海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP秋のトスカーナ、フィレンツェと近郊の街、そしてヴェネチアへの旅

秋のトスカーナ、フィレンツェと近郊の街、そしてヴェネチアへ

フィレンツェの街を3日間歩き、近郊の街へも足を延ばして秋のトスカーナの景色を楽しみ、旅の最後は大好きなヴェネチアへ行く

秋のトスカーナ、フィレンツェと近郊の街、そしてヴェネチアへ
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

秋のトスカーナ、フィレンツェと近郊の街、そしてヴェネチアへ

1日目 2022年10月20日(木)
09:10 - 10:35 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ANA

13:35 - 19:30 移動(飛行機)

移動(飛行機) / アリタリア‐イタリア航空

羽田からローマへ
21:35 - 22:30 移動(飛行機)

移動(飛行機) / アリタリア‐イタリア航空

ローマからフィレンツェへ
ターミナル・駅のりば

フィレンツェ・ペレトラ空港

移動(電車)

移動(電車)

出口をでて左手にあるトラム乗り場から市内へ。乗車券はホームにある自販機で購入する(大きい荷物の場合チケットが別に1枚必要になる)。
宿泊施設

アルバ パレス ホテル

駅やバスターミナルから近いホテルで、サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局の隣というのも迷った時にいいと思って選びました
2日目 2022年10月21日(金)
世界遺産

レップブリカ広場

今日明日と郊外のレストランへ行くため、市内のタバッキを見つけたら1回券を4枚買っておく
グルメ

Paszkowski

老舗のカフェで美味しいエスプレッソを
07:45 世界遺産

シニョーリア広場

コジモ1世の騎馬像、ネプチューンの噴水、ダビデ像のレプリカなどがヴェッキオ宮殿の前に並ぶ美しい広場。ウフィツィ美術館の開館30分前には着いて2番窓口に並ぶ。
08:15 美術館・博物館

ウッフィツィ美術館

フィレンツェカードを買いそのまま入場できたらいいけど(現在は開館日、時間とも限られていて、密集を避けるため予約入場だけになっているようです)。もし予約しか入れないようなら翌日の朝いちばんを予約し、翌日のスケジュールで動く。たくさんの有名な絵画の中で見た記憶のないミケランジェロの‟聖家族”とカラヴァッジョの‟バッカス”を見つけたい。また豪華なサロン‟トリブーナ”も楽しみ。
11:00 建物・史跡

ヴェッキオ宮

入ってすぐの中庭はミケランジェロの設計で中央にはヴェロッキオによる‟イルカを抱く天使像”(レプリカ)の噴水がある。2階には‟五百人広間”や‟フランチェスコ1世の書斎”、3階にはヘラクレスの間、天井が美しい‟謁見の間”と‟百合の間”などがある。‟百合の間”の東壁面にあるのはギルランダイオによるフレスコ画でドナテッロの‟ユーディットとフォロフェルタス像”もあり、窓からドゥオーモが見える。
建物・史跡

アルノルフォの塔

ドゥオーモがよく見えるそうです
12:00 グルメ

Trattoria da Benvenuto

前菜の盛り合わせが美味しそう
グルメ

Gelateria dei Neri

小さな路地にある人気店
世界遺産

ヴェッキオ橋

アルノ川にかかるフィレンツェ最古の橋で、第2次世界大戦中この橋だけはドイツ軍が爆破しなかった。橋の上部にはメディチ家の住居であったピッティ宮から行政庁であるヴェッキオ宮まで移動するための‟ヴァザーリの回廊”が取り付けられている。
建物・史跡

ピッティ宮殿

銀行家であったピッティ家の住居として建てられたのち、メディチ家が買い取り住居を移し増築が重ねられた。裏手にあるボーボリ庭園もとても広く美しい。
13:30 美術館・博物館

