海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOPコロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡りの旅

コロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡り

20年6月~21年11月にかけて日帰りで何回かに分けて武蔵の国の城巡りをしてきました。まあ、年内は関東がせいぜいですな。

コロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡り
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

コロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡り

1日目 2020年06月06日(土)
自由記入欄

2020年6月6日、武蔵城巡り。

移動(車)

移動(車)

6/6、マイカーで移動。
午前 建物・史跡

八王子城

北条氏康の三男である氏照によって築城。築城の際には、織田信長の安土城を参考にしたともいわれる。小田原城の支城であり、北条氏最大の支城。豊臣秀吉の小田原征伐の一環として豊臣方の上杉景勝・前田利家・真田昌幸らに攻められ、落城。その後、徳川家康によって廃城。国の史跡や日本100名城に選ばれ、発掘調査や整備も進み、御主殿跡付近の石垣、虎口、曳橋などが復元。
午前 建物・史跡

滝山城

北条氏康の三男・北条氏照の居城として知られており、多摩川や秋川を堀に利用した天然の要害で、関東随一の規模を誇る。木曽義仲の末裔である大石定重が1521年(永正18年)に築いたといわれるが、築城年については諸説がある。1569年(永禄12年)には小田原攻撃に向かう武田信玄の軍勢に攻められ、落城寸前にまで追い込まれたため、八王子城を築城し移転。現在も遺構として本丸・中の丸・千畳敷跡空堀などが残っており、国の史跡に指定。
移動(車)

移動(車)

マイカーで昼過ぎに帰宅。
2日目 2020年06月07日(日)
自由記入欄

2020年6月20日、武蔵城巡り。

07:53 - 08:13 移動(電車)

移動(電車)

川越市から東松山まで。
移動(車)

移動(車)

レンタカーを利用。
午前 建物・史跡

忍城址

成田氏の居城。関東七名城のひとつ。石田三成による水攻めは日本三大水攻めのひとつに数えられており、映画にもなった小説『のぼうの城』などで紹介。江戸時代には老中・阿部忠秋などが城主を務める。
午前 建物・史跡

鉢形城址

長尾景春によって築かれた城で、関東地方に所在する戦国時代の城郭としては比較的きれいに残された城のひとつ。北条氏が支配していた頃には武田信玄でも上杉謙信でも落とせなかったほどの堅城だが、豊臣秀吉による小田原征伐で落城。
午前 建物・史跡

杉山城

典型的な中世山城で、地形を巧みに利用した縄張りは屈指の名城と評価。扇谷上杉氏と山内上杉氏による「長享の乱」(1487年〜1505年)のあと、山内上杉氏側によって築かれた城だと考えられている。その後、松山城と同時期に北条氏の属城となり、1590年(天正18年)の「小田原の役」で廃城になったと考えられる。城趾には曲輪および、それに付随する堀や土塁、虎口、土橋などが良好な状態で現存。
建物・史跡

菅谷館

山内上杉家の家臣である太田資康が扇谷上杉家の拠点である河越城に対するおさえとして城主をつとめる。もともとは鎌倉幕府の有力御家人として知られる畠山重忠の館跡と考えられている。土塁が良好に保存されており、曲輪の配置も確認することができる。なかでも鎌倉時代における菅谷館の中心部分と考えられる本郭(本丸)部分は中世館跡の遺構例としては稀少な遺跡で、国の史跡に指定。また、三の郭跡に埼玉県立嵐山史跡の博物館が建てられている。
13:27 - 13:48 移動(電車)

移動(電車)

東松山から川越市まで戻る。
午後 移動(車)

移動(車)

タクシーで移動。店の予約をしてから城へ。
午後 建物・史跡

川越城 本丸御殿

太田道真、太田道灌父子によって築かれた城で、関東七名城のひとつ。日本三大夜戦のひとつ「河越夜戦」の舞台となった城でもある。江戸時代には川越藩の藩庁が置かれ、江戸の北側の防衛線として重要視された。松平信綱(知恵伊豆)や柳沢吉保など幕府の要職についた歴代藩主が多く、特に江戸時代中期までは「老中の居城」。1848年(嘉永元年)に建られた本丸御殿の一部が現存。本丸御殿大広間が現存しているのは、日本では川越城の他には高知城のみで、大変貴重な遺構。
午後 建物・史跡

永島家住宅

道すがら開いていたので入った。
午後 グルメ

いちのや

また鰻。ひと月に1回の生と冷酒も。
3日目 2020年06月08日(月)
自由記入欄

2021年11月20日、武蔵城巡り。

- 08:54 移動(電車)

移動(電車)

小机まで。
午前 建物・史跡

小机城

小机城は「永享の乱」の頃に関東管領上杉氏によって築城されたとされている。太田道灌によって攻められた記録も残っている。一度は廃城となるものの、北条氏綱の手により修復され、家臣の笠原信為が城主として配置され、小机衆が組織された。1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原征伐の際には、無傷のまま落城し、徳川家康の関東入府にともなって二度目の廃城となった。現在は小机城址市民の森として、本丸、二の丸跡など城の遺構が整備されている。毎年春には小机城址まつりが開催される。
10:24 - 11:01 移動(電車)

移動(電車)

二子玉川まで移動。
グルメ

マヨルカ

パエリア食べた。2週間振り。
午後 グルメ

カフェフーケ 玉川店

お茶した。
14:25 移動(電車)

移動(電車)

渋谷経由で帰宅。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

コロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡り コロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡り コロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡り

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

コロナ後に向けてちょっとお散歩~武蔵の国城巡りへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール