海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP  > 旅スケTOP【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1の旅

【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1

アンコールワットを見たくなってツアーに申し込んだと思う。この段階で東南アジア巡りするとは思わなかった。ここはゲゲゲの鬼太郎の印象も強い

【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1
  • 旅スケジュール
  • 旅行記
  • 持ち物リスト

【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1

1日目 2008年01月01日(火)
10:30 - 14:55 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ベトナム航空

VN951でホーチミンまで。
16:30 - 17:30 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ベトナム航空

VN829でシェムリアップまで。
深夜 宿泊施設

アンコール ハワード ホテル

小ぶりのホテルだったような。初日は寝るだけ。
2日目 2008年01月02日(水)
午前 建物・史跡

アンコール・トム 南大門

最初はここから。アンコール・トム内を観光。
午前 建物・史跡

バイヨン

レリーフが豊富。
午前 建物・史跡

バプーオン

ピラミッド型寺院。
午前 建物・史跡

ピミアナカス

そんな感じ。
午前 建物・史跡

象のテラス

象。
建物・史跡

タ・プローム

木の根が有名。
午後 建物・史跡

アンコール・ワット

本命。
夕刻 建物・史跡

プノン・バケン

夕陽の名所。
グルメ

アマゾンアンコール

アプサラ・ダンス・ショーを鑑賞。
深夜 宿泊施設

アンコール ハワード ホテル

連泊。
3日目 2008年01月03日(木)
早朝 建物・史跡

アンコール・ワット

早朝、朝陽を浴びる姿を見に行く。
午前 建物・史跡

スラ・スラン

池。
午前 建物・史跡

プレ・ループ

東にある遺跡。
午前 建物・史跡

バンテアイ・サムレ

ここも東部にある。
午前 建物・史跡

バンテアイ・スレイ

ここはちょっと離れたところにある。
午後 建物・史跡

ロレイ

午後はここへ。ロリュオス遺跡群。
午後 建物・史跡

バコン

ロリュオス遺跡群。
グルメ

バイヨンⅠ

影絵を鑑賞。
深夜 宿泊施設

アンコール ハワード ホテル

3連泊。
4日目 2008年01月04日(金)
移動(自転車)

移動(自転車)

トゥクトゥク利用。
午後 建物・史跡

アンコール・ワット

自由時間を利用して再訪。
午後 建物・史跡

タ・プローム

ここも。
午後 建物・史跡

キリング・フィールド

慰霊塔には人骨。
21:15 - 22:35 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ベトナム航空

VN820でホーチミンまで。
5日目 2008年01月05日(土)
00:05 - 07:30 移動(飛行機)

移動(飛行機) / ベトナム航空

VN950で成田まで。
カレンダーに登録する
※Mac、iPhoneをご利用の方は、自動で同期されます

このスケジュールの地図を見る

この旅スケジュールの予算(1人の旅行)

  • 移動  0円
  • ツアー代 0円
  • 宿泊  0円
  • 観光  0円
  • 食事  0円
  • その他 0円

合計0円(一人当たり 0円)

旅行記の写真 Pick Up!

【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1 【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1 【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1

近くの旅スケジュール

寺院巡りととプノンペンで歴史を感じる旅

寺院巡りととプノンペンで歴史を感じる旅

時間があまり取れなかったのですが、1度は行ってみたかったアンコールワットとプノンペンに行ってきました!

シェムリアップ

シェムリアップ

記録が残ってるところだけ

カンボジア~シンガポール2014-2015

カンボジア~シンガポール2014-2015

恒例の年末アジア旅行です

北海道発 疾風の東南アジア旅行

北海道発 疾風の東南アジア旅行

短期間で充実した5個の東南アジア世界遺産を巡る旅

ついに行ってきましたカンボジア 世界遺産アンコール・ワットと首都プノンペン

ついに行ってきましたカンボジア 世界遺産アンコール・ワットと首都プノンペン

カンボジア人のホスピタリティの高さにびっくり。2013年は日本とカンボジアは国交樹立60年だそうです。

ブログパーツ(ブログパーツについて

あなたの旅スケジュールがガイドブック風ブログパーツに!
■Lサイズ( W 425px × H 370px)■Sサイズ( W 145px × H 225px)

ブログパーツ

ブログパーツLサイズ( W 425px × H 370px) 埋め込み用HTML
ブログパーツSサイズ( W 145px × H 225px) 埋め込み用HTML

拍手する お気に入りの旅スケに追加 通報する

【蔵出し】2008年明けアンコールワット観光。2008東南アジア巡りその1へのコメント


※コメントの投稿にはログインが必要です

新着スケジュール