パラティーナ美術館

ピッティ宮殿の中にあり当時のままの装飾が残る大変美しい美術館。17室フィリッポ・リッピ‟聖母子と聖母の物語”、28室29室にはラファエロの作品 ”大公の聖母”、‟小椅子の聖母子”、‟ヴェールの女”など。30室はルーベンス‟戦争の惨禍”、31室はティツィアーノ‟悔悛するマグダラのマリア”など。ピッティ宮殿はメディチ家の住まいだったため、とても豪華できらめく時間が過ごせます。
15:00 建物・史跡

サント・スピリト聖堂

ブルネレスキ設計のルネサンス建築。中央奥にカッチーニによる天蓋のついた大きな祭壇があり周囲を歩いて回れる。右翼廊のネルリ礼拝堂の祭壇画はフィリッピーノ・リッピの‟聖母と子供”。入って左にある有料の聖具室にはミケランジェロの若い頃の磔刑像がある。
世界遺産

サンタ・マリア・デル・カルミネ教会

教会右手の建物にあるブランカッチ礼拝堂はルネサンス絵画の幕開けとされるマザッチョやマゾリーノのフレスコ画で飾られている。またボッティチェッリの生家に近いので彼に影響をあたえたと考えられている。見学は予約制。
グルメ

Gelateria La Carraia

ここもおすすめ
16:30 建物・史跡

オンニサンティ教会

ジョットの‟十字架磔刑”の他、右手のヴェスプッチ礼拝堂にはギルランダイオの‟慈悲の聖母”。また中ほどにはギルランダイオの‟書斎の聖ヒエロニムス”とボッティチェリの‟書斎の聖アウグスチヌス”が対面にある。またボッティチェッリはこの近くで生まれていて彼のお墓がある(教会の向かって右奥)。ボッティチェッリの絵のモデルだったシモネッタも眠っている。
ショッピング

CONAD City

水などいるものを買っていったんホテルへ(PESCAの桃ジュースを探す)
移動(バス)

移動(バス)

Scala Orti Oricollari から36,37 のバスで San Gaggio 01 まで (10駅15分)。バス停は現在スカラ通りのコインランドリーの前にあるようです。
19:30 グルメ

Trattoria da Ruggero

予約必須のレストラン。アリスタとスパゲッティ・アッラ・カレッティエラ(ハーフサイズが頼めるそうです)を。
移動(バス)

移動(バス)

San Gaggio 02 から 36,37 のバスで 終点まで
3日目 2022年10月22日(土)
世界遺産

ドゥオモ/カテドラーレ

朝のドゥオーモ経由で
08:15 美術館・博物館

サン・マルコ美術館

フラ・アンジェリコの絵がたくさんある美術館で、1階の回廊には‟十字架に祈る聖ドメニコ”、回廊に面した巡礼宿泊所には祭壇画‟十字架降下”など。2階に上がった正面に有名な‟受胎告知”、独房のそれぞれにもフレスコ画が残っている。また1Fの小食堂(現在は売店)にはオンニサンティ教会より後に描かれた縮小版のギルランダイオの‟最後の晩餐”がある。
09:00 美術館・博物館

アカデミア美術館

ダビデ像はミケランジェロ26才の時の作品で、ゴリアテに石を投げようと狙いをさだめているところ。他にもボッティチェッリの作品などある。
建物・史跡

旧サンタ・アッポローニア修道院

現在は食堂だけ残っていて、カスターニョの‟最後の晩餐”がある。ミケランジェロに影響を与えたのではないかと言われている。
建物・史跡

サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会

フィレンツェにおけるマリア信仰の中心的教会。入口に続く柱廊にアンドレア・デル・サルトの‟聖母の誕生”と‟東方3博士の旅”、左翼廊の礼拝堂にカスターニョの‟聖ジュリアーノ”、聖堂の左隣にある回廊にもサルトの‟サッコの聖母”がある。また入ってすぐ左の小さな神殿の形をした礼拝堂にある‟受胎告知”の聖母の顔は画家ではなく天使によって描かれたと言われている。またこの教会の前の広場は映画‟冷静と情熱の間”の最後のシーンで使われた。
美術館・博物館

