12:54 食事

食事

パヤモのセスペデス広場に面するロイヤルトンホテルのレストランで昼食。
14:14 その他

パヤモ旧市街,サスペデス広場

パヤモは1513年に造られた歴史ある町。馬車の町と呼ばれているほど、馬車が重要な足となっている。 パヤモは建国の父、カルロス・マヌエル・デ・セスペデスが生まれた場所である。  広場からサスペデスの生家を見る。
14:24 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)  途中バスのタイヤがパンクするアクシデント。
16:44 建物・史跡

コブレの聖母寺

キューバの守護神であるカリダーと呼ばれる、褐色の聖母像が安置されている。キューバ人にとっての聖地である。また、ヘミングウェイの「老人と海」に出て来る教会である。
17:14 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
17:44 宿泊施設

HOTEL MELIA SANTIAGO DE CUBA

サンティアゴ・デ・キューバにある5★ホテル。設備も新しく申し分ない。  夕食はホテルのイタリアンレストランでイタリアン。
7日目 2019年12月03日(火)
05:40 宿泊施設

HOTEL MELIA SANTIAGO DE CUBA

07:47 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
09:40 美術館・博物館

Museo Conjunto Historico de Biran (カストロの生家)

ビランは元国家評議会議長フィデル・カストロと、弟のラウル・カストロが生まれ育った町。ビランの中心部から3㎞離れた農場に生家があり博物館として公開さてれいる。
10:32 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
12:29 食事

食事

モロ要塞近くのレストランで昼食。魚料理をいただく。
13:44 世界遺産

サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城(サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城)

世界遺産(文化遺産)「サンティアゴ・デ・クーバのサン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城」 モロ要塞の名で知られる。海賊の攻撃を防ぐために、1500年代に基礎が造られ、1638年にイタリア人によって本格的要塞として設計され、1643年に完成した。最上部からカリブ海と半島の美しい風景が楽しめる。
14:25 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
14:55 美術館・博物館

グランヒータ・シボネイ

キューバ革命の始まりの地。かつて養鶏場だったが、カストロら革命軍が集結し、襲撃作戦を練ったり武器を隠していた場所。
15:21 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
15:48 美術館・博物館

7月26日モンカタ兵営博物館

キューバ革命の火蓋を切った歴史的な場所。博物館の入口になっている3番ゲートには今も当時の弾痕が残っている。
16:26 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
16:36 その他

サンタ・イフィヘニア墓地

元最高指導者のフィデル・カストロの墓がある他、モンカダ襲撃で亡くなった革命軍のメンバーや、著名人の墓もある。また、キューバ建国の父ホセ・マルティの墓は衛兵に守られている。
17:16 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
17:23 人気スポット

セスペデス広場

独立運動の英雄セスペデスの名を冠した、サンティアゴ・デ・キューバ旧市街の中心となる広場。カテドラル、ベラスケスの家、市庁舎が広場に面する。 来る時間が遅く、広場は既に真っ暗であった。
17:55 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
18:18 食事

食事

旧市街にあるZUNZUNと言うレストランで夕食。チキンをいただく。
19:39 移動(バス)

移動(バス)

専用車(大型バス)
19:43 宿泊施設

HOTEL MELIA SANTIAGO DE CUBA

カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

キューバ 世界遺産を巡る旅 キューバ 世界遺産を巡る旅 キューバ 世界遺産を巡る旅

近くの旅スケジュール

一人旅@キューバ7日間

一人旅@キューバ7日間

観光地化された社会主義国のキューバの生活を見に行きました。

親子二人でハバナ・バラデロ旅行

親子二人でハバナ・バラデロ旅行

1950年代が残るというキューバ!! 行くなら今しかない!!

あ、キューバ行こう〜

あ、キューバ行こう〜

2016年のゴールデンウィーク、キューバ一人旅。

今話題のキューバへ!4泊6日女子旅♪

今話題のキューバへ!4泊6日女子旅♪

話題のキューバに女子2人で行ってきました。クラシックなアメ車と海!

社会主義国キューバ

社会主義国キューバ

陽気なキューバ人と仲良くなりましょう

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

キューバ 世界遺産を巡る旅へのコメント

ロンドンオリンピックさん  2019/12/26 19:43

ihcim02さん
コメントありがとうございます。また、ツアー中はお世話になりました。
コロニアルの町々やキューバ革命の旧跡などがあり、なかなか良かったですね。

ihcim02さん  2019/12/25 13:23

このツアーに夫婦で同道しました。貴方の詳細なレポートで楽しい思い出が蘇ってきました。晩秋の日本から太陽と音楽が溢れるキューバへの旅は最高でした。


※コメントの投稿にはログインが必要です

メモ

参考文献: 「地球の歩き方」 B24 キューバ 2019~2020年版

新着スケジュール