捨て子養育院美術館

ブルネレスキの設計による建物で、3階絵画室にはボッティチェッリの‟聖母子と天使”、ギルランダイオの‟東方3博士の礼拝”などがある
10:30 世界遺産

ドゥオモ/カテドラーレ

花の聖母教会という名前の通り、外観は彫刻や色彩のバランスのほんとうに美しい教会。入って真上に‟ウッチェロの時計”、左手中央の壁にはドメニコ・ディ・ミケリーノの‟神曲を持つダンテ”、ブルネレスキの設計によるクーポラのフレスコ画はシスティーナ礼拝堂の30年後に描かれたヴァザーリの‟最後の審判”。またドゥオーモのステンドグラスはイタリアを代表する芸術家が手掛けたものが多い。また天井の彩色も美しいので内部全体も楽しみたい。
人気スポット

SASSO DI DANTE

パッロットレ広場付近にダンテがドゥオーモの建設を見ていたという場所にプレートがあるそうです
建物・史跡

サンタ・マルゲリータ・デイ・チェルキ教会

ダンテの恋人が眠る教会
建物・史跡

ダンテの家

ダンテの生家を再現した建物
建物・史跡

バディーア・フィオレンティーナ教会

フィレンツェの街が発展していくきっかけとなった教会。入ってすぐ左にフィリッピーノ・リッピの代表作‟聖ベルナルドの幻視”がある。入口はダンテ・アリギエーリ通り。
12:00 グルメ

Da Que' Ganzi Trattoria Osteria

評価の高いレストラン
13:00 建物・史跡

サンタ・クローチェ教会

1200年代に建てられたゴシック様式の教会で、フランチェスコ派のトスカーナの総本山。ガリレオやミケランジェロなどたくさんの墓廟がある。(ダンテの墓はラヴェンナにあるのでここにあるのは記念碑で、ダンテの下の女性像はイタリアと詩)。主祭壇右隣のペルッツィ家礼拝堂には‟洗礼者聖ヨハネの生涯”、バルディ家礼拝堂にはジョットのフレスコ画‟聖フランチェスコの生涯”。またこの教会のステンドグラスは遠近法を用いている珍しいもの。ファサードは白く美しいが中庭に出ると全く違った中世の教会のようです。
建物・史跡

パッツィ家の礼拝堂

ブルネレスキの作品。柱廊の内側にはルーカ・デッラ・ロッビアのテラコッタの装飾。内部のクーポラの4隅には福音書記者の装飾など白とブルーのシンプルで美しい礼拝堂。
グルメ

Gelateria dei Neri

建物・史跡

ランツィのロッジア

古代、ルネッサンス彫刻がたくさん飾られていてジャンボローニャの‟サビーネの女たちの強奪”やチェッリーニの‟ペルセウス像”は見事
建物・史跡

オルサンミケーレ教会

入口はラーナ通りで左に曲がったところにはドナテッロの聖ジョルジョの壁籠。内部にはオルカーニョによる大理石でできた祭壇があり、ステンドグラスのバラ窓がたくさんありきれいな教会。
14:30 世界遺産

サン・ジョヴァンニ洗礼堂

11世紀に建てられたフィレンツェで最も古い聖堂のひとつ。3つのブロンズの扉のうちドゥオーモの正面にあるギベルティの作った東の扉は人々が触り輝いているがコピーで、実物は博物館にある。内部には‟最後の審判”、‟洗礼者ヨハネ伝”などビザンチン風のモザイクが美しい。
世界遺産

ジョットの鐘楼

1387年に完成したゴシック様式の優美な鐘楼。着工後ジョットが3年で他界してピサーノなどが引き継いだため、層によって異なる様式で作られているのがわかる。第1層の科学や天体観測をテーマにしたレリーフがとても美しい。
美術館・博物館

ドゥオーモ付属美術館

ミケランジェロが‟天国の扉”と言ったギベルティの洗礼堂のドアやミケランジェロのピエタ像など。またテラスからはドゥオーモのクーポラの後ろ側が見えるそうです。
グルメ

Perche no!

ピスタチオやイチゴなど定番の他に Fico や Pera も美味しいそうです
人気スポット

Fontana del Porcellino

ショッピング

Spezierie Palazzo Vecchio

かつてメディチ家御用達の薬局で、そのレシピをもとに香水などを作っているお店
16:00 建物・史跡

サンティ・アポストリ教会

リンボ広場にひっそりと建つロマネスクスタイルの教会で、ブルネルスキがドゥオーモのクーポラの設計の公募の際に内部を参考にしたと言われている。ロッビアのテラコッタの祭壇がある。火曜から金曜の午後だけ開いている。
建物・史跡

サンタ・トリニタ橋

ヴェッキオ橋がよく見える撮影ポイント
建物・史跡

サンタ・トリニータ教会

サッセッティ礼拝堂はギルランダイオのフレスコ画で飾られていて、中央には‟羊飼たちの礼拝”
ショッピング

Antonio Mattei

プラ―トに本店があるビスコッティのお店
17:00 建物・史跡

オンニサンティ教会

宿泊施設

アルバ パレス ホテル

移動(バス)

移動(バス)

Scala Orti Oricellari 36,37 のバスで Pratollini まで(7駅 12分)。歩けない距離ではないけれど、体力温存のためバスで。
グルメ

Alla Vecchia Bettola

きのこのマリネ、野菜のフリットにペンネ・アッラ・ベットラをいただきたい
グルメ

Gelateria Artigianale La Sorbettiera

移動(バス)

移動(バス)

Piazza Tasso から 36,37 のバスで駅まで戻る
4日目 2022年10月23日(日)
ぶらつく

ぶらつく

アルノ川の朝焼けを見に行く
08:15 建物・史跡

メディチ家礼拝堂

メルカート側に入口があり2階に上がると第6代までのトスカーナ公の墓碑がある‟君主の礼拝堂”。次のミケランジェロの作った新聖具室に入ると、まず右手にミケランジェロの‟聖母子像”が飾られた豪華王ロレンツォ・メディチとその弟ジュリアーノ・メディチのお墓。また部屋の左右には鎧をかぶった傭兵の下に‟夕暮”と‟曙”の彫像とウルビーノ公ロレンツォ2世の墓、‟昼”と”夜”の彫像の下にヌムール公ジュリアーノの墓がある。
世界遺産

メディチ・リッカルディ宮

1460年から100年間メディチ家の住まいで、その後リッカルディ家が所有していた宮殿。2階にあるマージ礼拝堂にはゴッツォリの‟東方三博士の礼拝”がある。
09:30 建物・史跡

ラウレンツィアーナ図書館

サン・ロレンツォ教会左手の回廊にあるミケランジェロの設計した図書館で、ミケランジェロの設計したもののうちでいちばん美しいと言われている。
建物・史跡

サン・ロレンツォ教会

ブルネレスキの設計によるフィレンツェで最初のルネサンス建築だったが、ファサードが未完のため外観はとても質素。メディチ家代々の菩提寺で、主祭壇前の床下にコジモ・メディチのお墓がある。また左右2つの説教台はドナテッロの最後の作品。
10:30 ショッピング

中央市場

ドライトマトやチーズなど食材探しとお昼用の惣菜を買う
ショッピング

Perini Gastronomia

グルメ

Antica Gelateria Fiorentina

メディチ家礼拝堂近くのジェラテリア。セブンルールで紹介されていた自由が丘のジェラート屋さんの店長さんが修行したお店だそうです。
宿泊施設

アルバ パレス ホテル

12:30 建物・史跡

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会

教会中央部にはジョットの‟十字架像”、中央祭壇トルナブォーニ礼拝堂にはギルランダイオのフレスコ画とジャンボローニャの十字架。右隣ストロッツィ家の礼拝堂にはフィリッポ・リッピのフレスコ画、左隣コンディ家の礼拝堂にはブルネレスキの木製の磔刑像、左廊祭壇にはマザッチョの‟三位一体”。この絵は初めて遠近法を取り入れた絵で、天井部分の奥行きを遠近法で表している。またこの教会のステンドグラスは色の種類が多くとてもきれいだそうです。
美術館・博物館

S.M.ノヴェッラ美術館

教会から続く緑の回廊にはウッチェロのフレスコ画、回廊北側のスパニョーリ礼拝堂もフレスコ画で飾られていてとても美しい。
14:30 - 15:20 移動(電車)

移動(電車)

フィレンツェからサン・ジョヴァンニ・ヴァルダーノへ
建物・史跡

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会

美術館・博物館

大聖堂博物館

フラ・アンジェリコの"受胎告知”を見に行く(月・火・水曜はお休み)
16:12 - 16:48 移動(電車)

移動(電車)

フィレンツェへ戻る
17:30 世界遺産

ドゥオモ/カテドラーレ

夕暮れ時のドゥオーモ
ショッピング

KIKO

リップペンシルをお土産に
ショッピング

VESTRI

Borgo degli Albizi 通りにあるアレッツォのチョコレート屋さん
19:00 グルメ

Trattoria Cammillo

グルメ

Gelateria La Carraia

5日目 2022年10月24日(月)
ターミナル・駅のりば

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

Camucia Cortana までの切符を往復買う
06:40 - 08:02 移動(電車)

移動(電車)

フィレンツェから Camucia Cortana まで電車で。駅横のバールでバスのチケットを2枚買う。(コルトーナの旧市内へ向かうバスは日曜は運転していないので注意)
08:45 - 08:55 移動(バス)

移動(バス)

駅前からガリバルディ広場までバスで(毎時45分発)
ターミナル・駅のりば

ガリバルディ広場

エスカレーターでチェザーレ・バッティスティ通りへ下りてサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ・アル・カルチナイ教会が見える場所がコルトーナでいちばんの眺めだそうです
人気スポット

レップブリカ広場

ローマ通り、ヴィ―コロ・イアンネッリ通りを通ってドゥオーモへ
建物・史跡

ドゥオーモ

美術館・博物館

ディオチェザーノ美術館

フラ・アンジェリコの初期の‟受胎告知”、ルカ・シニョレッリの‟十字架降架”など
グルメ

Wine Bar La Fett'Unta

Osteria del Teatro の向かいにあるバールで経営者が同じだそうです
12:30 - 13:30 グルメ

Osteria del Teatro

ハリウッドスターがたくさん訪れるレストランらしいです
14:00 - 14:15 移動(バス)

移動(バス)

コルトーナ駅まで
14:24 - 14:43 移動(電車)

移動(電車)

コルトーナからアレッツォへ
建物・史跡

サンタ・マリア・デッラ・ピエーヴェ教会

人気スポット

グランデ広場

15:30 建物・史跡

アレッツォ大聖堂(サン・ドナート司教座教会)

16:00 建物・史跡

サン・フランチェスコ教会

ピエロ・デッラ・フランチェスカの‟聖十字架伝説”のフレスコ画がある
16:44 - 17:57 移動(電車)

移動(電車)

フィレンツェへ戻る
宿泊施設

アルバ パレス ホテル

建物・史跡

ストロッツィ宮

ルネサンス建築の中でも最も美しい建物のひとつ。1階の回廊部分は無料で入れる。
グルメ

Perche no!

グルメ

I Fratellini

イノシシサラミのパニーニやきのこのパニーニが美味しいそうです。翌朝の朝食用のパニーニも買う。
世界遺産

レップブリカ広場

ライトアップされてとてもきれいです
グルメ

Paszkowski

荷づくりをするのでケーキと眠気覚ましにエスプレッソを
6日目 2022年10月25日(火)
ターミナル・駅のりば

サンタ・マリア・ノヴェッラ駅

07:20 - 09:38 移動(電車)

移動(電車)

フィレンツェからヴェネチアへ
ターミナル・駅のりば

サンタ・ルチア鉄道駅

宿泊施設

アルレッキーノ ホテル

空港へのバスが出ているローマ広場からすぐの前回も宿泊したホテル。部屋も狭く豪華ではありませんが、近くに絶品のパニーニ屋さんがあり、朝早くからの観光にも便利です。駅からは長い橋を渡らなくてはいけないので、今回はポーターサービスで。
グルメ

Tonolo

前回2度行ったのにお店が開いてなくて、今回はリベンジしたい。ティラミスとザバイヨーネクリーム入りのフリッテッレが有名。
10:30 建物・史跡

サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会

ティツィアーノの2作品、主祭壇にある‟聖母被昇天”と右側面にある‟ペーザロ家の祭壇画”は必見です。他にもカノーヴァやティツィアーノの墓碑、第1礼拝堂のドナテッロの‟洗礼者ヨハネ”、聖具室にあるベッリーニの‟聖母と諸聖人の祭壇画”も美しいです。
建物・史跡

サン・ジョヴァンニ・エレモシナリオ教会

10:30~13:15の間しか開いてないらしいけど、ティツィアーノの‟さん・ジョヴァンニ・エレモシナリオ”が見たい
11:30 人気スポット

リアルト魚市場

日本では買えないプチトマトのドライトマトをたくさん買いたい!
12:00 グルメ

Cantina da Spade

ここのチケッティは最高~!夜の予約もしておく
グルメ

All’Arco

ここは午後早く閉まってしまうので寄ってみたい
人気スポット

リアルト橋

グルメ

SUSO

いろんな味に挑戦する
建物・史跡

サンタ・マリア・フォルモーザ教会

鐘楼のあるユニークなデザインの教会で広場も広くて美しいですが、この時間は閉まっているかも
14:00 建物・史跡

スクオーラ・ダルマータ・サン・ジョルジョ・デッリ・スキアヴォーニ

カルパッチョの‟竜を退治する聖ゲオルギウス”、‟聖ゲオルギウスの勝利”、‟聖ゲオルギウスのシレナの洗礼”他、‟ライオンと聖ヒエロニムス”、‟聖ヒエロニムスの葬式”、‟聖アウグスティヌスの幻視”などストーリーのわかる独特の絵を見て欲しいです
建物・史跡

サンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会

壮大なレンガ造りのゴシック様式の素晴らしい教会。ベッリーニの‟聖ヴィンチェンツォ・フェッレーリ祭壇画”やピアツェッタの天井画‟聖ドミニコの栄光”のあるドミニコ礼拝堂、ヴェロネーゼの天井画‟受胎告知”などが美しいロザリオ礼拝堂、ピエトロ・ロンバルドの彫刻作品‟ピエトロ・モチェニーゴ総督の墓廟”が見どころ。また聖堂横にはヴェネチアの傭兵隊長だったバルトロメオ・コッレオーニの騎馬像が立っている。
建物・史跡

スクオーラ・ディ・サン・マルコ

建物・史跡

サンタ・マリア・デイ・ミラーコリ教会

建物・史跡

サンティ・アポストリ教会

ティエポロの‟聖ルチアの聖体拝領”は胸に響きます
建物・史跡

サン・ジョヴァンニ・クリソストーモ教会

ベッリーニの最晩年の絵があるそうです
16:30 建物・史跡

サン・サルヴァトール教会

日本にも来たことのあるティツィアーノの‟受胎告知”はすごい迫力です。主祭壇の‟キリストの変容”も美しい絵です。教会内があまり明るくないので早めに入場したい。
建物・史跡

サンタ・マリア・デッラ・ファーヴァ教会

ティエポロの‟聖母の教育”の他、ピアツェッタの作品もあります
ぶらつく

ぶらつく

リアルト橋手前の露店で安くてデザインのいいTシャツを売っていたので探したい
18:00 グルメ

Cantina da Spade

いろんなチケッティとイカスミのパスタを食べたい
人気スポット

リアルト橋

夜のリアルト橋もめっちゃきれいです!
グルメ

SUSO

移動(徒歩)

移動(徒歩)

リアルト橋の夜景を見ながらカナルグランデ沿いを歩いて帰る
ショッピング

CONAD

ホテルへの帰り道にあるCONADでイカスミパスタの素やジェノベーゼソース、CARMELINA PALMISANO のクッキーを買いたい
移動(徒歩)

移動(徒歩)

7日目 2022年10月26日(水)
07:00 グルメ

Bacareto da Lele

移動(船)

移動(船)

P.le Roma のチケット売り場でヴァポレットの1日券を買って、Rialto D まで2番のヴァポレットで。そのまま1番のヴァポレットに乗り換え S.Zaccaria まで。
世界遺産

サン・マルコ広場

朝はサンマルコ寺院が逆光になってしまうけど、観光客が少ない時間帯は落ち着きます
08:30 世界遺産

ドゥカーレ宮殿

ヴェネチア派の名画であふれた美しい宮殿を堪能する
10:00 世界遺産

サン・マルコ寺院

モザイクで飾られた堂内は壮観。パラ・ドーロには貴石で造られた素晴らしい祭壇があり、この入口の上部にも面白いモザイク画があります。
建物・史跡

サン・ザッカリア教会

ベッリーニの祭壇画‟玉座の聖母と諸聖人”は何度見ても飽きない美しい作品です。また有料のサンタ・タナシア礼拝堂には美しい祭壇画やティントレットの‟洗礼者ヨハネの誕生”があります。
12:00 グルメ

Taverna Scalinetto

評価の高いレストラン
移動(船)

移動(船)

S.Zaccaria B から2番のヴァポレットでマッジョーレ島へ。このヴァポレットから見えるプンタ・デラ・ドガーナとサルーテ教会は絶景です。
13:30 建物・史跡

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会

祭壇の後方左右にティントレットの”最後の晩餐”と‟マナの収集”があり、後ろ側に回って見ることができます
移動(船)

移動(船)

2番のヴァポレットでZattere へ
建物・史跡

サンタ・マリア・デル・ロザリオ教会

ティエポロの祭壇画と天井画の美しい教会
グルメ

Osteria Al Squero

ここのチケッティも美味しいです
14:30 美術館・博物館

アカデミア美術館

時間は短いけれど、ベッリーニの祭壇画など見たい
15:30 建物・史跡

マンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

有料の聖具室にあるティントレットの‟カナの婚礼”やティツィアーノの‟聖マルコと諸聖人”、‟ダビデとゴリアテ”、‟アブラハムとイサク”、‟カインとアベル”などの天井画は写真が撮れないので目に焼き付けて帰る。またここはお昼休みがあるので訪ねる時間に気をつけてください。
移動(船)

移動(船)

Santa Maria del Giglio までトラゲットで
16:15 建物・史跡

サント・ステファーノ教会

右奥の礼拝堂にあるティントレットの‟最後の晩餐”が見れるのは16時半までなので、時間があれば行きたい
世界遺産

サン・マルコ広場

ブランド街を通って夕刻のサンマルコ広場へ
17:00 ショッピング

VENCHI

ヘーゼルナッツとピスタチオ入りのクレミノを探したい
グルメ

SUSO

移動(船)

移動(船)

Rialto D から1番のヴァポレットでアカデミア橋、サルーテ教会などカナルグランデの夜景を見ながら S.Zaccaria へ
世界遺産

サン・マルコ広場

サンマルコ広場、サンマルコ小広場からのサルーテ教会の夜景など見納めする
19:00 グルメ

Taverna Scalinetto

ここのティラミスは絶品らしいので楽しみ
移動(船)

移動(船)

S.Zaccaria B からマッジョーレ教会の夜景など見ながら2番のヴァポレットでP.le Roma へ
ショッピング

Coop

カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

近くの旅スケジュール

10380_4

フランスから夜行列車で行くフィレンツェの旅

パリから夜行列車でフィレンツェに行きます

イタリア2008

イタリア2008

ローマIN ヴェネツィアOUT

ヨーロッパ 芸術めぐり

ヨーロッパ 芸術めぐり

ヨーロッパの美術館をじっくりまわって感性を磨こう

名称未設定

名称未設定

精査中。そろそろガイドブック買わんと間に合わんか?

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

秋のトスカーナ、フィレンツェと近郊の街、そしてヴェネチアへへのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール